狐ヶ崎ヤングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狐ヶ崎ヤングランド
Kitsunegasaki Young Land
施設情報
愛称 ヤングランド
前身 狐ヶ崎遊園地
キャッチコピー 太陽と森のレジャーパーク[1]
管理運営 静岡鉄道株式会社
開園 1927年4月1日
閉園 1993年9月5日
所在地 424-0871
静岡県静岡市清水区上原1丁目6-16
狐ヶ崎ヤングランドボウル
Kitsunegasaki Young Land Bowl
店舗概要
正式名称 狐ヶ崎ヤングランドボウル
所在地 424-0871
静岡県静岡市清水区上原1丁目6-16 イオン清水店3階
開業日 1999年5月2日
施設所有者 株式会社N&K
営業時間 10:00 - 24:00(平日)
9:00 - 25:00(土曜)
9:00 - 24:00(日曜)
前身 狐ヶ崎ヤングランド
最寄駅 狐ヶ崎駅
外部リンク 狐ヶ崎ヤングランドボウル

狐ヶ崎ヤングランド(きつねがさきヤングランド)は、かつて静岡県清水市(現・静岡市清水区)に存在した遊園地である。

沿革[ソースを編集]

施設[ソースを編集]

  • ジェットコースター
    • 南幹線の橋梁に接して乗降場があり、園内東側に環状の軌道が高架で敷かれていた。宙返り部などは存在しない。
  • プール(6月下旬から9月上旬にかけての夏季期間中)
    • 50mプール、「流れるプール」、幼児用プールなどが存在。ゴムボート貸出も実施されていた
  • ウォータースライダー
  • スケート場(冬季)
    • 上記の50mプールを大型テントで覆い(テント上端は同じく上記のウォータースライダーの鉄塔を使用したもの)、スケートリンクに仕立てていた。近隣学校の行事として「スケート教室」などが実施されていた。冷媒としてフロンガスを使用していた事が同施設の命取りとなった。
  • スリラーハウス(いわゆる「お化け屋敷」。乗り物に乗って場内を回るものであったが、その乗り物は沖縄海洋博のあるパビリオンで使用していたものを転用していた)
  • サイクルモノレール
  • マッドマウス(小型のジェットコースター)
  • ボート(隣接する上原堤を利用したもの)
  • メリーゴーランド
  • ゲームコーナー
  • こども列車
  • 観覧車(末期。規模も大きくなく、デパートなどの屋上に設置される程度の大きさ)
  • ボウリング場(「狐ヶ崎ヤングランドボウル」として閉園後も営業を続け、ジャスコ清水店建設中は休業したものの現在も営業)
  • 聖一国師堂(ジャスコ清水店開店時間内の昼間なら参詣可能)
  • 潜水艦(潜水艦に乗り込み水中を探検)

  この他、廃止となった静岡鉄道駿遠線の客車を展示保存していた事があったが、いつしか解体処分されている。

補足[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c "追跡!ベスト8「美保さん懐かしの“狐ヶ崎ヤングランド”を追跡!」". 5時に夢中!. TOKYO MX. 2015年11月11日放送. 2016年7月10日閲覧。
  2. ^ "ピエール瀧の思い出が蘇る!?「狐ヶ崎ヤングランド」思い出バスツアー". ピエール瀧のしょんないTV. 静岡朝日テレビ. 2013年1月10日放送. 2013年6月10日閲覧。