狂人日記 (ゴーゴリの小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狂人日記』(きょうじんにっき、ロシア語: Записки сумасшедшего)は、ニコライ・ゴーゴリ短編小説で、1830年から翌年にかけて執筆された。1840年代のサンクトペテルブルクの官僚組織を皮肉っている。20世紀後半になって舞台化も行われている。


概要[編集]

皇帝ニコライ1世に使えていた下級官僚による日記。彼はサンクトペテルブルクで救いの無い役人生活を送っていた。そうした中街で偶然二人の高貴な女性に一目惚れして跡を付け、上司に叱責される。徐々に精神を蝕まれていった彼は二匹の犬が恋愛関係にあり、両者の間でラヴレターが交わされていると思い込む。後に正気を失って自分自身をスペインの王位継承者だと思い込み、マドリードに行く。

関連項目[編集]

日本語訳[編集]

外部リンク[編集]