犬鳴御別館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
犬鳴御別館
福岡県
Inunaki-gobakkan.jpg
別名 福岡四十七万三千百石、犬鳴御茶屋
築城主 福岡藩
築城年 元治元年(1864年)着工、慶応元年(1865年)完成
廃城年 明治四年(1871年)七月二日
遺構 石垣
指定文化財 宮若市指定文化財
位置 北緯33度42分23.7秒 東経130度33分18.6秒 / 北緯33.706583度 東経130.555167度 / 33.706583; 130.555167
地図
犬鳴御別館の位置(福岡県内)
犬鳴御別館
犬鳴御別館
テンプレートを表示

犬鳴御別館(いぬなきごべっかん)とは、現在の福岡県宮若市犬鳴に所在した城(館)である。建築当時の地名犬鳴谷村

概要[編集]

犬鳴山御別館は慶応元年(1865年)に、福岡藩勤王攘夷派中心的存在であり中老職の加藤司書の推進によって建てられた、城郭の構造を持つ館。「福岡は海岸故、攘夷の時なり防長御征伐については、英夷加担致すべき間、海岸の城は不都合とて、右様犬鳴山之別館取立」となったもので、元治元年七月から着工、翌慶応元年(1865年)に竣工した。しかし、当時福岡藩における勤王攘夷派と佐幕派が鋭く対立、別館建設は勤王攘夷派の推進によるものであったため、犬鳴山御別館竣工後、勤王攘夷派は太宰府に移されていた攘夷急進派の五卿を鹿児島藩に移して、九州勤王攘夷派の総決起をはかり、もしこれを藩主の黒田長溥が賛成しなかった場合は、長溥を犬鳴山御別館に移して子の長知を奉載する計画であった。この犬鳴山御別館事件が発覚し乙丑の獄が起こった。慶応元年六月二十日、勤王攘夷派は全員逮捕されて桝木屋の獄に入牢となり、十月下旬加藤司書たち7名は切腹月形洗蔵たち14名は斬首、女性の野村望東尼の姫島流罪など、厳しい処分が断行された。

その後、犬鳴山御別館は福岡藩知事に就任した黒田長知が藩内視察で犬鳴谷に訪れた際に一度宿泊しただけで、あとは放置され明治17年(1884年)に、暴風により倒壊した。近年の調査により、近隣の民家などの一部や糟屋郡久山町上久原にある安楽寺(浄土真宗本願寺派)庫裏に倒壊した御別館の資材が再利用されていたことが確認されている。安楽寺の庫裏は建て替えが行われ、貴重な犬鳴山御別館御殿の遺構は失われた。

明治二年(1869)黒田長知が犬鳴谷村を訪れた際、褒賞として犬鳴足軽一人に付き米一俵を与えたと言う。

正面から右側に大手門があり、左側には搦手門と石垣、城内には庭園跡と司書の忠魂碑が残されている。別館は福岡藩で最後に造られた城として貴重とされており、史跡として宮若市指定文化財にも登録されている[1]

古文書によれば、城内に御殿、城外には足軽詰所・宝蔵・火薬蔵などがあったとされ、また犬鳴に入る各峠に構口(番所)を築き犬鳴在住の足軽を配したと記されている。

藩主館について[編集]

倒壊以前の藩主館そのものを描いた絵や写真などの物は無いが、平成10年(1998年)に久山町の旧久野邸から御別館の敷地の絵と藩主館などの見取り図が描かれた『犬鳴御別館絵図』が発見され、若宮町(現宮若市)に寄贈された。

平成19年(2007年)宮若市観光協会などにより見取り図を元に模型として御別館を復元することになり、見取り図を調べた結果、藩主館には玄関が設計されていないことが分かった。このことで犬鳴御別館が実際に藩主の幽閉目的で作られたと言われているが、それを決定付ける文献は出てきていない。

平成20年(2008年)に御別館の模型は見取り図通りに作られ、宮若市中央公民館 若宮分館に展示されている。御別館復元模型では大手門および搦手門は二層造りの楼門になっているが、平成27年(2015年)に福岡市博多区の某古美術品店で発見された大音家文書の御別館古写真(明治七年撮影)では大手、搦手両門共に単層の八脚門になっている。

昭和39年(1964年)に没した藤嶌みやさん(犬鳴在住・明治四年生)の記憶によると、14歳だった頃、倒壊した犬鳴御別館の畳・木材などの廃材を担いだ人足たちの行列を毎日のように見かけていたと言う。

忠魂碑・碑文[編集]

前述のとおり、城内には「加藤司書忠魂碑 陸軍大將荒木貞夫謹書」がある。(一部を抜粋して)碑文には、

海邊近キ舞鶴城ノ不便ト此ノ地此ノ溪谷ヲ以テ第二ノ福岡城トナシ以テ一朝有事ノ際ニ備エントシテ犬鳴ノ別館ヲ築ク

とある。舞鶴城(福岡城)が、使えなくなったときにこの御別館を第二の福岡城として、有事の際に使う予定だったということが分かる。また、「薩長両藩」という言葉も同じく碑文にあるため、何らかの関係があるとみられる。

交通アクセス[編集]

  • 県道21号線
  • JR九州バスが運行している博多~直方線の司書橋バス停で降車(博多駅出発では直方駅行き。直方駅出発では博多駅行きに乗車し、いずれも約50分程度)
  • 司書橋バス停から徒歩40分。
  • 犬鳴ダム入口から車で15分(御別館手前は車両通行規制のため、徒歩のみ)

脚注[編集]

関連項目[編集]