犬笛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
犬笛

犬笛(いぬぶえ)とは、イヌネコ訓練などに用いられるホイッスル)の一種。フランシス・ゴルトンが発明したことから、ゴールトン・ホイッスルとも呼ばれる。

概要[編集]

犬笛が発することのできる音の周波数の範囲は、人の可聴範囲を大きく上回っている。概して、犬笛は16,000Hzから22,000Hzの音を出せるが、人の耳は20,000Hzの音までしか聞き取ることができない。犬笛の中には、発する音の周波数を任意の高さ(音高)に変更できるように、スライド式の調節機構が備わっているものもある。しかしながら人に聞こえる音を出さないように調節すると遠くまで届かず、また障害物や高低差にも弱くなるので、実用になるのは人にも十分聞き取れる程度の周波数域である。

トレーナーは、犬笛の使い方しだいで、犬の関心を引いたり、しつけのために罰を与えたりたやすくできるようにもなる。

このような呼気によって音を出す笛の他に、電子的に人の可聴波を超えた音を出す装置もまた、犬笛 (dog whistle) と呼ばれることがある。それは、圧電エミッター (piezoelectric emitters) を利用し、超音波を出す装置であるという。

これらのような笛は、人の可聴範囲を調べるために使われることもある。また、物理学の公開実験に用いられることもある。

転用[編集]

犬笛は犬には聞き取ることができるが、人の耳では聞き取ることができない音を発することから、転じて、特定の層を意識して暗号のような表現を使い(特に人種差別的な)メッセージを発信し、人心を操る政治手法のことを指して、「犬笛」と呼ぶことがある[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]