犬子ひょうたん祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
犬子ひょうたん

犬子ひょうたん祭(いんごひょうたんまつり)は、熊本県山鹿市山鹿温泉にある八坂神社(大宮神社境内社)で行われる祭りであり、毎年6月15日に行われている。正式名は「祇園祭」。で作られた授与品の「犬子ひょうたん」は無病息災に効験ありとされ、これを求めて多くの参詣者が訪れる。また、山鹿では古来この祭礼の日を「初かたびら」と言い、この日から浴衣を着始める習慣がある。

祭の由来[編集]

祭礼の名は、疫病退散に効験のあった子犬(神の使いとされる)の伝承に由来する。この伝承は、京都の祇園社(八坂神社)の神霊を山鹿の阿蘇品家に勧請した際にそばについてきた子犬をかたどってつくったという説と[1]、同家で祀っていた祇園社を大宮神社へ勧請した時、神輿の後に子犬がついてきて離れず、神社についたらいつの間にか姿が消えていたのに因んでつくるようになったという説とがある[2][3]

スケジュール[編集]

紙芝居[編集]

犬子ひょうたん祭の由来についての紙芝居が上演される。大宮神社の境内で、オリジナルの紙芝居を作られている「ひょうたん会」のメンバーによって行われる。

神楽[編集]

大宮神社の境内で、中村に在住している男性によって行われる。回数は年によって異なるが、奇数回行われる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]