犬塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
犬塚駅
東口駅舎
東口駅舎
いぬづか
Inuzuka
T33 三潴 (1.1km)
(2.6km) 大溝 T35
所在地 福岡県久留米市三潴町玉満
駅番号  34 
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 天神大牟田線
キロ程 48.0km(西鉄福岡(天神)起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,045人/日
-2016年-
開業年月日 1937年昭和12年)10月1日
テンプレートを表示
西口駅舎

犬塚駅(いぬづかえき)は、福岡県久留米市三潴町玉満にある西日本鉄道(西鉄)天神大牟田線。久留米市で最も南西に位置する駅で、久留米市の旧城島町方面や筑後市八女市方面からの利用も便利である。 2015年8月1日からは従来からの東口に加え西口が開設された。 駅前にはタクシー会社や屋根付きの無料駐輪場、車の乗降場及びロータリーバス停(コミュニティバス)(城島町内と当駅を結ぶ)がある。

歴史[編集]

また、都市計画によって犬塚駅前広場が整備されることになり、駅舎と反対側の西側に2016年3月末の供用を目標にして送迎の自動車が停車な可能な場所と無料駐輪場(使用可能)を設置するための工事がされた。

駅名の「犬塚」の由来は、開業当初は当地が三潴郡犬塚村であったことによる。犬塚村は1955年に隣接する三潴村と合併し三潴町になり、2005年に久留米市に編入合併された。近隣にある羽犬塚駅は羽犬塚町(1954年に市町村合併により筑後市となる)という別の市町村に由来するため当駅とは無関係である。

備考

1995年頃までは、1面2線のホームで6両編成分の長さしか停車できなかったため、一部の電車(7両編成)は、1両分はみ出して停車していた。 現在のホームが他の駅よりも少し狭いのは、元々1面2線のホームであったためである。

また、椅子(ベンチ)は、2両目停車位置付近にあり、その場所にだけ屋根があった。また、当時はホームへは階段しかなくバリアフリー化されていなかった。

1995年頃にまず、福岡方面のホームが建設された(7両編成対応の長さ、ベンチ設置、バリアフリー対応)。

その後、現在の大牟田方面のホーム付近に仮ホームが建設された(6両編成対応、また、仮ホームのため、コンクリートではなく木造のホーム)。

そして、1995年頃まであったホームが全て崩される。その場所に線路と現在のホームが作られた。 しかし、昔の大牟田方面用の線路(副本線)があり、更に1995年頃まであったホームのスペースに現在の線路とホームを建設したため、ホームの幅がかなり狭かった。

そのため、一時期、停車した大牟田方面の電車は一番後ろの車両しかドアを開閉していなかった。

そして最後に、昔の大牟田方面用の線路(副本線)と仮ホームを崩して、その場所も利用して現在の大牟田方面用のホームを建設し、現在に至る(7両編成対応、ベンチも設置、バリアフリー対応)。

現在も駅改札口付近には、仮ホームの名残が見られる。また、現在のホームが建設された頃から、2番乗り場には「福岡・久留米方面」、1番乗り場には「柳川・大牟田方面」の案内板が設置された。

犬塚駅前広場および犬塚駅西口駅舎

2014年3月頃 ・有料駐輪場併設の民家が2軒ともう1軒あったが、犬塚駅前広場整備事業により立ち退き更地となる。また、その後福岡(天神)方面ホーム側に仮設無料駐輪場が設置される 2014年5月初旬 ・駅前広場整備開始 2014年7月下旬 ・仮設無料駐輪場が駅から数十メートル離れた場所に移動する 2014年10月中旬 ・送迎者用道路が作られ始まる 2015年1月初旬 ・駅前無料駐輪場のバイク置き場の設置工事開始 2015年1月下旬 ・駅前無料駐輪場のバイク置き場の設置工事完了(屋根付き) 2015年2月初旬 ・駅前広場の屋根が設置される 2015年4月中旬 ・犬塚駅西口駅舎の基礎工事開始 2015年5月初旬 ・送迎者用道路完成 2015年6月初旬 ・犬塚駅西口駅舎の外観がほぼ完成 2015年7月中旬 ・犬塚駅西口駅舎の内装がほぼ完成 2015年7月26日 ・新駅舎に犬塚駅(西口)と2箇所表記される。 ・フルタイプの自動改札機が2機設置される(カバーがかけられている) 2015年8月1日 ・犬塚駅の西口駅舎が利用可能となる。トラブル防止のためか、従来の駅舎(東口)に配置された駅員以外に、西口にも入り口に駅員が配置され対応。 ・従来の駅舎には犬塚駅(東口)の看板設置。入口には福岡(天神)・久留米方面は西口駅舎を利用するように注意書きされた看板も設置。 ・犬塚駅の西口、東口の開設により構内通路廃止。 2015年8月中旬 ・構内通路及び福岡(天神)方面ホームの既存スロープ取り壊し完了 2015年8月下旬から1ヶ月ほど ・犬塚駅前道路の踏切工事のため上下線とも特急・急行が犬塚駅を通過する際に徐行運転(制限50キロ) 2015年10月初旬 ・駅前無料駐輪場の自転車置き場工事開始 2015年11月初旬 ・西口駅舎にスロープ完成 2015年12月中旬 ・西口駅舎のスロープが使用可能となる ・駅前無料駐輪場の自転車置き場がほぼ完成(屋根付き) 2016年2月1日 ・駅前無料駐輪場の自転車置き場、バイク置き場が使用可能となる 2016年2月26日 ・犬塚駅の福岡(天神)及び大牟田方面ホームの嵩上げ工事開始 2016年2月下旬 ・駅前広場の整備も大半が完了する 2016年3月1日 ・久留米市城島町で運行開始されたコミュニティバス(よりみちバス・インガット号)が犬塚駅前まで来るようになるが、駅前広場が完成してないためか通過し、近隣の水沼の里2000年記念の森公園駐車場に待機し折り返し運転を行う。 2016年3月下旬 ・駅前広場のロータリーに車が乗り入れ可能になり、城島町と犬塚駅を結ぶコミュニティバス(よりみちバス・インガット号)のバス停が設置された。現在、コミュニティバスは駅前広場のロータリーに乗り入れを行っている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。複線化される前までは、島式ホーム1面2線を有した。また、駅福岡方面側には保守車両用の引込み線がある(犬塚作業区あり)。有人駅である。

2015年8月1日(土)より犬塚駅(西口)が利用可能となる。西口開設により駅前広場や駐輪場から駅やホームへの乗車が非常に便利になった。福岡(天神)や久留米方面へは西口を利用、柳川や大牟田方面へは東口を利用する必要がある。

○日中の普通電車は大牟田-甘木を運行している。福岡(天神)方面へは当駅から2駅先の大善寺で特急と緩急接続を行う。

  • 1997年1月15日に三潴 - 大溝間が複線化されるまで犬塚駅前後が単線となっていた。犬塚折り返しの列車が設定で大牟田線を走る電車の行先表示幕には「急行 犬塚」や「普通 犬塚」などの表示が入っていたが、現在は全て削除された。
のりば
1 天神大牟田線 柳川大牟田方面
2 天神大牟田線 久留米二日市福岡(天神)方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は1,045人である。各年度の1日平均乗車および乗降人員は下表のとおり[2]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2007年 636 1,263
2008年 590 1,184
2009年 540 1,082
2010年 529 1,066
2011年 511 1,031
2012年 953
2013年 961
2014年 964
2015年 982
2016年 1,045

駅周辺[編集]

駅前は、朝、夕の時間帯を中心に送迎車が目立つ。また、一戸建て民家やアパートが建ち並ぶ住宅街である。

駅前には、大きな駐車場が5箇所あり、無料駐輪場よりみちバス(コミュニティバス)バス停(城島町内と当駅を結ぶ)もある。

  • 森山タクシー(駅前)
  • 犬塚進学教室(駅前)
  • 水沼の里2000年記念の森公園YOSAKOIみづま開催地)。

駅前にあり、徒歩2分と近く、祭りの際は利用客が目立つ。また、平日、休日ともに子連れの家族も公園目的で目立つ。なお、駐車場は夜間~早朝は閉鎖される。

  • 三潴総合福祉センター「ゆうゆう」(徒歩3分)
  • 医療法人白壽会 安本病院(徒歩3分)
  • 三潴町農業協同組合犬塚購買店・資材集約センター(徒歩3分)
  • ディスカウントストア ダイレックス三潴店(徒歩3分)
  • 佐賀銀行(徒歩5分)
  • マルキョウ三潴店(徒歩5分)
  • 医療法人三幸会 ハイジア歯科(徒歩5分)
  • 西松屋久留米みづま店(徒歩6分)
  • ディスカウントコスモスみづま店(徒歩8分)
  • 久留米市立三潴図書館
  • 久留米市立犬塚小学校
  • 三潴高等学校(自転車で約15分)
  • 犬塚保育所
  • 犬塚変電所
  • みづま総合体育館(徒歩5分)

窓に九鐵のマークがあったが、埋められている。

隣の駅[編集]

西日本鉄道
天神大牟田線
特急・急行
通過
普通
三潴駅 - 犬塚駅 - 大溝駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西鉄電車の全駅に駅ナンバリングを導入します! (PDF)”. 西日本鉄道 (2017年1月24日). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 鉄道事業|企業・グループ情報《西鉄について》 平成27年度 駅別乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]