犬塚堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬塚堯(犬塚尭、いぬづか ぎょう、1924年2月16日 - 1999年1月11日)は日本の詩人。「地球」「歴程」同人。

経歴[編集]

中国長春生まれ。佐賀県伊万里市で育つ。東京大学法学部卒業後、1950年朝日新聞社に入社。1959年、特派員として第4次南極観測隊に同行取材する。のち、印刷局長や九州朝日放送専務を歴任。

1969年詩集『南極』により第19回H氏賞受賞。1984年、詩集『河畔の書』により第2回現代詩人賞受賞。

著書[編集]

  • 南極 地球社 1968年3月
  • 折り折りの魔 紫陽社 1979年5月
  • 河畔の書 思潮社 1983年8月
  • 犬塚堯詩集(現代詩文庫) 思潮社 1985年2月
  • 死者の書 思潮社 1991年11月
  • 犬塚堯全詩集 思潮社 2007年4月

外部リンク[編集]