特異X線パルサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特異X線パルサー(Anomalous X-ray pulsar,AXP)は、現在はマグネターであると信じられている、若く、孤立していて、強い磁場を持つ中性子星である。このような高エネルギーのX線パルサーは、2から12秒の遅い自転周期と1013から1015ガウスの強い磁場によって特徴付けられる。2009年時点では、9つの既知のAXPと1つの候補が発見されている[1]

2003年時点のAXPの候補とその推定自転周期は以下の通りである。

2003年時点のAXPの候補とその推定自転周期(秒):
AXP 1E 2259+586 6.98  
AXP 1E 1048-59 6.45  
AXP 4U 0142+61 8.69  
AXP 1RXS 1708-40 11.0  
AXP 1E 1841-045 11.8  
AXP AXJ1844-0258 6.97  
AXP CXJ0110-7211 5.44  

出典[編集]

  1. ^ SGR/AXP Online Catalog (An online catalog of SGR/AXP properties maintained by the pulsar group at McGill University)
  • [1] Chryssa Kouveliotou, Robert C. Duncan, and Christopher Thompson, "Magnetars," Scientific American, Feb. 2003, p. 41 (PDF)

外部リンク[編集]