特殊高所技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特殊高所技術(とくしゅこうしょぎじゅつ)とは、スポーツとしての洞窟探検(ケイビング)に使用されていた「シングル・ロープ・テクニック技術」をもとに、1980年代中頃に産業用の安全技術として確立されたものである。近年では、枠組足場重機に代る、対象物への一時的な近接方法として使用されることがある。

ロープを使用するために特殊高所技術イコールロープアクセス技術として誤った解釈をされることがあるが、実際には、一般的に認識されつつあるロープアクセス技術とは異質のものである。

日本国内においては、主にダム風車、サイロ、ビル、橋梁吊橋斜張橋のケーブル類などのコンクリート・鋼構造物における劣化および亀裂・破損調査や簡易補修、岩壁・急傾斜地における岩塊等の安定度調査などに適用され始めており、2009年国土交通省の新技術情報提供システムNETISにおいて、有用な新技術に選定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

中元雄治 『J-BECレポート』2007vol.3、財団法人 海洋架橋・橋梁調査会、2007年12月、 pp.25。