特殊部隊ジャッカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特殊部隊ジャッカル
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード
開発元 コナミ開発1課
発売元 コナミ
プロデューサー 廣下宏治
プログラマー 辻本英之
美術 中村健吾
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
(624.50キロバイト
稼働時期 アメリカ合衆国 198606271986年6月27日
日本 198610151986年10月15日
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC6809 (@ 2 MHz)×3
サウンド YM2151 (@ 3.580 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
240×224ピクセル
60.00Hz
パレット512色
その他 型式:GX631
テンプレートを表示

特殊部隊ジャッカル』(とくしゅぶたいジャッカル)は、1986年コナミが稼働した業務用縦スクロールアクションシューティングゲーム。北米:では『Top Gunner』(トップ・ガンナー)、欧州では『Jackal』(ジャッカル)のタイトルで稼働された。

ゲーム内容[編集]

全5面エンドレス。プレイヤーはジープを操作し、捕虜が収容されている施設を破壊し捕虜をジープに乗せる。救出した捕虜を味方ヘリコプターで脱出させ、再び捕虜救出に向かう、これを繰り返していく。

自機の攻撃方法は手榴弾と機銃の2つがあり、手榴弾は光る捕虜を救出することにより弾速の速いミサイル、更に一定距離を飛ぶか敵に当ると攻撃判定のある爆風を出すミサイルへとパワーアップする。 敵兵士は通常攻撃の他、ジープで跳ね飛ばし倒すこともできるが、敵戦車などに接触するとミスとなる。 面ごとの区切りが無く、ボスは最終面にのみ存在。

ストーリー[編集]

19XX年、とある平和な国の政府に不吉な情報がもたらされた。ある他国が独裁政治を企て、軍事関係者を人質として誘拐したと報告された。政府は人質救出と敵本部を壊滅させるために、過酷な訓練を積んだ4人の男たちで結成された特殊部隊を敵国へと送り込んだ。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 ヨーロッパ 1987年
Amstrad CPC
コモドール64
ZX Spectrum
Jackal コナミ コナミ フロッピーディスク - - -
2 アメリカ合衆国 1988年
PC/AT互換機 Jackal Banana Development コナミ フロッピーディスク - - -
3 日本 198805021988年5月2日
アメリカ合衆国 1988091988年9月
日本 ディスクシステム
アメリカ合衆国 NES
日本 ファイナルコマンド 赤い要塞
アメリカ合衆国 Jackal
コナミ開発2課 コナミ 日本 ディスクカード両面
アメリカ合衆国 ロムカセット
日本 KDS-AKA
アメリカ合衆国 NES-JK-USA
- -

ファミリーコンピュータ版[編集]

アーケード版からの変更点

ファイナルコマンド 赤い要塞』のタイトルで、1988年ファミリーコンピュータ ディスクシステム用ゲームとして発売された。なお、NES版のタイトルは「JACKAL」となっている。業務用との相違点は以下の通り。

  • 縦画面から横画面への変更。
  • ジープに捕虜を何人でも乗せられる(業務用は8人まで)。
  • ステージ毎にボスが登場する。
  • 最終面にオリジナルボスが登場する。
  • 業務用で使用されなかったBGMが使われる。
  • ジープ2台で進行する通常の2人同時プレイに加え、ジープの運転と攻撃を別々に受け持つ2人プレイモードの追加。
北米・欧州版との違い

日本版以外の北米や欧州版である「JACKAL」は、日本版から仕様が追加されている。

  • 画面が左右にもスクロールする。
  • ステージ1及び6の前半が長い。
  • ステージ間デモ及び全体マップの紹介がある。
  • ステージ6の要塞の色が異なる他、「赤い旗」が立てられている。

スタッフ[編集]

アーケード版
  • スタッフ:廣下宏治、おおさわまさと、岡崎博道、辻本英之、田坂真二、中村健吾、たばたまさみ、みずたにきよこ、うのようすけ、いだかみつひら
ファミリーコンピュータ版
  • プログラム:H.HORI、H.YANAGISAWA
  • キャラクター・デザイン:M.FUJIWARA、吉本陽一、丸尾純子
  • 音楽:坂元信也、藤尾敦
  • ビジュアル・デザイン:霜出健治、さとうなおき、やまもととも

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 28/40点[1]
ファミリーコンピュータMagazine 17.00/25点[2]
ユーゲー 肯定的[3]
ファミリーコンピュータ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは、7・8・7・6の合計28点(満40点)となっている[4][1]。レビュアーの意見としては、「あんまり難しくなくて、作りがシンプルなのがいい」、「アクションゲームの原点に戻ったって感じのゲーム」などと評されている[4]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.40 3.40 3.40 3.60 - 3.20 17.00
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「『赤い要塞』はディスクでも5本の指に入る大傑作である」、「主人公が兵士ではなく、ジープであるところが本作ならではの個性である」、「重厚かつ深刻なコナミサウンドをバックにザコ兵士を轢き殺すと気分爽快」と評している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ファイナルコマンド 赤い要塞 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 67頁。
  3. ^ a b RD「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」、『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション2003年10月1日、 20頁、 ISBN 雑誌17630-10
  4. ^ a b ファミコン通信』第10号、アスキー1988年5月20日