特急48ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特急48ライナー(仙台駅前にて)

特急48ライナー(とっきゅうよんぱちライナー、Express Bus 48 Liner )は、山形県新庄市宮城県仙台市青葉区を結ぶ、山交バスが運行する特急バスである。

概要[編集]

愛称は、途中経路である国道48号に由来する。関山峠を通るこの路線の原型は「仙台 - 山形線#歴史」に見ることができる。

担当営業所[編集]

運行経路[編集]

新庄駅前 - (国道13号新庄バイパス) - 舟形十字路 - (尾花沢バイパス) - 尾花沢待合所 - (山形北バイパス) - 村山駅前 - (山形県道120号東根尾花沢線) - 公立病院前 - さくらんぼ東根駅前 - 東郷 - (国道48号) - 原宿 - 休石 - 大滝 - 作並温泉 - 作並温泉入口 - 仙台高専広瀬キャンパス入口 - (愛子バイパス) - (仙台西道路) - 広瀬通一番町 - 仙台駅前

※このバスにはトイレが設置されていないため、村山駅前でトイレ休憩を行う。山交バス待合室トイレを使用。
※仙台高専広瀬キャンパス入口 - 仙台駅前間は、仙台行は降車のみ、新庄行は乗車のみとなっている。

運行回数[編集]

  • 1日平日10往復、土日祝日9往復

歴史[編集]

  • 2003年平成15年)4月 - 東根市役所前バス停を廃止し、さくらんぼ東根駅前に新規停車。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月1日 - 村山駅前 - 仙台駅前間の区間便を2往復追加(第1便と最終便1往復ずつ)。
    • 9月1日 - 東郷バス停を新設。運賃を値上げ(仙台市営バスとの並行区間を除く)。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 熊ケ根駅前バス停を廃止。最終便の新庄 - 村山間を延長。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 村山駅前起終点便を新庄駅前発着に変更。8往復全て新庄 - 仙台に。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 仙台電波高専前(現:仙台高専広瀬キャンパス入口)バス停を新設。1日9往復に増便。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 平日に1往復増便、計1日10往復となる。

その他[編集]

  • 運賃は現金もしくは山交バス窓口・車内で販売している2回券で支払う。一般路線バス用の普通回数券も使用可能[1]
  • 定期券は、新庄営業所・天童運行管理所・寒河江営業所・山交ビルの山交バス各窓口と、尾花沢タクシー・楯岡交通で購入可能[2]。山交バス仙台営業所では、定期券および各種回数券の取扱は行っていない。
  • かつては、年に1度程度、山交バスのTOKYOサンライズ号の車両(トイレ・フットレスト・レッグレスト付きの3列シート)が充当されることがあった。また、新庄営業所に所属する一般路線用の車両が新庄 - 仙台間を往復していたこともある。
  • 山形県内陸部から仙台に向かう客以外にも、鉄道路線がない新庄 - 尾花沢、尾花沢 - 村山・さくらんぼ東根等の区間利用者が多い。
  • 作並温泉 - 仙台駅前間の乗車もできることから、当路線及び48チェリーライナーは、仙台市営バス「作並線」の速達便としての機能も有している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お得な乗車券・回数券・定期券のご案内”. 山交バス. 2018年1月30日閲覧。
  2. ^ 定期乗車券販売窓口一覧”. 山交バス (2017年9月4日). 2018年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]