「ユリア・ドルシッラ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (とりあえず家族関係だけ…夫は書いてない)
父ゲルマニクスは2代皇帝[[ティベリウス]]の弟[[大ドルスス]]と[[小アントニア]]の息子で4代皇帝となる[[クラウディウス]]の兄に当たる。母大アグリッピナは初代皇帝[[アウグストゥス]]の娘[[ユリア (アウグストゥスの娘)|ユリア]]と[[マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ]]の娘であった。ゲルマニクスはティベリウスの養子となっていたので、父からは養子関係によって、母からは直接、アウグストゥスに連なっていた。
 
ドルシラは彼女の兄カリグラのお気に入りであり[[近親姦]]を行っているという噂がよくあった。2人が実際に何らかの性行為をしたかに関してははっきり分からないが、後の学者はカリグラの評判を落とすという目的のもとで彼女を[[売春婦]]にたとえた。彼の妹達との残虐な近親相姦についての噂はこの現象から生じたと考えられている。
 
彼女は38年に死んだが、カリグラは妹の死をひどく悲しみ彼女は[[女神]]であると宣言し、[[ウェヌス]]として彼女を神格化した。さらに1年後、カリグラはカエソニアとの間に生まれた一人娘にユリア・ドルシッラの名前をつけている。
6,413

回編集

案内メニュー