コンテンツにスキップ

「マルハール・ラーオ・ガーイクワード」の版間の差分

More used with only one reference definition: 1 new reference and 3 new reference calls.
m (Bot: {{テンプレート: ガーイクワード家の当主 → {{ ガーイクワード家の当主, Removed namespace in template ∵Check Wikipedia #1)
(More used with only one reference definition: 1 new reference and 3 new reference calls.)
 
 
==生涯==
[[1831年]]、[[サヤージー・ラーオ・ガーイクワード2世]]の六男として生まれた<ref name="#1">[http://www.royalark.net/India/baroda5.htm Baroda 5]</ref>。
 
[[1870年]][[11月28日]]、兄の[[カンデー・ラーオ・ガーイクワード]]が死亡し、マルハール・ラーオが当主位および藩王位を継承した<ref>[http://www.royalark.net/India/baroda5.htm Baroda 5]<name="#1"/ref>
 
しかし、[[1875年]][[1月13日]]にマルハール・ラーオは[[イギリス]]の駐在官を毒殺しようとしたとして、同年[[4月19日]]に失政と専横を理由として廃位された。同月[[4月22日|22日]]に彼は[[マドラス]]へと追放された<ref>[http://www.royalark.net/India/baroda5.htm Baroda 5]<name="#1"/ref>。
 
[[1882年]]、マルハール・ラーオはマドラスで死亡した<ref>[http://www.royalark.net/India/baroda5.htm Baroda 5]<name="#1"/ref>。その死に関しては不明瞭で、月日すらわかっていない。
 
==出典・脚注==