コンテンツにスキップ

「AKB48グループ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎移籍と兼任: 表現変更)
編集の要約なし
AKB48グループは所属しているメンバーが多いことが特徴の一つであり、日本国内だけで'''299人'''、日本国内外すべて合わせて'''578人'''のメンバーが在籍している(2022年1月10日時点、詳細は[[#人数|後述]])。
 
「AKB48グループ」という呼称については、AKB48初の姉妹グループ・SKE48が結成された当初より使用されていたわけではない。コンサートのタイトルとして「AKB48グループ」が初めて使用されたのは、2011年5月24日から6月12日に開催された『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』であり<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/49693|title=AKB48グループ全公演リバイバル、全国で映画館生中継|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2011-05-19|accessdate=2018-01-23}}</ref><ref>{{Cite book|和書|author=秋元康(監修)|title=AKB48グループ プロフィール名鑑2018|series=TJMOOK|publisher=宝島社|page=178|date=2018-01-12}}</ref>、「AKB48グループ」の使用は2011年ごろから増加していき、2013年4月ごろより急増している<ref>[https://www.google.co.jp/trends/explore?date=2008-08-01%202017-08-31&q=AKB48グループ AKB48グループ - 調べる(2008/08/01〜2017/08/31)] - Googleトレンド 2017年9月16日閲覧。</ref>{{refnest|group=注Efn2|2013年4月には日本武道館でのコンサート『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』などが実施された<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/89698|title=国内外AKB48グループ205名が入り乱れて武道館ライブ|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2013-04-29|accessdate=2016-08-13}}</ref>。}}。なお、「AKB48グループ」と「AKB48」という名称は厳密に使い分けられているわけではなく、「AKB48」名義の活動や作品であっても姉妹グループのメンバーが参加することで、実質的には「AKB48グループ」としての活動や作品となっている場合もある。また「AKB48」や「AKB」という名称は、狭義では単一グループとしてのAKB48のことを指すが、広義では姉妹グループを含めたAKB48グループ全体のことを指す([[AKB48#「AKB48」という名称の適用範囲]]も参照)<ref name="senbatsu">{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709150000030.html|title=「#AKB48単独シングル希望」広がった理由|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-09-17|accessdate=2017-09-19}}</ref>。
 
=== グループ名 ===
AKB48グループの各グループ名は、拠点とする都市名や地域名をラテン文字表記に変換し{{refnest|group=注Efn2|SDN48のみコンセプトである「サタデーナイト (SaturDay Night) 」に由来する<ref name=vitamin>{{cite news2|url=http://japan.techinsight.jp/2011/02/sdn48-akb48-keiba480m.html|title=“競馬場480m走に手の消毒係”。SDN48メンバーがAKB48との格差を告白。|newspaper=Techinsight Japan エンタがビタミン♪|publisher=メディアプロダクツジャパン|date=2011-02-26|accessdate=2014-10-02}}</ref>。}}、そこから3文字を抽出して大文字にし、「48」を付加したものとなる。2018年の[[上海市|上海]]・[[台北市|台北]]での姉妹グループの再構築においては、AKB48 Team 〇〇というグループ名となっている{{refnest|group=注Efn2|〇〇には活動拠点の地域名を表す2文字(上海の場合は"SH"、台北の場合は"TP")が入っている。それぞれAKB48の「姉妹グループ」であり、AKB48の「[[#チーム|チーム]]」ではない<ref name="shteam">{{cite news2|url=https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180725-OHT1T50153.html|title=中国公式「AKB48 Team SH」の第1期オーディション最終審査で34人合格|newspaper=スポーツ報知|publisher=報知新聞社|date=2018-07-25|accessdate=2018-07-26}}</ref><ref name="teamTP">[https://www.oricon.co.jp/news/2116557/full/ “AKB48運営会社が「TPE48」の契約解消 「AKB48 Team TP」発足へ”]. ''ORICON NEWS'' (oricon ME). (2018年7月30日) 2018年7月30日閲覧。</ref>。}}。
 
秋元によれば「『おニャン子』とか、何か単語が入ると、古くなる」「商品開発番号みたいなものを作って、無機質にした」とのことである<ref>[http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/28/news022_5.html “「分からないものが一番いい」――秋元康氏のAKB48プロデュース術 (5/7)”]. ''ITmedia ビジネスオンライン'' (アイティメディア). (2011年10月28日) 2018年12月9日閲覧。</ref><ref>[[週刊新潮]] 2012年9月20日号、44頁。</ref>。
|[[NGT48]]||2015年8月||[[新潟市]]||style="background-color:#FFFFFF; border-right:2px #ff0000 solid; border-bottom:2px #ff0000 solid; text-align:center"|白と {{Color sample|#FF0000}} 赤||
|-
|[[STU48]]||2017年3月||[[瀬戸内地方|瀬戸内]]<ref group="注">{{Efn2|1つの海([[瀬戸内海]])、7つの県(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・愛媛県・香川県・徳島県)を拠点として活動するグループとしている。</ref>}}||style="background: repeating-linear-gradient(#AFDFE4, #AFDFE4 8px, #fff 8px, #fff 16px) #AFDFE4; text-align:center"|水色と白(ボーダー) / {{Color sample|#0000FF}} 青(文字)||
|-
|[[JKT48]]||2011年11月||{{INA}}||[[ジャカルタ]]||style="background-color:#FF0000; text-align:center"|{{Color|#FFFFFF|赤}}||
|-
|[[BNK48]]||2017年2月||{{THA}}||[[バンコク]]||style="background-color:#ca95c2; text-align:center"|蘭の色||<ref group="注">{{Efn2|タイ国王喪中時のロゴマーク等の色は {{Color sample|#c0bec0}} 灰色になる。</ref>}}
|-
|[[MNL48]]||2018年4月||{{PHL}}||[[マニラ]]||style="background-color:#004799; text-align:center"|{{Color|#FFFFFF|青}}||
|[[AKB48 Team SH]]||2018年8月||{{CHN}}||[[上海市|上海]]||style="background-color:#fff; border:2px #F596B4 solid; text-align:center"|白地に {{Color sample|#F596B4}} ピンク ||
|-
|[[AKB48 Team TP]]||2018年8月||{{TWN}}||[[台北市|台北]]||style="background: #eb921d; background: linear-gradient(to bottom, #eb921d 0%,#fddf01 100%); text-align:center"|マンゴーの色(グラデーション)||{{refnest|group="注"Efn2|name="tpe-tp"|2018年7月30日に「TPE48」とのライセンス契約を解約し、「AKB48 Team TP」として新たに発足した<ref name="{{R|teamTP" />}}。}}
|-
|[[CGM48]]||2019年10月||{{THA}}||[[ムアンチエンマイ郡|チェンマイ]]||style="background-color:#44bfac; text-align:center"|森林をイメージした色||'''AKB48とBNK48の姉妹グループ'''<br><ref name="cgm">[https://www.mangozero.com/chiangmai48-cgm48-annoucement/ ประกาศเปิดตัว "เชียงใหม่ 48 (CGM48)" วงน้องสาวใหม่ของ AKB48, BNK48 เปิดรับสมัคร 15 มิ.ย.นี้](タイ語) MangoZero (2019年6月2日).2019年6月3日閲覧。</ref><ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2136768/full/|title=チェンマイ拠点の新グループ「CGM48」結成を発表 BNK48に次いでタイに2つ目|date=2019-06-03|accessdate=2019-06-03|newspaper=ORICON NEWS|publisher=oricon ME}}</ref>
|-
|[[DEL48]]<br><small>活動休止中</small>||2019年12月||{{IND}}||[[デリー]]・インド北部||style="background-color:#fe9015; text-align:center"|{{Color|white|サフラン色と白}}||{{refnest|group="注"Efn2|name="del-48"|2020年10月5日以降から[[新型コロナウイルス感染症 (2019年)|新型コロナウイルス]]の影響で活動を一時休止中<ref name="Suspension2020">{{cite web |url=https://del48.com/news.html |title=Temporarily Suspension of all DEL48 activities |accessdate=2020-10-17 |website=DEL48 Official Website |publisher=YKBK48 Entertainment |language=en |archiveurl=https://web.archive.org/web/20201016232218/https://del48.com/news.html |archivedate=2021-11-09 }}</ref>。}}
|}
 
|[[SDN48]]||2009年8月 - 2012年3月||{{JPN}}||(秋葉原)||style="background: linear-gradient(144.46deg, #9aadbc, #9bacbc, #c5d1dd, #e6ebf1, #dfe6ee, #a6b6c5, #6f889c, #425f71/*, #3a4652, #2e3b44, #2f3b47*/) #a6b6c5; text-align:center"|シルバー||
|-
|[[AKB48 Team TP|TPE48]]||2018年3月 - 7月||{{TWN}}||台北||style="background: #eb921d; background: linear-gradient(to bottom, #eb921d 0%,#fddf01 100%); text-align:center"|マンゴーの色(グラデーション)||{{REfn2|name="tpe-tp|group=注"}}
|-
|[[SGO48]]||2018年11月 - 2021年12月||{{VNM}}||[[ホーチミン市|ホーチミン]](サイゴン)||style="background-color:#e93e6a; text-align:center"|{{Color|white|蓮の花の色}}||
「AKB48グループ」という呼称は、場面や受け手によって使い方や解釈はさまざまであり、以下のようなものがある。
:# '''AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48・STU48・JKT48・BNK48・MNL48・AKB48 Team SH・AKB48 Team TP・CGM48・DEL48'''、活動を終了した'''SDN48・SGO48'''、運営の見直しが行われるまでの'''SNH48'''、および活動開始前の'''MUB48'''を指す。これが通常「AKB48グループ」を意味する場合の最大範囲である。
:# 1のうち、日本国外のグループを除いたもの<ref name="tks">{{cite web2|url=http://toyokeizai.net/articles/-/51135|author=境真良|date=2014-10-24|title=AKB48が、「非メディア頼み」でも強い理由|work=東洋経済オンライン|publisher=東洋経済新報社|accessdate=2017-09-13}}</ref>。日本国内と日本国外のグループでは活動がしばしば分割され<ref name="{{R|tks"/>}}、「AKB48グループ」としてのコンサートや[[AKB48選抜総選挙|選抜総選挙]]、[[AKB48グループじゃんけん大会|じゃんけん大会]]のような大規模なイベントは、日本国内のグループだけで行われることがほとんどである。
:# 1に加えて[[AKB48グループの派生ユニット|派生ユニット]]やメンバーのソロ活動を意図的に含めたもの。
:# 1 - 3のいずれかに[[坂道シリーズ]](乃木坂46、櫻坂46〈旧欅坂46〉、吉本坂46、および日向坂46〈旧けやき坂46〉の総称)を含める広義的な解釈もある。詳細は[[#坂道シリーズとの関係|後述]]する。
'''2013年'''
* 5月 - 日本国内各グループのチケットセンターを統合したチケッティングサイト「AKB48グループチケットセンター」がサービス開始<ref>{{cite web2|url=https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11502613499.html|title=AKB48グループ新チケットセンター詳細、および、先行手続き開始のお知らせ|work=AKB48 Official Blog 〜1830mから〜|date=2013-04-01|accessdate=2017-09-16}}</ref>。
* 5月16日 - 日本国内各グループのネットショップを統合したECサイト「[[AKB48 SHOP#オンラインショップ|AKB48グループショップ]]」が開設される<ref>{{cite web2|url=https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11851181190.html|title=「AKB48グループショップ」がOPENしました!|work=AKB48 Official Blog 〜1830mから〜|date=2014-05-16|accessdate=2017-09-16}}</ref>{{refnest|group=注Efn2|なお、運営会社が[[AKS]]でないNMB48とSTU48に関してはこちらがメインではなく、別に専用のECサイトが存在する<ref>[http://shop.nmb48.com/ NMB48オフィシャルオンラインショップ]</ref><ref>[https://store.emtg.jp/stu48/ STU48オフィシャルオンラインショップ]</ref>。}}。
* 11月 - AKB48グループ合同では初となる公開オーディションイベント『[[AKB48のオーディション#AKB48グループ ドラフト会議|AKB48グループ ドラフト会議]]』が開催される<ref>{{cite news2|url=https://mantan-web.jp/article/20131108dog00m200055000c.html|title=AKB48:3分でわかるドラフト会議 ルールと有力候補者一挙紹介|newspaper=MANTANWEB|publisher=MANTAN|date=2013-11-09|accessdate=2017-09-13}}</ref>。
 
|2011年10月23日
|2015年8月21日
|2017年3月31日{{refnest|group=注Efn2|公式サイトにメンバーのプロフィールが掲載された日であり<ref>{{cite web2|url=http://www.stu48.com/news/detail/5|title=STU48第1期生 プロフィール掲載!|work=STU48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=STU48運営事務局|date=2017-03-31|accessdate=2018-03-12}}</ref>、結成日扱いとなっている<ref>{{cite news2|url=https://news.dwango.jp/idol/27512-1803|title=STU48 結成1周年を記念した7時間にわたるニコ生特番決定|newspaper=ドワンゴジェイピーnews|publisher=ドワンゴ|date=2018-03-23|accessdate=2018-04-14}}</ref>。}}<br />2017年5月3日
|-
!劇場初公演
 
=== 活動方針 ===
メンバーは原則的に各グループが拠点とする地域に在住しながら活動をする{{refnest|group=注Efn2|AKB48チーム8のメンバーに関しては、原則として上京せずに地元在住のまま活動している<ref>[https://www.akb48team8.jp/news/list/20180305-040701606358092.php AKB48 Team 8 福島県・ 高知県メンバーオーディション開催!] - AKB48 Team 8公式ホームページ(2018年3月5日)2018年4月14日閲覧。</ref>。}}。メンバーの活動名は、ほとんどの場合が本名であり、原則として芸名を使用していない<ref group="注">{{Efn2|元AKB48の[[菊地あやか]](3期生時代に本名の「菊地彩香」名義で活動。7期生として復帰後に改名)、元SKE48の前田栄子(SDN48移籍時に本名の[[手束真知子]]に改名)など、例外的に芸名を使用している場合も見られる。SDN48では、グループ加入前から芸能活動を行っていたメンバーを中心に、芸名で活動しているケースも多かった([[芹那]]、[[なちゅ]]、[[KONAN]]など)。</ref>}}。JKT48では本名の一部を省略した活動名を使用している場合がある([[JKT48#メンバー]]参照)。BNK48、MNL48、SGO48、CGM48、DEL48のメンバーは本名も公開しているが、現地に根ざす文化に適応して、ニックネームが主な活動名として使用される。
 
=== 楽曲制作 ===
 
=== 選抜メンバー ===
AKB48グループは大人数であるため、各グループごとでも所属メンバー全員が揃うことは少ない。グループの活動形態として、おもに劇場公演のメンバーを構成する単位である[[#チーム|チーム制]]のほかに、シングル表題曲の歌唱メンバーに代表される「選抜メンバー」の制度がある。人数が増えるとCDジャケットにメンバー全員が収まらなくなったことや、音楽番組側の人数削減要請などがあり、この制度が生まれた<ref>[http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/28/news022_4.html “「分からないものが一番いい」――秋元康氏のAKB48プロデュース術 (4/7)”]. ''ITmedia ビジネスオンライン'' (アイティメディア). (2011年10月28日) 2018年12月9日閲覧。</ref>。選抜メンバーは運営スタッフにより決められており、そのときの状況によって選出されるメンバーは異なるが、シングル表題曲においては選抜常連メンバーが大半を占めている場合もある。特に選抜から外れることが滅多にない主要メンバーは「超選抜」とも呼ばれる<ref>[https://www.oricon.co.jp/news/2041145/full/ “HKT中2コンビが超選抜のタブーに直撃 片思いは?給料は?”]. ''ORICON STYLE'' (oricon ME). (2014年8月19日) 2018年7月16日閲覧。</ref>。[[AKB48選抜総選挙|選抜総選挙]]や[[AKB48グループじゃんけん大会|じゃんけん大会]]は、このような状況へのファンの反発から企画された<ref>[http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1539375.html “「AKB48はガチ」原則実感/じゃんけん大会総括”]. ''nikkansports.com'' (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月17日) 2018年7月16日閲覧。</ref>。シングル表題曲の選抜メンバーは、各グループで最少が7人<ref group="注">{{Efn2|AKB48の「[[スカート、ひらり]]」、SKE48の「[[青空片想い]]」「[[ごめんね、SUMMER]]」が該当。</ref>}}、最多が36人であり<ref group="注">{{Efn2|AKB48の「[[真夏のSounds good !]]」「[[ラブラドール・レトリバー (曲)|ラブラドール・レトリバー]]」が該当。</ref>}}、16人から20人程度の選出が多く、[[AKB48 27thシングル 選抜総選挙|第4回]]以降の選抜総選挙によるシングルや一時期のSKE48、NMB48のほか、HKT48の全期間においては16人で統一されている。
 
SKE48の結成以降、AKB48の選抜メンバーに姉妹グループに所属するメンバーも選出されている{{R|senbatsu}}<ref group="注">{{Efn2|SDN48と日本国外グループのオリジナルメンバーからはAKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに選出されたことがない。</ref>}}。そういった構造から、AKB48のメンバーはAKB48に所属しているにも関わらず、AKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに選出される機会が少なくなっており、もはや「AKB48」のシングルではなく「AKB48グループ」のシングルであるともいわれる{{R|senbatsu}}。また[[キングレコード]]が主催するAKB48のシングル劇場盤発売記念大握手会などのイベントには姉妹グループのメンバーも参加しているが、その逆のパターンはない。このように完全な横並びとは言えない関係から、AKB48を「本店」、その他のグループを「支店」と呼称することがある<ref>{{cite news2|url=https://www.jiji.com/jc/ak?s=special&id=2013akb48_senkyo0001|title=指原1位、世代交代の行方は〜AKB48総選挙〜|newspaper=時事ドットコム|publisher=時事通信社|date=2013-06-25|accessdate=2017-09-15}}<br />{{cite news2|author=松下博夫|url=http://realsound.jp/2014/02/akbskehktnmb.html|title=AKBグループ内の力関係に変化か――『大組閣』を控えたSKE、NMB、HKTの長所・弱点とは?|newspaper=Real Sound|publisher=blueprint|date=2014-02-03|accessdate=2017-09-15}}<br />{{cite news2|url=https://mdpr.jp/news/detail/1694625|title=結婚発表に“勇気ある批判”も AKB48高橋朱里ら次世代4人のスピーチがファンの心を打った理由<第9回AKB48選抜総選挙>|newspaper=モデルプレス|publisher=ネットネイティブ|date=2017-06-18|accessdate=2017-09-15}}</ref>。また「[[AKB48#「AKB48」という名称の適用範囲|総称としてのAKB48]]」と区別するため、イベント等ではあえて「AKB48単独」を称したり<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2069162/full/|title=AKB48、アジアに3グループ発足へ 台北TPE マニラMNL バンコクBNK|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2017-03-26|accessdate=2017-09-15}}</ref>、ファンらの間では「純AKB」という呼称も用いられている<ref>{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1810332.html|title=小嶋陽菜「本当にありがとうAKB」最後の昭和去る|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-04-19|accessdate=2017-09-15}}</ref>。
 
こういった実情により、AKB48のファンはAKB48メンバーだけでの活動を支持する者も多く、50thシングル選抜発表後にTwitter上では「#AKB48単独シングル希望」という運動が起こった{{R|senbatsu}}。AKB48単独でのシングルについて運営は「年に1度位はそういうのがあってもいいのかもしれないが、各姉妹グループの新たなファンが興味を持つきっかけになっていることを理解してほしい。([[戸賀崎智信]])」<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/7148|title=カスタマーセンター長部屋 2016年2月13日(土)14日(日)@パシフィコ横浜|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-02-18|accessdate=2017-09-27}}</ref>、「カップリングなどにはあります。ファンの声が盛り上がっていけばシングルもあり得ます!期待していて下さい。(茅野しのぶ)」と回答している<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/9178|title=支配人部屋回答 2016.7.17@インテックス大阪|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-08-02|accessdate=2017-09-27}}</ref>。2021年9月29日発売のAKB48の58thシングル『[[根も葉もRumor]]』は、AKB48メンバーのみでの歌唱となった<ref name="{{R|58th" />}}。姉妹グループメンバーが歌唱メンバーとして参加しないのは、2010年発売の「[[チャンスの順番]]」以来となる<ref name="58th">{{cite web2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2194329/full/|title=AKB48新番組は『乃木坂に、越されました。』 約10年ぶりAKB48単独シングルも決定|website=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|date=2021-05-23|accessdate=2021-05-25}}</ref>。
 
=== 卒業とグループの持続 ===
 
=== 日本国外のグループ ===
日本国外のグループについては、AKB48のフォーマットを「日本」のまま輸出することで日本的な文化であるアイドルが受け<ref name="n123">{{Cite book|和書|author=森本隆|title=涙は句読点〜普通の女の子たちが国民的アイドルになるまで〜 AKB48公式10年史|chapter=海外48グループについて|publisher=日刊スポーツ新聞社|page=123|date=2016-03-25|isbn=9784817255921}}</ref>、[[クールジャパン]]戦略の一環とする目的もある{{R|dentsuho}}<ref>{{cite news2|url=http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160327-OHT1T50007.html|title=台北、マニラ、バンコク!AKB海外新グループをサプライズ発表|newspaper=スポーツ報知|publisher=報知新聞社|date=2016-03-27|accessdate=2017-09-10|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160327080411/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160327-OHT1T50007.html|archivedate=2016-03-27}}</ref>。日本国外のグループに関して、日本では「海外姉妹グループ」と称されることが多い{{R|jbtm}}<ref>{{cite news2|url=https://www.nna.jp/news/show/1617096|title=BNK48がバンコクで初公演、活動本格化へ|newspaper=NNA ASIA|publisher=エヌ・エヌ・エー|date=2017-06-05|accessdate=2017-10-10}}</ref>。特徴の一つとして、'''Senbatsu'''(選抜)や'''Sousenkyo'''(総選挙)、'''Oshi'''(推し)といった用語、メンバーコール{{refnest|group=注Efn2|曲中に行われる「超絶かわいい、(メンバー名)!」というファンによるコール{{R|n123}}。}}やMIX{{refnest|group=注Efn2|アイドルファンが曲のイントロや間奏でおこなう「タイガー、ファイヤー、……」といったフレーズのコール<ref name="{{R|kaiyou3990"/>}}。}}などは日本語の表現がそのまま使用されている<ref name="kaiyou3990">[https://kai-you.net/article/3990 “国境を越えるJKT48 インドネシアの青年を熱狂させる理由とは?”]. ''KAI-YOU.net'' (カイユウ). (2014年3月17日) 2018年11月26日閲覧。</ref><ref>[http://jogja.tribunnews.com/2018/11/18/inilah-pengumuman-hasil-pemilihan-member-single-ke-20-jkt48-reboost Inilah Pengumuman Hasil Pemilihan Member Single ke-20 JKT48 RE:BOOST] Tribun Jogja(2018年11月18日)</ref><ref>[https://hbol.jp/168255 “王女も首相も「恋チュン」。BNK48がタイで人気爆発、社会現象になっていた”]. ''ハーバービジネスオンライン'' (扶桑社). (2018年6月15日) 2018年11月26日閲覧。</ref>。
 
上記のように「日本」のままフォーマットを輸出するため、日本国外のグループは日本のAKB48グループの楽曲を現地語カバーで発表するという形態を採っている。そのため、グループ名義でのオリジナル楽曲は長い間存在しなかった<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2043357/full/|title=仲川遥香らJKT48がジャカルタ観光大使に。「今はインドネシア語でケンカもできます」|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-10-15|accessdate=2018-03-21}}</ref>。AKB48楽曲の歌唱メンバーには姉妹グループメンバーも選出されているが、日本国外グループのメンバーは原則として関与することがなく、AKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに選ばれたこともない<ref group="注">{{Efn2|移籍・兼任者を除く日本国外メンバーのAKB48楽曲への参加は、「NEW SHIP」(スペシャルガールズA、「[[GIVE ME FIVE!]]」収録曲、2012年)にJKT48のメロディー・ヌランダニ・ラクサニが選ばれたのが初の事例である。その後、「友達ができた」([[AKB48グループの派生ユニット#まちゃりんと仲間たち。|まちゃりんと仲間たち。]]、「[[ジャーバージャ]]」収録曲、2018年)に元[[AKB48のオーディション#AKB48 台湾オーディション|AKB48台湾研究生]]のTPE48(現・AKB48 Team TP)メンバーが参加したほか、[[AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙]]のランクインによりBNK48のチャープランとミュージックが楽曲に参加している。</ref>}}。AKB48選抜総選挙には第10回の「世界選抜総選挙」開催までAKB48からの移籍メンバー以外に立候補資格はなかった。なお、JKT48では2014年からシングル選抜総選挙を独自に実施しており<ref>[https://dot.asahi.com/dot/2017082600021.html?page=2 “AKB48の海外姉妹グループ、JKT48が日本にもたらすインバウンドとは?”]. ''AERA dot.'' (朝日新聞出版). (2017年8月28日) 2018年10月6日閲覧。</ref>、BNK48でも2019年に初開催した<ref>[https://www.thaich.net/news/20180930gg.htm “「BNK48 6thシングル 選抜総選挙」がインパクトアリーナで2019年1月26日開催”]. ''タイランドハイパーリンクス''. (2018年9月30日) 2018年10月6日閲覧。</ref>。
 
=== グループ内の差別化 ===
STU48はAKB48グループで初めて「船上劇場」を拠点とし、劇場公演を行っている{{Refnest|group="注"Efn2|[[STU48#船上劇場「STU48号」]]参照。}}。
 
SDN48は他グループと異なり「恋愛禁止」はうたわれず、既婚者も在籍した20歳以上のメンバーによる「大人アイドルグループ」であった。楽曲や衣装はセクシー路線であったりして、差別化が図られていた{{R|SDN48}}<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2042371/full/|title=【動画】元AKB&SDN佐藤由加理、波瀾万丈の9年【2】:「脱いでもいいですか?」|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-09-20|accessdate=2017-09-15}}</ref>。日本国内のAKB48グループの1つではあるが、活動期間中に選抜総選挙・じゃんけん大会のイベントに参加することはなかった。
 
=== 坂道シリーズとの関係 ===
AKB48グループと同様に秋元康が総合プロデューサーを務める「[[坂道シリーズ]]」は、元々AKB48の公式ライバルとして結成された[[乃木坂46]]と、その後結成された<!--公式に姉妹グループとは称されない-->[[欅坂46]]<ref>{{cite news2|author=斉藤貴志|url=https://www.oricon.co.jp/news/2058002/full/|title=伝統的ある“付属女子校系” 欅坂46の戦略とは?|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2015-08-23|accessdate=2017-09-16}}</ref><ref>{{cite web2|url=https://www.keyakizaka46.com/s/k46o/page/about?ima=0000|title=欅坂46とは|work=欅坂46公式サイト|accessdate=2017-10-10}}</ref>など「○○坂」の名称をもつグループの総称で、基本的にAKB48グループと坂道シリーズは分離・区別されている<ref>{{cite news2|url=https://www.rbbtoday.com/article/2014/02/27/117314.html|title=SKE・松井玲奈&乃木坂・生駒里奈の兼任で波紋……ファンが反対署名を開始|newspaper=RBB TODAY|publisher=イード|date=2014-02-27|accessdate=2017-09-16}}</ref>。その一方で『[[月刊AKB48グループ新聞]]』<ref>{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1840906.html|title=AKB新聞16日発売「坂道シリーズ」を大特集|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-06-16|accessdate=2017-10-10}}</ref>、テレビ番組『[[AKB48 SHOW!]]』{{refnest|group=注Efn2|坂道シリーズの出演回のタイトルは『(別冊)46 SHOW!』『(別冊)乃木坂46 SHOW!』『(別冊)欅坂46 SHOW!』<ref>{{cite web2|url=https://www.nhk.or.jp/akb48show/onair/index.html|title=放送一覧|work=NHK「AKB48 SHOW」|publisher=日本放送協会|accessdate=2018-05-09}}</ref>。}}、ラジオ番組『[[AKB48のオールナイトニッポン]]』『[[AKB48の"私たちの物語"]]』<ref>{{cite news2|url=https://news.1242.com/article/123061|title=乃木坂46・生田絵梨花は、メンバーも満場一致の“一番イイ女”|newspaper=オールナイトニッポン.com|publisher=ニッポン放送|date=2017-08-11|accessdate=2017-10-10}}</ref><ref>[https://www.nhk.or.jp/watamono/cast/index_ngz.html メンバー - 乃木坂46-]、[https://www.nhk.or.jp/watamono/cast/index_kyz.html メンバー - 欅坂46-] AKB48の“私たちの物語”(NHK)</ref>、雑誌連載『[[SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+|よんぱち+]]』<ref group="注">{{Efn2|坂道シリーズの出演回のタイトルは『よんろく+』</ref>}}などAKB48グループがレギュラー出演する媒体に坂道シリーズもいくつか出演・登場してきた。
 
2014年に初めてAKB48グループと乃木坂46との間での人事交流が実施され<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2034415/full/|title=【AKB組閣】乃木坂・生駒がAKB、SKE玲奈が乃木坂兼任 初の“交換留学生”に|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-02-24|accessdate=2017-09-16}}</ref>、SKE48の[[松井玲奈]]と乃木坂46の[[生駒里奈]]を対象に「交換留学」と称した兼任が2015年まで行われた<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/143904|title=松井玲奈、乃木坂46兼任解除セレモニー「乃木坂大好きです!」|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2015-04-13|accessdate=2017-09-16}}</ref>。実際の人事交流に先立ちフィクションではあるが、秋元康が企画・制作に関わった2012年1月放送開始のテレビドラマ『[[さばドル]]』では、主人公「渡辺麻友」が「秋元康」の意向よりAKB48から乃木坂46に電撃移籍する。同ドラマには、同年2月に1stシングルでCDデビューする乃木坂46のメンバーが実際に公式ライバルグループの乃木坂46メンバーという設定でゲスト出演していた<ref>{{cite web2|url=https://www.tv-tokyo.co.jp/sabadol/cast/nogizaka46.html|title=乃木坂46|accessdate=2018-11-16|website=『さばドル』番組公式サイト|publisher=テレビ東京}}</ref><ref>{{cite news2|url=https://mdpr.jp/music/detail/1735201|title=AKB48渡辺麻友への憧れ明かす 最後の“レコ大共演”に乃木坂46コメント<第59回輝く!日本レコード大賞>|date=2017-12-21|newspaper=モデルプレス|publisher=ネットネイティブ|accessdate=2018-11-16}}</ref>。
 
AKB48は「勢い、パワフル、タフ」、乃木坂46は「[[リセアン|リセエンヌ]]」というキーワードで差別化が図られた<ref name="{{R|saka"/>}}。[[#選抜メンバー|AKB48の作品への姉妹グループメンバーの選抜入り]]やグループ間での兼任がさかんなAKB48グループに対し、坂道シリーズ内に関してはグループをまたいだ選抜や兼任は行われず<ref name="saka">{{cite web2|url=http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07173510T10C16A9000000|author=秋元康|editor=西廣智一|date=2016-10-12|title=秋元康が明かす 欅坂46と乃木坂46が向かう先|work=NIKKEI STYLE|publisher=日経BP|accessdate=2016-11-29}}</ref>、またAKB48を代表するイベント「[[AKB48選抜総選挙|選抜総選挙]]」は坂道シリーズでは開催しないように、両グループは違った活動形態のなかで双方に異なる文化が形成されている<ref>{{cite news2|url=https://e-talentbank.co.jp/news/37330/|title=秋元康が坂道グループの総選挙実施について言及。「同じことはたぶん…」|newspaper=E-TALENTBANK|publisher=イータレントバンク|date=2017-06-15|accessdate=2017-10-10}}</ref>。常設の専用劇場で公演を定期的に行うAKB48グループに対して、坂道シリーズは冠テレビ番組がアピールの場となる<ref>{{cite news2|author=斉藤貴志|url=https://www.oricon.co.jp/news/2039975/full/|title=AKB48姉妹グループ超え!?乃木坂46の躍進と人気の理由|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-07-19|accessdate=2017-10-29}}</ref>。コミック誌の水着グラビアに登場することが多いAKB48グループに対し、坂道シリーズは女性ファッション誌のモデルとして活躍するメンバーが多く、水着になる機会もほぼ写真集のみに限定されている<ref>{{cite web2|url=https://style.nikkei.com/article/DGXMZO09082790S6A101C1000000?channel=DF280120166614|author=伊藤哲郎, 高倉文紀|date=2016-11-14|title=乃木坂46、ももクロ… アイドルのソロが盛んなワケ|work=NIKKEI STYLE|publisher=日経BP|accessdate=2017-10-11}}</ref>。AKB48の[[向井地美音]]は「乃木坂46は[[豆腐プロレス|プロレスのドラマ]]はきっとやらないだろうし、なんでもありのおもしろさがファンを引きつけるのはAKB48の魅力」と分析している<ref>{{cite news2|url=https://news.dwango.jp/idol/22809-1707|title=向井地美音が語る「坂道グループ」とAKB48の違い|newspaper=ドワンゴジェイピーnews|publisher=ドワンゴ|date=2017-07-04|accessdate=2017-10-10}}</ref>。
 
楽曲でのコラボレーションは度々行われている<ref name="sakakb">{{cite news2|url=https://mdpr.jp/music/detail/1667253|title=“坂道AKB”が「神コラボ」と話題沸騰 過去には“こじ坂46”“まゆ坂46”も<これまでの48&46グループ・奇跡のコラボを振り返る>|newspaper=モデルプレス|publisher=ネットネイティブ|date=2017-02-28|accessdate=2017-09-16}}</ref>。2012年に[[渡辺麻友]]のシングル「[[大人ジェリービーンズ]]」のカップリング曲「ツインテールはもうしない」を歌唱するため'''まゆ坂46'''として、初めてAKB48グループメンバーと乃木坂46メンバーによるコラボレーションユニットが結成された<ref>{{cite news2|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/24/kiji/K20120724003743160.html|title=衝撃事件!?大人の渡辺麻友「ツインテールはもうしない」|newspaper=Sponichi Annex|language=ja|publisher=スポーツニッポン新聞社|date=2012-07-24|accessdate=2017-09-16}}</ref>。2014年には[[小嶋陽菜]]と乃木坂46メンバーにより'''こじ坂46'''<ref>{{cite news2|url=http://www.entamenext.com/news/detail/id=1070|title=小嶋陽菜が乃木坂46に乱入、"こじ坂46"がまさかのオリジナル曲を披露!|newspaper=エンタメNEXT|publisher=徳間書店|date=2014-10-16|accessdate=2017-09-16}}</ref>、[[指原莉乃]]と乃木坂46メンバーにより'''さし坂46'''がコラボユニットとして結成された<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2046036/full/|title=指原、乃木坂と“さし坂46”結成|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-12-16|accessdate=2016-11-24}}</ref>。また、AKB48のシングルのカップリング曲のため、2016年に乃木坂46とのコラボユニット'''[[AKB48グループの派生ユニット#乃木坂AKB|乃木坂AKB]]'''{{R|sakakb}}、2017年からは3年連続で坂道シリーズとのコラボユニット'''[[AKB48グループの派生ユニット#坂道AKB|坂道AKB]]'''が結成された<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2086625/full/|title=“坂道AKB”誕生 センターは欅坂・平手友梨奈 48&46グループ美少女選抜ユニット|newspaper=ORICON NEWS|language=ja|publisher=oricon ME|date=2017-02-28|accessdate=2017-09-16}}</ref><ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/271838|title=坂道AKB第2弾「国境のない時代」センターは長濱ねる!ドリームチームが踊るMV公開|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2018-03-02|accessdate=2018-03-04}}</ref><ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/321992|title=指原莉乃が笑い死ぬ! AKB48さっしー卒業ソングMV公開、坂道AKBの3代目センター発表も|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2019-03-01|accessdate=2019-03-17}}</ref>。
 
== 運営と所属 ==
AKB48グループとしての活動は[[Vernalossom|AKS(現・Vernalossom)]]が運営管理を統括していたが{{R|mynavi}}、2020年4月以降は日本国内全グループが独立した運営体制となり、Vernalossomは日本国外グループの運営のみ継続している<ref group="注">{{Efn2|ただし、日本国外グループも現地企業による運営が主体である。</ref>}}。なお、「AKB48グループショップ」(ネットショップ)や「AKB48グループチケットセンター」はAKB48の運営会社であるDHが運営している。
 
メンバー各人の所属事務所については、SDN48を除きオーディションにおいて芸能事務所と契約していないことを条件としているため、グループ加入時にそれぞれの運営会社の所属となるが、在籍中にグループ外の芸能事務所からの要請により移籍する例があり、所属事務所はメンバーごとに異なる場合がある<ref>{{cite web2|url=http://president.jp/articles/-/5200|title=雇用・委任・請負 -AKBは「芸能界のリクルート」だった|work=プレジデントオンライン|publisher=プレジデント社|date=2011-12-29|accessdate=2018-01-03}}</ref><ref>{{cite news2|author=渡辺彰浩|url=http://realsound.jp/2017/11/post-132370.html|title=AKB48メンバー相次ぐ事務所移籍の背景 個人活動の幅を広げ、グループ人気の底上げに?|newspaper=Real Sound|publisher=blueprint|date=2017-11-26|accessdate=2018-01-03}}</ref>。
!グループ||運営会社<br />所属事務所||レコード会社・レーベル||劇場<br /><small>(★は専用劇場)</small>
|-
|AKB48||DH{{refnest|group=注Efn2|過去、[[オフィスフォーティエイト|office48]] → AKSに所属していた。}}||[[You, Be Cool!]]/[[キングレコード]]{{refnest|group=注Efn2|旧所属:[[デフスターレコーズ]]}}||[[AKB48劇場]] ★<br />([[ドン・キホーテ (企業)|ドン・キホーテ]]秋葉原店 8階)
|-
|SKE48||[[ゼスト (芸能事務所)|ゼスト]]{{refnest|group=注Efn2|旧商号:SKE。過去、[[ピタゴラス・プロモーション]] → AKSに所属していた。}}||[[avex trax]]<br />([[エイベックス・エンタテインメント]]){{refnest|group=注Efn2|過去、[[ランティス|Lantis]]を経て[[日本クラウン|CROWN GOLD(日本クラウン)]]に所属していた。}}||SKE48劇場 ★{{refnest|group=注Efn2|旧名称は『SUNSHINE STUDIO』で、専用ではなかった。}}<br />([[サンシャイン栄]] 2階)
|-
|SDN48||[[AKS]]||[[ユニバーサルミュージック (日本)|ユニバーサル ミュージック]]||AKB48劇場
|-
|NMB48||[[Showtitle]](マネジメント)<br>[[KYORAKU吉本.ホールディングス]](事業者){{refnest|group=注Efn2|2016年12月まではマネジメントもKYORAKU吉本.ホールディングス、2016年10月から2019年5月まではAKSが経営権を有していた<ref>[https://www.oricon.co.jp/news/2136860/full/ “AKS、NMB48事業をKYORAKU吉本に譲渡”]. ''ORICON NEWS'' (oricon ME). (2019年6月4日) 2019年6月4日閲覧。</ref>。}}||[[よしもとミュージック|laugh out loud! records<br />(よしもとミュージック)]]||[[NMB48劇場]] ★<br />(YES・NAMBAビル B1階)
|-
|HKT48||Mercury<ref group="注" {{Efn2|name="aks2020">|過去、AKSに所属していた。</ref>}}||EMI Records<br />(ユニバーサル ミュージック){{refnest|group=注Efn2|過去、同社内レーベルのユニバーサルシグマに所属していた。}}||[[HKT48#HKT48劇場|西日本シティ銀行 HKT48劇場]]★<br />([[E・ZO FUKUOKA]] 1階)<ref group="注">{{Efn2|2016年3月まで[[ホークスタウン|ホークスタウンモール]] 2階にHKT48劇場があったがホークスタウン再開発のため閉館し、一時、[[ソラリアステージ#西鉄ホール|西鉄ホール]]([[ソラリアステージ]] 6階)、パピヨン24ガスホール([[西部ガス]]本社ビル 2階)、スカラエスパシオを間借りして公演を行っていた。</ref>}}
|-
|NGT48||Flora<ref group="注" {{Efn2|name="aks2020" />}}||EMI Records<br />(ユニバーサル ミュージック){{refnest|group=注Efn2|旧所属:[[アリオラジャパン]]([[ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)#ソニー・ミュージックレーベルズ|ソニー・ミュージックレーベルズ]])}}||[[NGT48#NGT48劇場|NGT48劇場]] ★<br />([[LoveLa万代|LoveLa2]] 4階)
|-
|STU48||[[STU (企業)|STU]]||You, Be Cool!/キングレコード||[[STU48#船上劇場「STU48号」|STU48号]] ★{{refnest|group=注Efn2|新型コロナウイルスの影響により、2021年春に閉鎖予定<ref name="sanyo">[https://www.sanyonews.jp/sp/article/1030400 STU48の船上劇場が終了へ 今後は会場を固定せず公演]-山陽新聞</ref>。閉鎖後は各会場を巡回しながらの公演となる見通し。}}<br />(移動式)
|-
|JKT48||JKT48 Operation Team<ref group="注">{{Efn2|[[電通|電通イージス・ネットワーク]]内の電通インドネシアによる運営。</ref>}}<br />(JKT48 Project → dentsu X entertainment) ||HITS Records ([[:id:HITS Records|id]]) ([[:id:Media Nusantara Citra|MNC Group]])<br />Dentsu Inter Admark||JKT48劇場([[:id:Teater JKT48|id]]) ★<br />(fxモール スディルマン([[:id:fX Sudirman|id]]) 4階)
|-
|BNK48||Independent Artists Management (i AM)<ref group="注">{{Efn2|旧商号:BNK48 Office。</ref>}}||Independent Artists Management (i AM)||BNK48 The Campus ★<br />(ザ・モール バンカピ 4階)
<!--|-
|TPE48||TPE48 Entertainment<br />(熙曜娛樂科技股份有限公司)|| ||-->
|-
|MNL48||Hallohallo Entertainment||Star Music ([[:en:Star Music|en]]) ([[ABS-CBN]])||Movie Stars Cafe<br>([[ケソン市]]・Centris Station)<br><ref group="注">{{Efn2|同施設内に専用劇場建設中。</ref>}}
|-
|AKB48 Team SH||AKB48 (China)<!-- Holdings Limited--><br />上海尚越文化发展<!--有限公司-->||新汇集团上海声像出版社<br>上海尚越文化发展<ref>[https://y.qq.com/n/yqq/album/003kibFr0lVzOw.html 爱的旅程(Love Trip)] - QQ音乐</ref>||長江劇場
|AKB48 Team TP||好言娯樂<!--有限公司--><!--阿克斯娯樂有限公司-->||Enjoy Music<br />Universal Music Taiwan([[:zh:環球音樂 (台灣)|zh]])||
|-
|SGO48||YAG Entertainment{{refnest|group=注Efn2|AKSとジオブレイン、Yeah1グループ(ベトナム)の合弁会社<ref>{{cite news2|url=https://www.nna.jp/news/show/1779018|title=AKBの姉妹G「SGO48」、年内に結成へ|newspaper=NNA ASIA|publisher=エヌ・エヌ・エー|date=2018-06-21|accessdate=2018-06-21}}</ref>。}}|| ||
<!--|-
|MUM48||Rashmi Raj Media Pvt. Ltd.|| ||-->
|-
!歴代メンバー
|335<br />[314/315]<br />(385)<br />{{refnest|group=注Efn2|他のAKB48グループからの移籍メンバーが4人([[小笠原茉由]]、[[木﨑ゆりあ]]、中西智代梨、野澤玲奈〈一時期兼任〉)、兼任メンバーが14人(松井珠理奈、[[渡辺美優紀]]、[[石田安奈]]、[[三秋里歩|小谷里歩]]、古畑奈和、[[矢倉楓子]]、[[兒玉遥]]、[[山本彩]]、渋谷凪咲、[[宮脇咲良]]、[[朝長美桜]]、[[北川綾巴]]、[[白間美瑠]]、矢吹奈子)、留学生が2人(Stefi、Mobile)。乃木坂46からの兼任メンバーが1人([[生駒里奈]])。}}
|201<br />[191/190]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが5人([[中西優香]]、大場美奈〈一時期兼任〉、[[佐藤すみれ]]、谷真理佳、山内鈴蘭)、兼任メンバーが5人([[北原里英]]、田中菜津美、[[宮澤佐江]]、[[山田菜々]]、渡辺美優紀)、他のAKB48グループからの再加入メンバーが1人([[出口陽]])。}}
|46<br />[40/38]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが6人([[浦野一美]]、[[大堀恵]]、[[小原春香]]、[[佐藤由加理]]、[[手束真知子]]、[[野呂佳代]])、他のAKB48グループからの再加入メンバーが2人([[駒谷仁美]]、[[戸島花]])。}}
|158<br />[150]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが3人([[市川美織]]〈一時期兼任〉、[[梅田彩佳]]、[[藤江れいな]])、兼任メンバーが4人(横山由依、柏木由紀、高柳明音、村重杏奈)。}}
|87<br />[84]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが2人([[指原莉乃]]、[[多田愛佳]])、兼任メンバーが1人([[木本花音]])。}}
|47<br />[45]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが1人(北原里英)、兼任メンバーが1人(柏木由紀)。}}
|62<br />[60]<br />{{refnest|group=注Efn2|兼任メンバーが2人(岡田奈々、指原莉乃)。}}
|189<br />[196]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが3人([[高城亜樹]]〈途中から兼任〉、[[仲川遥香]]、[[近野莉菜]])、留学生が1人(川本紗矢)。}}
|76<br />[75]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが1人(伊豆田莉奈)。}}
|80
|55
|48<br />[47]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが1人([[阿部マリア]])。}}
|29
|25<br />[56]<br />{{refnest|group=注Efn2|移籍メンバーが2人(Aom、伊豆田莉奈)。}}
|22
|-
|50<br />[53/46]||colspan="14"|-
|}
* 丸括弧 ( ) 内の数字は'''期間限定で在籍したメンバー'''も含む人数<ref group="注">{{Efn2|内訳は、[[AKB48のオーディション#大人AKB48 オーディション|大人AKB48]] 1人([[塚本まり子]])、[[AKB48のオーディション#バイトAKB|バイトAKB]] 50人(うち3人〈[[佐伯美香 (AKB48)|佐伯美香]]、高橋希良、勝又彩央里〉がAKB48の正式メンバーと重複、7人〈一色嶺奈、柴田優衣、松岡はな、[[荻野由佳]]、西潟茉莉奈、日下部愛菜、清司麗菜〉がAKB48以外のAKB48グループに在籍)、[[AKB48のオーディション#バイトAKB ぱるる選抜|バイトAKB ぱるる選抜]] 2人。このため、AKB48グループに期間限定の形だけで在籍したメンバーは43人。</ref>}}
* 角括弧 [ ] 内の数字は['''当該グループのオーディション等によって加入したメンバーの総数'''/'''別のAKB48グループと重複しているメンバーを除く人数'''あるいは'''AKB48グループ以外(乃木坂46)からの兼任メンバーを含む人数''']。後者が存在しないグループについては省略。
* SNH48のメンバーは過去にAKB48グループとされていた時代についても除外している。
AKB48の「チーム」制を多くの姉妹グループが踏襲して採用してきた。'''正規メンバー'''は原則としていずれかのチームに所属しており{{R|tks2}}、チームごとに劇場公演を行っている<ref name="team">{{cite news2|url=https://news.dwango.jp/idol/1336-1311|title=AKBグループ「チーム」とは何なのか?各グループ徹底分析|newspaper=ドワンゴジェイピーnews|publisher=ドワンゴ|date=2013-11-12|accessdate=2017-09-10}}</ref>。各グループ、各チームにそれぞれ特性が存在するとされる{{R|team}}。ただし、SDN48にチーム制はなく、STU48、AKB48 Team SH、SGO48、DEL48ではチームが結成されたことはない。また、NGT48は2019年4月よりチーム制がなくなった<ref>[https://www.oricon.co.jp/news/2133415/full/ “NGT48、チーム制度取りやめを発表「1期生と研究生として再スタート」”]. ''ORICON NEWS'' (oricon ME). (2019年4月11日) 2019年4月11日閲覧。</ref>。AKB48 Team TPでは、「ユニット」(Unit)がチームに準ずるメンバー構成になっている。NMB48は2021年1月にチーム制を廃止した<ref>{{Cite news|url=https://www.oricon.co.jp/news/2180823/full/|title=NMB48、チーム解体で新プロジェクト『NAMBATTLE』始動 抽選で新たに6グループに|newspaper=ORICON NEWS|date=2021-01-02|accessdate=2021-01-30}}</ref>。JKT48は同年3月15日にチーム制を廃止し、アカデミークラスの体制を無くした<ref>{{cite web2|url=https://jkt48.com/news/detail/id/1391?lang=jp|title=今後のJKT48の体制と活動に関してのお知らせ|work=JKT48 Official Web Site|publisher=|date=2021-02-02|accessdate=2021-06-09}}</ref>。
 
AKB48 Team SHとAKB48 Team TPのグループ名に含まれている「Team」は、ここでいう「チーム」の概念とは異なる<ref name="{{R|shteam"/><ref name="|teamTP"/>}}
 
チーム名はグループ名に使用されているラテン文字および数字(数字はAKB48のみ)を1文字ずつをとって「チーム○」という形になる{{R|tks}}。AKB48グループ内でのチーム名の重複をふせぐため、既存チームと同一の文字があった場合にはチーム○の後に II(ツー), III(スリー), IV(フォー)というふうに[[ローマ数字]]が付けられ、区別できるように配慮がなされる{{R|tks}}<ref group="注">{{Efn2|たとえば「K」はAKB48チームK、SKE48チームKII、JKT48チームKIII、HKT48チームKIVがある。</ref>}}
 
現在、チームの定員は不定であるが、2007年から2012年までのAKB48、2014年までのSKE48、NMB48、HKT48では1チーム16人体制が定着していた。JKT48ではチーム発足時から定員を決めていなかったが、2018年のJKT48アカデミー設立以降は1チーム16人体制に定められた<ref name="jkt48academy">{{cite web2|url=https://jkt48.com/jkt48-academy|title=JKT48 - アカデミー|work=JKT48 Official Web Site|publisher=JKT48 Operation Team|accessdate=2018-08-06}}</ref>。これは劇場公演の出演メンバーが原則16人であることや、16人×3チームで「48」人になることが関係している{{R|tks2}}<ref>[http://realsound.jp/2014/11/post-1726.html “エビ中、SUPER☆GiRLS、TPD……中規模アイドルグループの可能性を分析”]. ''Real Sound'' (blueprint). (2014年11月9日) 2018年8月6日閲覧。</ref>。
|2020年{{0}}8月22日 -
|-
|style="background-color:#ca95c2" rowspan="2"|<span style="display:none">08</span>{{Color|#FFF|'''BNK48'''}}||{{Color sample|#9c8d72}} チームBIII||2017年12月24日<ref group="注" {{Efn2|name="team_">|結成発表日。正確な活動開始日は特定できない。</ref>}} -
|-
|{{Color sample|#E0115F}} チームNV||2019年11月16日<ref group="注" {{Efn2|name="team_" />}} -
|-
|style="background-color:#004799" rowspan="3"|<span style="display:none">09</span>{{Color|#FFF|'''MNL48'''}}||チームMII||2018年{{0}}5月{{0}}2日 -
 
=== AKB48グループ総監督 ===
2012年にAKB48グループのメンバーを統括するポストとして'''AKB48グループ総監督'''が創設された<ref name="{{R|so" />}}<ref>{{cite news2|url=https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/yuiyokoyama|title=たった一つ、願いごとが叶うなら? AKB総監督・横山由依が語った言葉|newspaper=BuzzFeed News|publisher=BuzzFeed Japan|date=2017-05-17|accessdate=2017-09-16}}</ref>。歴任者は、いずれもAKB48のメンバーであり、在任期間はチームA所属である。
 
# [[高橋みなみ]](2012年8月24日 - 2015年12月8日){{R|so|soukantoku}}
# [[横山由依]](2015年12月8日 - 2019年3月31日)<ref name="{{R|soukantoku" />}}
# [[向井地美音]](2019年4月1日 - )<ref name="{{R|soukantoku3" />}}
 
=== キャプテン・リーダー ===
AKB48グループのチームにおいては、AKB48チーム8を例外として「キャプテン」のポストが設けられている。グループ全体のキャプテンのポストについては、AKB48では当初から設けられたことがなく<ref group="注">{{Efn2|HKT48、TPE48もグループ全体のキャプテンはいない。NGT48は[[北原里英]]卒業後は不在である。</ref>}}、最初にグループ全体のキャプテンとなったのは、SDN48の[[野呂佳代]]であり、NMB48の[[山本彩]]、JKT48のメロディー・ヌランダニ・ラクサニらが続いて就任した。またチーム再編成によってSKE48は、グループ全体のキャプテンのポストを2013年に設けた(初代キャプテンは[[中西優香]])。SKE48では当初から、他のグループでチームのキャプテンと呼ぶポストを「リーダー」と呼んでおり、逆にグループ全体のリーダーを「キャプテン」と呼ぶことになった。2014年に開催された『AKB48グループ大組閣祭り』では、日本国内グループにおける副キャプテン・副リーダーの制度が導入された<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2034414/full/|title=【AKB組閣】たかみな、チームAキャプテン復帰 副キャプテン導入へ|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2014-02-24|accessdate=2017-09-16}}</ref>。なお、AKB48の2018年春からのチーム体制では副キャプテンが置かれていない。
 
; 現行体制
::: キャプテン:[[村山彩希]]<!--倉野尾成美-->
::; チーム8
::: キャプテン・副キャプテンのポストが設けられたことはない{{refnest|group=注Efn2|[[太田奈緒]]が暫定キャプテンとされたことはある<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2052631/full/|title=【AKB大運動会】5時間の激闘! チーム8が優勝 チームAは最下位で罰ゲーム|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2015-05-09|accessdate=2017-08-30}}</ref>。}}。
:; [[SKE48#歴代リーダー・キャプテン|SKE48]]
:: キャプテン:[[斉藤真木子]](劇場支配人兼務)
'''美術部'''<ref name="artc">{{cite web2|url=https://www.akb48.co.jp/art/|work=AKB48公式サイト|title=AKB48美術部展覧会|accessdate=2016-07-20}}</ref>
 
2012年4月発足{{R|artc}}。2012年1月10日、秋元康がGoogle+で「AKB画伯を集めて、個展をやろう」と発言したことに始まり、真っ先にイラストを投稿した[[片山陽加]]が部長に任命された。Google+で行われたメンバー募集では、当初AKB48および姉妹グループから49人の入部希望者が出た<ref>[http://www.j-cast.com/2012/02/11121888.html?p=all AKB48「美術部」が本格始動 美術手帖に連載、6月には展覧会も] J-CACTニュース(2012年2月11日)</ref>。美術部のメンバーには、秋元康が副学長を務めていた[[京都造形芸術大学]]の専門家による授業が行われた<ref>[https://plus.google.com/100757137373116382078/posts/NBS6yLMAPo9 2012年4月14日付けの秋元康のGoogle+の投稿]</ref>。最も早く創部された部活動。創部当初は唯一の部活動であったこと、兼部禁止が他の部ができてから作られたルールだったため、部活動制度の整備にあたっては転部者が相次いだ。姉妹グループごとにリーダーを置いているが、設定された時点でJKT48に所属しているメンバーはいなかったため、JKT48のグループリーダーは不在。活動内容は『[[週刊AKB]]』<ref group="注">{{Efn2|2012年5月18日放送の第145回『AKB48美術部SP』および2012年6月22日放送の第150回『AKB48美術部 全記録 〜展覧会への道〜』</ref>}}で紹介されていたほか、『[[美術手帖]]』([[美術出版社]])でも紹介されていた<ref>
* 「AKB美術部(vol.01)美術部!始動!」『美術手帖』2012年5月号第64巻(通号第966号)、pp. 190-193。
* 「AKB美術部(vol.02)線の極意を学ぶ」『美術手帖』2012年6月号第64巻(通号第967号)、pp. 258-261。
* 「AKB美術部(vol.04)ピカソの名画≪泣く女≫を紙粘土で制作!」『美術手帖』2012年8月号第64巻(通号第971号)、pp. 126-129。
* 「AKB美術部(vol.05)段ボールと厚紙で自分の靴をつくる」『美術手帖』2012年9月号第64巻(通号第973号)、pp. 168-171。
* 「AKB美術部 番外編 AKBメンバー、段ボール彫刻に挑戦 《MONUMENT FOR NOTHING Ⅱ》をつくる! (特集 会田誠)」『美術手帖』2013年1月号第65巻(通号第977号)、pp. 40-45。</ref>。また2012年4月29日から2013年10月27日まで、毎月最終日曜日の[[読売新聞]]日曜版で秋元康が連載しているエッセイ「秋元康の1分後の昔話」<ref group="注">{{Efn2|エッセイ自体は2018年1月現在も継続して連載中。</ref>}}に毎回2名のAKB美術部メンバーが交代制で「今月の画伯」としてイラスト等を担当<ref group="注">{{Efn2|2013年11月以降は、AKB美術部メンバーに限定されないAKB48グループメンバーが交代制で担当。</ref>}}。2012年6月15日から2012年7月8日にかけて、東京都千代田区外神田所在の「3331 Arts Chiyoda」においてAKB48美術部展覧会を開催している{{R|artc}}。また、2012年10月3日に発売された[[松井咲子]]の[[スタジオ・アルバム]]『[[呼吸するピアノ]]』のジャケットには、CD+DVD盤には[[佐藤夏希]]によるイラスト、CD ONLY盤には[[石田晴香]]の写真が使用されている<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/76315 |title=AKB48松井咲子、初ソロアルバム発売当日に記念イベント |date=2012-09-11|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|accessdate=2016-08-27}}</ref>。
* AKB48
** チームA:[[仲俣汐里]]、[[仁藤萌乃]]
!JKT
!BNK
!TPE<br /><ref group="注" {{Efn2|name="tken">|カッコ内の数字はAKB48台湾研究生の人数。合計には含んでいない。</ref>}}
!合計
|-
|6月28日||'''NMB48 5期生''' +10||124(8)||62||64||44||26(1)||76||387
|-
|7月12日||'''HKT48 4期生''' +10<ref group="注">{{Efn2|合格取り消しとなったメンバーは含んでいない。</ref>}}||124(8)||62||64||54||26(1)||76||397
|-
|7月31日||-1||124(8)||62||64||53||26(1)||76||396
!BNK
!MNL
!SH<br /><ref group{{Efn2|name="予備生">|カッコ内の数字はAKB48 CHINA予備生の人数。合計には含んでいない。</ref>}}
!TPE<br />{{REfn2|name="tken|group=注"}}
!SGO
!CGM
!SGO
!CGM
!DEL<br><ref group="注">{{Efn2|カッコ内の数字はNHK紅白歌合戦出場のため、先んじてお披露目されたメンバー(Glory)の人数。合計には含んでいない。</ref>}}
!合計
|-
!BNK
!MNL
!SH<br />{{Efn2|name="予備生"}}
!SH<br /><ref group="注">カッコ内の数字はAKB48 CHINA予備生の人数。合計には含んでいない。</ref>
!TPE<br />{{REfn2|name="tken|group=注"}}
!SGO
!CGM
|12月27日||-1||84||59||39||46||27||36(1)||31||56||40||53||41||0||25||22||555
|-
|月日不明||-18<ref group="注">{{Efn2|MNL48の卒業人数</ref>}}||84||59||39||46||27||36(1)||34||56||34||53||41||0||25||22||537
|-
|12月28日||-1||84||59||39||46||27||35(1)||31||56||34||53||41||0||25||22||536
!BNK
!MNL
!SH<br />{{Efn2|name="予備生"}}
!SH<br /><ref group="注">カッコ内の数字はAKB48 CHINA予備生の人数。合計には含んでいない。</ref>
!TPE<br />{{REfn2|name="tken|group=注"}}
!CGM
!DEL
|'''[[谷真理佳]]'''||HKT48チームKIV||SKE48チームE||
|-
|[[北原里英]]||AKB48チームK||NGT48||2015年8月21日||<ref group="注">{{Efn2|2015年8月26日までAKB48に在籍していたため、事実上の兼任期間があった。</ref>}}
|-
|rowspan="2"|'''[[伊豆田莉奈]]'''||AKB48チーム4||BNK48||2017年7月2日||
|小原春香||AKB48チームB||SDN48||2009年9月22日<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/21514|title=AKB48チームB小原春香、SDN48への移籍発表|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2009-09-23|accessdate=2017-09-12}}</ref> - 2010年4月16日||★
|-
|[[松井珠理奈]]||SKE48チームS||AKB48チームK||2012年3月24日 - 2015年12月24日||期間限定{{refnest|group=注Efn2|name="kennin1"|兼任発表時は期間限定とされたが<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/66661|title=SKE松井珠理奈、NMB渡辺美優紀がAKB48に期間限定加入|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2012-03-25|accessdate=2017-09-12}}</ref>、松井は2015年12月24日まで3年9か月間、渡辺は2014年4月までの兼任ののち、一時SKE48に兼任先を移したが、2015年9月より再度AKB48との兼任を開始しグループ卒業の2016年8月までの計3年間兼任状態が続いた。}}
|-
|rowspan="3"|[[渡辺美優紀]]||NMB48チームN||AKB48チームB||2012年3月24日 - 2014年4月23日||期間限定{{REfn2|name="kennin1|group=注"}}<br />▲
|-
|rowspan="2"|NMB48チームBII||SKE48チームS||2014年4月25日 - 2015年5月21日||▲
|AKB48チームB||2015年9月1日 - 2016年8月9日||再兼任<br />■
|-
|[[横山由依]]||AKB48チームA||NMB48チームN||rowspan=4|2012年11月1日 - 2013年4月28日||<ref group="注">{{Efn2|当初はチーム未定で、2012年12月19日にチームNに配属された。</ref>}}
|-
|北原里英||AKB48チームK||SKE48チームS||<ref group="注">{{Efn2|当初はチーム未定で、2013年1月29日にチームSに配属された。</ref>}}
|-
|[[石田安奈]]||SKE48チームKII||AKB48チームB||
|[[川本紗矢]]||AKB48チーム4||JKT48チームT||2018年9月16日 - 10月19日||短期交換留学
|-
|Stefi<ref group="注">{{Efn2|ステファニー・プリシラ・インダルト・プトゥリ</ref>}}||JKT48チームJ||AKB48||2018年9月18日 - 10月15日||短期交換留学
|-
|Mobile||BNK48チームBIII||AKB48||2018年9月18日 - 10月15日||短期留学
|アヤナ・シャハブ||JKT48チームKIII||JKT48チームT||2018年4月1日 - 6月30日||★
|-
|'''AKB48チーム8メンバー'''<ref group="注">{{Efn2|該当者は'''横山結衣'''、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、'''佐藤朱、岡部麟'''、本田仁美、'''清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小栗有以、小田えりな'''、佐藤栞、'''左伴彩佳、歌田初夏'''、横道侑里、'''服部有菜'''、野田陽菜乃、'''橋本陽菜、平野ひかる'''、長久玲奈、'''髙橋彩香、永野芹佳'''、太田奈緒、'''山本瑠香、大西桃香、濵咲友菜、奥原妃奈子'''、人見古都音、'''奥本陽菜、下尾みう、春本ゆき、行天優莉奈、高岡薫、吉田華恋、川原美咲'''、寺田美咲、'''倉野尾成美、山田杏華'''、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅。中野郁海の兼任先は以前のままで、'''坂口渚沙'''と山田菜々美は兼任先チームが変更された。</ref>}}||AKB48チーム8||他AKB48各チーム||2018年4月2日 - ||<ref group="注">{{Efn2|詳細は[[AKB48のグループ構成#組閣(2017年)]]を参照。</ref>}}
|-
|rowspan="3"|'''アニンディタ・ラーマ・チャヒャディ'''||rowspan="3"|JKT48チームKIII||JKT48チームT||2019年7月21日 - 12月31日||
{| class="wikitable sortable mw-collapsible mw-collapsed" style="font-size: small"
|+ AKB48グループ メンバーオーディション一覧
!colspan="2"|分類||rowspan="2"|形態||rowspan="2"|応募期間||rowspan="2"|最終審査||rowspan="2"|お披露目||colspan="3"|人数<ref group="注">{{Efn2|メンバーとして正式加入に至らなかった者は除く。「合格取り消し」も含んでいない。</ref>}}||rowspan="2"|特記事項
|-
!グループ||class="unsortable"|期/枠||全||現||元
|<span style="display:none">07</span>STU48||2018年{{0}}3月{{0}}3日||{{0}}5||{{0}}3||{{0}}2
|-
|<span style="display:none">12</span>TPE48<br /><ref group="注">{{Efn2|現・AKB48 Team TP。</ref>}}||[[AKB48 Team TP#TPE48第1期生オーディション|1期]]||正/研||2017年{{0}}9月{{0}}1日 - 10月{{0}}1日||2018年{{0}}2月{{0}}4日||2018年{{0}}3月10日||39||32||{{0}}7||公開(Web)
|-
|<span style="display:none">08</span>JKT48||[[JKT48#第6期生オーディション|6期]]||B||2017年10月{{0}}1日 - 11月{{0}}5日||2018年{{0}}4月{{0}}8日||2018年{{0}}4月{{0}}8日||14||{{0}}2||12||
|<span style="display:none">09</span>BNK48||[[BNK48#第3期生オーディション|3期]]||研||2020年{{0}}1月{{0}}2日 - {{0}}1月31日||{{Display none|2020年02}}||2020年{{0}}8月{{0}}9日||19||12||{{0}}7||
|-
|<span style="display:none">08</span>JKT48||[[JKT48#JKT48 Academyオーディション(10期生)|10期]]||B||2020年{{0}}6月{{0}}2日 - {{0}}6月30日||{{Display none|2020年08}}||2020年{{0}}8月27日||8||{{0}}0||8||{{refnest|group=注Efn2|JKT48 Academyオーディション(10期生)は2020年8月27日に合格発表があったが、グループの経営状況を考えてオーディションをキャンセルされた<ref>{{cite web2|url=https://jkt48.com/news/detail/id/1362?lang=id|title=Pengumuman Mengenai Generasi 10|work=JKT48 Official Web Site|publisher=|date=2020-12-04|accessdate=2021-06-09}}</ref>。}}
|-
|<span style="display:none">04</span>NMB48||[[NMB48#第7期生オーディション|7期]]||研||2020年{{0}}1月{{0}}1日 - {{0}}2月7日||{{Display none|2020年02}}||2020年{{0}}9月12日||12||12||{{0}}0||
 
=== CDデビュー ===
AKB48グループは[[#選抜メンバー|選抜メンバー制度]]が採用されているため、シングル表題曲やカップリング曲など形態を問わずCDデビューするまでの期間はメンバーによって異なる。初期から在籍するメンバーはグループのCDデビューとともにデビューとなる場合が多いが、一部のメンバーは所属グループのそれに先立ってAKB48の楽曲に選抜されデビューとなる場合がある{{refnest|group=注Efn2|SKE48の松井珠理奈が「[[大声ダイヤモンド]]」に選抜されたのが初のケースである<ref>{{cite news2|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/03/kiji/K20161003013468410.html|title=松井珠理奈、語り継がれる伝説 最年少11歳で選抜入り&単独ジャケ写|newspaper=Sponichi Annex|language=ja|publisher=スポーツニッポン新聞社|date=2016-10-17|accessdate=2018-03-11}}</ref>。}}。
 
=== 昇格 ===
先述のとおり、AKB48グループは「次の目標へのステップ」という概念のもとでの活動方針があるため、各メンバーはいずれグループから離脱することが前提となっている。一般的にAKB48グループを離脱する場合には「[[卒業]]」という表現が用いられる。卒業するメンバーは基本的に所属するグループの劇場で「卒業公演」を実施する。とくに人気や貢献度が高いようなメンバーに関しては卒業コンサートや卒業セレモニーが開催される場合があり、さらにオリジナルの卒業ソングやシングル表題曲におけるセンターが与えられることもある。
 
[[#研究生|研究生]]や活動歴の浅いメンバーに関しては「(活動)辞退」という表現が用いられる場合がある。またスキャンダルの引責としてグループ離脱を申し出る者も「卒業」ではなく「辞退」が用いられる場合がある。辞退するメンバーに関しては卒業公演も行われない場合が多い。そのほか、グループ離脱を指す表現としては「脱退{{refnest|group=注Efn2|AKB48の[[上村彩子 (声優)|上村彩子]]<ref>{{cite web2|url=https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10013705673.html|title=チームK上村彩子について|work=AKB48オフィシャルブログ|date=2006-06-17|accessdate=2017-11-13}}</ref>でのみ使用された表現。}}」「解雇」「契約解除」「契約満了{{refnest|group=注Efn2|[[AKB48のオーディション#バイトAKB|バイトAKB]]<ref>{{cite news2|url=http://www.entamenext.com/news/detail/id=1379|title=バイトAKBが集大成となる最初で最後の劇場公演で契約満了|newspaper=エンタメNEXT|publisher=徳間書店|date=2015-03-01|accessdate=2017-11-13}}</ref>でのみ使用された表現。}}」がある。
 
=== 卒業後の動向 ===
各グループを抜けた後にはプロジェクトの枠内に留まることはできず、グループ卒業はAKB48グループ卒業を意味する。所属事務所についても、日本国内ではNMB48を除いてグループ限定の運営会社であるため、卒業後は原則として事務所も退社することになる<ref group="注">{{Efn2|例外として元[[AKB48のオーディション#大人AKB48 オーディション|大人AKB48]]の[[塚本まり子]]のみAKSへの在籍を続けていた。</ref>}}。NMB48は運営会社のShowtitleを含み、同じ吉本興業系列会社ならばそのまま在籍できる場合がある<ref group="注">{{Efn2|[[KYORAKU吉本.ホールディングス]]に卒業後も在籍した者はいない。</ref>}}。JKT48、BNK48では運営会社にそのまま在籍し芸能活動を続ける者もいる。
 
グループ離脱後はアイドルを名乗らない場合がほとんどであり、[[俳優|女優]]、[[タレント]]、[[歌手]]、[[モデル (職業)|モデル]]、[[声優]]などとして芸能界で活動する者や、[[日本のアナウンサー|アナウンサー]]に転身する者<ref>{{cite news2|author=志和浩司|url=https://otonanswer.jp/post/7685/|title=中村麻里子&川栄李奈が活躍 AKB48卒業生の「強さ」はどこから来るのか|newspaper=オトナンサー|publisher=メディア・ヴァーグ|date=2017-08-13|accessdate=2017-11-13}}</ref>、芸能界を引退して学業に専念する者、一般職に就く者などさまざまである<ref>{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1800126.html|title=女子アナ、女優…AKB卒業後の進路も悲喜こもごも|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-04-02|accessdate=2017-11-13}}</ref>。一方で、AKB48グループとは無関係のアイドルグループに加入したり、自らが代表となってアイドルグループを立ち上げたりする例もある<ref>{{cite web|url=https://www.oricon.co.jp/news/2183996/|title=“元・国民的アイドルグループ”達家真姫宝、アイドルとして再出発グラビア|date=2021-02-09|website=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|accessdate=2021-07-19}}</ref><ref>{{Cite news|url= https://mantan-web.jp/article/20210324dog00m200005000c.html |title= 渡辺美優紀:“みるきー”プロデュースのガールズユニット デビュー曲MV公開 |newspaper= まんたんウェブ |publisher= 株式会社MANTAN |date= 2021-03-24 |accessdate= 2021-04-18 }}</ref>。
 
=== 主なイベント ===
* [[AKB48のコンサート一覧#リクエストアワー|AKB48グループ リクエストアワー]](2009年 - 2020年)<ref group="注">{{Efn2|姉妹グループが存在しなかった2008年1月から毎年1回開催されており、2015年までのイベント名は『AKB48 リクエストアワー』であった。</ref>}}
* [[AKB48選抜総選挙]](2009年 - 2018年)
* 見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜(2011年5月 - 6月)
** 「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜(2012年5月)
** 「思い出せる君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜(2013年5月)
* AKB48グループ成人式(2012年 - 、[[神田明神]]){{Refnest|group="注"Efn2|2021年以降は新型コロナウイルス感染拡大のため合同開催は中止となり、姉妹グループごとに本拠地で行うことになった。AKB48は2021年では[[成人の日]]から3月21日に延期し開催した<ref>{{Cite news|url=https://mdpr.jp/news/detail/2493468|title=AKB48メンバー17人、2ヶ月遅れで成人式 倉野尾成美「雑草魂世代です」<全員コメント>|date=2021-03-21|newspaper=モデルプレス|publisher=ナターシャ|accessdate=2021-04-17}}</ref>。}}<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/62425|title=AKB&SKEメンバー19人が成人式「今年はもっと飛躍する」|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2012-01-09|accessdate=2018-02-11}}</ref><ref>{{cite web2|url=https://ameblo.jp/akihabara48/entry-12340677944.html|title=2018年AKB48グループ成人式に関して|work=AKB48オフィシャルブログ|date=2017-12-31|accessdate=2018-02-11}}</ref>
* [[AKB48グループじゃんけん大会]](2011年 - 2018年)<ref group="注">{{Efn2|イベント自体は2010年に第1回が実施されたが、AKB48以外のグループが参加するようになったのは2011年開催の第2回からである。</ref>}}
* AKB48紅白対抗歌合戦(2011年 - 2018年)
* [[AKB48のオーディション#AKB48グループ ドラフト会議|AKB48グループ ドラフト会議]](2013年・2015年・2018年)
* AKB48グループ チーム対抗大運動会(2015年・2016年)
* [[加藤玲奈 (AKB48)#れなっち総選挙|れなっち総選挙]](2015年 - 2017年)
* AKB48グループ センター試験(2018年)<ref name="{{R|center" />}}
* AKB48 Group Asia Festival(2019年1月・2019年8月・2021年6月) - AKB48・JKT48・BNK48・MNL48・AKB48 Team SH・AKB48 Team TP・SGO48{{R|asiafes}}
 
=== コラボレーション ===
* AKB48 GROUP×[[Tポイント|Tカード]](2015年4月1日発行、Tポイント・ジャパン) - AKB48・SKE48・NMB48・HKT48<ref>{{cite news2|url=http://www.poitan.jp/archives/10757|title=Tカード、ファミマTカードのAKB48グループデザイン「AKB48グループ×Tカード」が2015年4月1日から発行開始|newspaper=ポイ探ニュース|publisher=ポイ探|date=2015-01-22|accessdate=2018-03-12}}</ref><ref>[http://top.tsite.jp/special/akb48g/ AKB48 GROUP×Tカード] - T-SITE(TSUTAYA) 2018年3月12日閲覧。</ref>
* [[ビックリマン|AKBックリマンチョコ]](2017年6月6日、[[ロッテ]]) - チームEAST:AKB48・NGT48、チームWEST:SKE48・NMB48・HKT48{{refnest|group=注Efn2|『[[AKB48 45thシングル 選抜総選挙]]』にランクインし、発売当時に在籍していたメンバーがキャラクターとして登場している<ref>{{cite news2|url=https://netatopi.jp/article/1062319.html|author=工藤ひろえ|title=AKB48とビックリマンチョコがコラボ! 「AKBックリマンチョコ<チームEAST><チームWEST>」6/6(火)発売〜2017年総選挙TOP3メンバーのホロシールが当たるキャンペーンも|newspaper=ネタとぴ|publisher=インプレス|date=2017-05-30|accessdate=2018-03-12}}</ref>。}}
 
=== 慈善活動 ===
{{Main2|詳細は「[[AKB48の劇場公演]]」、「[[SKE48#劇場公演]]」、「[[SDN48#AKB48劇場での公演]]」、「[[NMB48#公演]]」、「[[HKT48#公演]]」、「[[NGT48#公演]]」、「[[STU48#公演]]」、「[[JKT48#公演]]」、および「[[BNK48#公演]]」を}}
 
AKB48グループの活動の軸として、おもに各グループの専用劇場で劇場公演を行っている<ref name="{{R|tks2" />}}。劇場公演は一般の[[演奏会|ライブやコンサート]]の一種であるが、AKB48グループの劇場で行われるものは一貫して「(劇場)公演」と呼ばれ、ライブ・コンサートとは分けられている。劇場公演用のセットリストが用意され、各チームが繰り返し上演する。AKB48のオリジナル公演を姉妹グループが踏襲する場合などは「おさがり公演」と呼ばれる<ref name="rs2013">[https://realsound.jp/2013/09/ske48cd-1.html ““おさがり公演”からの決別宣言? SKE48が劇場公演CDを今になって発売したワケ”]. ''Real Sound'' (blueprint). (2013年9月1日) 2020年1月22日閲覧。</ref>。本来、おさがり公演を行った後に順次オリジナル公演を実施することになっており、2013年8月には当時の日本国内全チームの新公演を書き下ろすことが発表されたが<ref>[https://natalie.mu/music/news/97908 “AKB48グループ、全チームのオリジナル新公演日程を発表”]. ''音楽ナタリー'' (ナターシャ). (2013年8月23日) 2020年1月22日閲覧。</ref>、秋元康ら制作陣の多忙などにより、ほぼ実現していない<ref name="{{R|rs2013" />}}。2012年に実施された[[AKB48の劇場公演#ウェイティング公演|AKB48各チームのウェイティング公演]]以降は、既存楽曲から選曲したセットリストによる劇場公演も行われるようになっている。日本国内グループの劇場公演の映像は[[DMM.com]]で「AKB48グループ LIVE!! ON DEMAND」としてライブ・アーカイブ配信されている<ref>[https://www.dmm.com/lod/ DMM.com LIVE!! ON DEMAND]</ref>。
 
公演フォーマットは、[[AKB48関連の楽曲一覧#overture|overture]] → 全体曲 → ユニット曲 → 全体曲 → アンコール後の全体曲という順に楽曲が披露され、都度メンバーの自己紹介とMCが入る<ref group="注">{{Efn2|グループ、チーム、公演によって多少異なる場合がある。</ref>}}。開演前と終演後にはメンバーによる影アナウンスが行われる。
 
通常公演の他に、以下のような特殊形態の公演が行われる場合がある。
|-
![[チームA 3rd Stage「誰かのために」|誰かのために]]
|AKB48チームA||{{リスト|NMB48チームN(2011年<ref group="注">{{Efn2|チームNが結成される前から通算。</ref>}}・2012年)|JKT48チームJ(2014年)|JKT48チームT(2017年)|NMB48チームM(2019年)}}
|-
![[チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」|脳内パラダイス]]
|-
![[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」|手をつなぎながら]]
|SKE48チームS||{{リスト|SKE48チームKII(2009年)|HKT48チームH(2011年)<ref group="注">{{Efn2|チームHが結成される前から通算。</ref>}}|AKB48チーム4(2013年・2018年)|SKE48チームE(2014年・2018年)|JKT48チームT(2015年)|HKT48チームTII(2016年)<ref group="注">{{Efn2|当初は「チームTII+研究生」名義。</ref>}}|SKE48(リバイバル、2019年)}}
|-
![[チームK 5th Stage「逆上がり」|逆上がり]]
|2017年
![[チームNIII 3rd Stage「誇りの丘」|誇りの丘]]
|NGT48チームNIII<ref group="注">{{Efn2|オリジナルは『ぱちんこAKB48』であるが、先行して楽曲が使用された。</ref>}}||-
|}
 
: '''秋元伸介'''<!--あきもと のぶゆき-->(Y&N Brothers)、'''磯野久美子'''(秋元康事務所)、'''藤田浩幸'''([[電通]])、'''内村和樹'''(オサレカンパニー代表取締役、AKS執行役員)<ref name="56th">{{Cite book|和書|author=AKB48|title=[[サステナブル]]|date=2019-09-18|year=2019|publisher=キングレコード}}</ref>
; 過去のプロデューサー
: 細井孝宏、阿比留一彦(電通)、[[松村匠]](AKS、元運営責任者・元取締役<ref name="ngt2019">[https://www.oricon.co.jp/news/2127434/full/ “NGT48運営が会見 対応遅れを謝罪 当初は公表予定なく「メンバーの保護を…」”]. ''ORICON NEWS'' (oricon ME). (2019年1月14日) 2019年1月14日閲覧。</ref>{{refnest|group=注Efn2|2019年7月1日付でAKS取締役を退任し、[[IZ*ONE]]責任者(事業担当)に異動<ref>{{cite news2|title=NGT48、暴行事件再発防止策 運営会社は役員を刷新|date=2019-07-01|url=https://www.asahi.com/articles/ASM7145L4M71UCVL00K.html|newspaper=朝日新聞デジタル|publisher=朝日新聞社|accessdate=2019-07-03}}</ref><ref>{{cite news2|title=NGT会見で炎上のAKS松村匠氏 取締役を退任し、IZ*ONE責任者に異動|date=2019-07-02|url=https://hochi.news/articles/20190702-OHT1T50218.html|newspaper=スポーツ報知|publisher=報知新聞社|accessdate=2019-07-03}}</ref>。}})、牧野彰宏
; アシスタントプロデューサー
: '''熊谷隆宏'''、'''木島森'''(電通)、'''上原匡弘'''(スタジオワンダーウォール)、'''松下大亮'''(電通)、'''[[北川謙二]]'''(ノース・リバー)、'''松本伸夫'''、'''洲﨑大樹'''、'''中根美里'''(Y&N Brothers)、'''徳永悠太'''(STU48プロデューサー){{R|56th}}
; AKB48グループ衣装総責任者 / クリエイティブディレクター
: '''茅野しのぶ'''<ref name="gm2017">{{cite news2|url=https://mdpr.jp/news/detail/1679384|title=AKB48グループで人事異動を発表 一部制度を廃止|newspaper=モデルプレス|publisher=ネットネイティブ|date=2017-04-17|accessdate=2017-09-15}}</ref>
; AKB48グループ総支配人{{refnest|group=注Efn2|2017年4月に廃止{{R|gm2017}}。}}
:# 戸賀崎智信(2013年 - 2014年){{R|gm2013|daisokakus}}
:# 茅野しのぶ(2014年 - 2017年4月){{R|daisokakus|gm2017}}
; 劇場支配人<ref group="注">{{Efn2|AKB48グループのCDや書籍などのクレジットには、General Manager([[ゼネラルマネージャー]])と表記されている。</ref>}}
:; AKB48劇場支配人
::# 戸賀崎智信(2005年 - 2013年){{R|gm2013}}
::# 湯浅洋(2013年 - 2015年){{R|gm2013|gm2015}}{{refnest|group=注Efn2|信任投票の不信任により、初期は「劇場支配人研究生」という扱いであった<ref>{{cite news2|url=http://www.sankei.com/entertainments/news/130128/ent1301280008-n1.html|title=AKB支配人「信任投票」 1人が不信任で「研究生」に|newspaper=産経ニュース|publisher=産経デジタル|date=2013-01-28|accessdate=2017-09-15}}</ref>。}}
::# 茅野しのぶ(2015年 - 2017年4月){{R|daisokakus|gm2017}}
::# 細井孝宏(2017年4月 - 2019年3月7日) - 細井の退任後は空席{{R|gm2017}}<ref name="hit">[https://www.oricon.co.jp/news/2131099/full/ “AKB48劇場支配人・細井孝宏氏が退任 NGT48めぐりSNSに不適切な投稿”]. ''ORICON NEWS'' (oricon ME). (2019年3月7日) 2019年3月7日閲覧。</ref>
:; SKE48劇場支配人
::# 湯浅洋(2008年 - 2013年)
::# 芝智也(2013年 - 2017年){{R|gm2013}}{{refnest|group=注Efn2|2014年より劇場支配人研究生となり{{R|daisokakus}}、2015年1月にAKB48劇場支配人への異動が発表されたが{{R|gm2015}}、同年3月にSKE48劇場副支配人として留任となった<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/|title=AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2015-03-26|accessdate=2017-09-15}}</ref>。2017年にHKT48の運営部に異動<ref>{{cite web2|author=SKE48支配人 湯浅洋|url=https://twitter.com/SKE48_YUASA/status/865821159660507136|date=2017-05-20|title=本日の日本ガイシホールでの大写真会で、|work=Twitter|accessdate=2017-09-15}}</ref>。}}
::# [[今村悦朗]](2014年 - 2015年){{R|daisokakus}}
::# 湯浅洋(再任、2015年 - 2019年7月4日)<ref name="gm2015">{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/136975|title=新グループはNGT48、新潟に新劇場オープン|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2015-01-25|accessdate=2017-09-15}}</ref>{{refnest|group=注Efn2|JKT48スペシャルアドバイザーに異動<ref name="zest">{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2139439/full/|title=SKE48キャプテン斉藤真木子が劇場支配人に就任「さらなる飛躍のために」|newspaper=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|date=2019-07-05|accessdate=2019-07-06}}</ref>。}}
::# '''[[斉藤真木子]]'''(メンバー兼務、2019年7月5日 - ){{R|zest}}{{refnest|group=注Efn2|正式な発表はないが、SKE48のシングル「[[ソーユートコあるよね?]]」にはGeneral Managerとして'''小原由加'''と記載されている<ref>{{Cite book|和書|author=SKE48|title=[[ソーユートコあるよね?]]|date=2020-01-15|year=2020|publisher=エイベックス・エンタテインメント}}</ref>。}}
:; NMB48劇場支配人
::# '''金子剛'''(2010年 - )
:; NGT48劇場支配人
::# 今村悦朗(2015年 - 2019年1月){{R|gm2015|ngt2019}}
::# 早川麻依子(2019年1月14日 - 2020年3月31日){{R|ngt2019|unei2020}}<ref name="unei2020" />
:; NGT48劇場副支配人
::# 岡田剛(2019年1月14日 - 2020年3月31日 ){{R|ngt2019|unei2020}}<ref name="unei2020" />
:; STU48劇場支配人
::# 山本学(2017年 - 2020年7月31日)、指原莉乃(メンバー兼務、2017年2月 - 11月)<ref>{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1795762.html|title=STU劇場支配人に山本学氏 HKT指原をサポート|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-03-21|accessdate=2017-09-15}}</ref>
:; JKT48劇場支配人
::# 稲尾次郎(2011年 - 2017年){{refnest|group=注Efn2|2017年3月21日に死去<ref>{{cite news2|author=デイビッド・ブレッケン|url=http://www.campaignjapan.com/article/電通メディア社員がインドネシアで自殺/434949|title=電通メディア社員がインドネシアで自殺|newspaper=Campaign Japan 日本|publisher=キャンペーン・アジアパシフィック|date=2017-03-24|accessdate=2017-09-15}}</ref>。}}
::# '''メロディー・ヌランダニ・ラクサニ'''(メンバー兼務:2015年 - 2018年3月、ゼネラルマネージャー:2018年4月 - )<ref>{{cite news2|url=https://natalie.mu/music/news/150678|title=JKT48、仲川遥香がチームTキャプテンに就任|newspaper=音楽ナタリー|language=ja|publisher=ナターシャ|date=2015-06-15|accessdate=2017-09-15}}</ref><ref>{{cite news2|author=中島昭浩|url=https://www.jakartashimbun.com/free/detail/40940.html|title=メロディーさん裏方に 卒業コンサートで発表|newspaper=じゃかるた新聞|publisher=PT. BINA KOMUNIKA ASIATAMA|date=2018-03-26|accessdate=2018-05-18}}</ref>
::# '''見城良'''<ref>[https://www.youtube.com/watch?v=HxucHjcVQAQ <nowiki>[MV]</nowiki> UZA - JKT48] - YouTube</ref>
 
=== 注釈 ===
{{Notelist2}}
{{Reflist|group="注"}}
 
=== 出典 ===