コンテンツにスキップ

「エドゥアール・リウー」の版間の差分

m
 
== 経歴 ==
[[File:L'inauguration du canal de Suez, 17 November 1869 Gal18 riou 001f.jpg|thumb|right|280px|<small>「[[スエズ運河]]の開通 1869年11月17日」(油彩)</small>]]
エドゥアール・リウーは[[イル=エ=ヴィレーヌ県]]サン=セルヴァン([[:en:Saint-Servan|Saint-Servan]])で1833年12月2日に生まれる。子供時代は港湾都市[[ル・アーヴル]]で過ごし、海辺の生活に親しんだ。
 
ニュース雑誌では、アシル・ブーディリエが1857年に創刊した「[[ル・モンド・イリュストレ]]」に[[1857年]]7月18日から[[1886年]]まで寄稿し、[[ナポレオン・ジョゼフ・シャルル・ポール・ボナパルト|ナポレオン・ジェローム]]と[[マリーア・クロティルデ・ディ・サヴォイア|マリーア・クロティルデ・ディ・サヴォイア]]との婚礼記事が特筆された<ref>''Le Monde illustré'' du 2 décembre 1859</ref>。1858年5月23日から[[1895年]]まではミシェル・レヴィが創刊した「[[ユニヴェール・イリュストレ]]」で働き、[[1861年]]から[[1894年]]まではエドゥアール・シャルトンが創刊したパリの旅行雑誌「[[ル・トゥール・デュ・モンド]]」の58の旅行記事に1,193点のイラストを描いた。
 
書物の挿絵でも活躍し、彼の[[ギュスターヴ・ドレ]]のそれと近しい画風のイラストは[[ピエール=ジュール・エッツェル]]が出版する[[ジュール・ヴェルヌ]]の「[[驚異の旅]]」を飾った。『[[気球に乗って五週間]]』(1863年)、『[[地底旅行]]』(1867年)、『[[グラント船長の子供たち]]』(1868年)、『[[海底二万里]]』(1869年)、『[[チャンセラー号の筏]]』(1875年)、など多数の作品がリウーの挿絵である。ほかにも[[ウォルター・スコット]]の『[[アイヴァンホー]]』(1880年)、[[アレクサンドル・デュマ]]の『[[モンテ・クリスト伯]]』(1887年)、[[フランソワ=オーギュスト・ビアール]]やエルクマン=シャトリアン([[:en:Erckmann-Chatrian|Erckmann-Chatrian]])の作品群が挙げられる。リウーはまた[[カミーユ・フラマリオン]]の"{{lang|fr|Le Monde avant la création de l'homme}}"(人類創世以前の地球)や[[ルイ・フィギェ]]([[:en:Louis Figuier|Louis Figuier]])の"{{lang|fr|La Terre avant le déluge}}"(大洪水以前の大地)といった[[通俗科学]]書、アメリカの歴史家、[[:en:John Clark Ridpath|ジョン・クラーク・リドパス]]の「[[:en:Cyclopedia of Universal History|世界史の百科事典]]」などの挿絵も描いた<ref>Béguet (1994) : 32.</ref>
 
ほかにも[[ウォルター・スコット]]の『[[アイヴァンホー]]』(1880年)、[[アレクサンドル・デュマ]]の『[[モンテ・クリスト伯]]』(1887年)、[[フランソワ=オーギュスト・ビアール]]やエルクマン=シャトリアン([[:en:Erckmann-Chatrian|Erckmann-Chatrian]])の作品群が挙げられる。リウーはまた[[カミーユ・フラマリオン]]の"{{lang|fr|Le Monde avant la création de l'homme}}"(人類創世以前の地球)や[[ルイ・フィギェ]]([[:en:Louis Figuier|Louis Figuier]])の"{{lang|fr|La Terre avant le déluge}}"(大洪水以前の大地)といった[[通俗科学]]書、アメリカの歴史家、[[:en:John Clark Ridpath|ジョン・クラーク・リドパス]]の「[[:en:Cyclopedia of Universal History|世界史の百科事典]]」などの挿絵も描いた<ref>Béguet (1994) : 32.</ref>。
 
彼は出版者たちからの推薦で[[レジオンドヌール勲章|レジオン・ドヌール勲章]]の騎士に任命された。彼は1900年1月27日に[[3区 (パリ)|パリ3区]]の[[:fr:Rue des Arquebusiers|アークェブジュ通り]]19番にある自宅で死去し<ref>[http://archives.paris.fr/arkotheque/visionneuse/visionneuse.php?arko=YTo2OntzOjQ6ImRhdGUiO3M6MTA6IjIwMjAtMDctMTkiO3M6MTA6InR5cGVfZm9uZHMiO3M6MTE6ImFya29fc2VyaWVsIjtzOjQ6InJlZjEiO2k6NDtzOjQ6InJlZjIiO2k6Mjc2NTk5O3M6MTY6InZpc2lvbm5ldXNlX2h0bWwiO2I6MTtzOjIxOiJ2aXNpb25uZXVzZV9odG1sX21vZGUiO3M6NDoicHJvZCI7fQ==#uielem_move=-3%2C14&uielem_rotate=F&uielem_islocked=0&uielem_zoom=150 Archives de Paris 3e, acte de décès {{numéro|141}}, année 1900 (vue 19/27)]</ref>、[[ペール・ラシェーズ墓地]]93区に埋葬された<ref>[http://archives.paris.fr/arkotheque/visionneuse/visionneuse.php?arko=YTo2OntzOjQ6ImRhdGUiO3M6MTA6IjIwMjAtMDctMTkiO3M6MTA6InR5cGVfZm9uZHMiO3M6MTE6ImFya29fc2VyaWVsIjtzOjQ6InJlZjEiO2k6MjU7czo0OiJyZWYyIjtpOjMwNTgyO3M6MTY6InZpc2lvbm5ldXNlX2h0bWwiO2I6MTtzOjIxOiJ2aXNpb25uZXVzZV9odG1sX21vZGUiO3M6NDoicHJvZCI7fQ==#uielem_move=-353%2C-1352&uielem_rotate=F&uielem_islocked=0&uielem_zoom=187 Registre journalier d'inhumation de Paris Père-Lachaise de 1900, en date du 7 mars (vue 12/31)] [http://archives.paris.fr/arkotheque/visionneuse/visionneuse.php?arko=YTo2OntzOjQ6ImRhdGUiO3M6MTA6IjIwMjAtMDctMTkiO3M6MTA6InR5cGVfZm9uZHMiO3M6MTE6ImFya29fc2VyaWVsIjtzOjQ6InJlZjEiO2k6MjU7czo0OiJyZWYyIjtpOjMwNTgxO3M6MTY6InZpc2lvbm5ldXNlX2h0bWwiO2I6MTtzOjIxOiJ2aXNpb25uZXVzZV9odG1sX21vZGUiO3M6NDoicHJvZCI7fQ==#uielem_move=-124%2C-91&uielem_rotate=F&uielem_islocked=0&uielem_zoom=147 (après son inhumation dans un caveau provisoire le 29 janvier 1900 dans le même cimetière (vue 13/31))]</ref>。