「寺内壮」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
 
| 備考 = ニッポン放送所属時は、氏名表記でファーストネームを平仮名で表記。<br />また、戸籍上の氏名表記は「'''寺内 壯'''」
}}
'''寺内 壮'''(てらうち たけし、[[1960年]][[5月23日]] - )は、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]社員、元[[テレビプロデューサー]]、元[[ニッポン放送]][[アナウンサー]]、[[マネージャー#芸能界のマネージャー|芸能マネージャー]]。
 
== 来歴 ==
[[大阪府]][[大阪市]]出身。1979年3月、[[大阪府立生野高等学校]]<ref name = "IkunoHighSchool">{{Cite web |url = https://ikuno100.com/message/pdf/terauchi.pdf |title = 高31期 寺内 壮 日本テレビ放送網株式会社総務局まちづくり広場プロデューサー |format = PDF |publisher = [[大阪府立生野高等学校]] |date = 2020-4-4 |accessdate = 2021-7-1 }}</ref>、1983年3月、[[関西学院大学]]社会学部卒業後の同年4月に[[芸能プロダクション]]の[[アミューズ]]に入社<ref name = "IkunoHighSchool" />。
 
芸能マネジャーとして、[[サザンオールスターズ]]の付き人から始まり、[[H2O (日本の歌手グループ)|H2O]]、[[宮崎ますみ]]等のマネジメント業務に従事し、26歳の時にタクシーに乗車中ニッポン放送のラジオパーソナリティ募集のラジオCMの耳にし、最初は縁が無いと思慮していたが、タレントマネジメントの仕事で同局に来訪した際、知人のディレクターに薦められ、そのまま選考書類を提出、中途採用に応募<ref>東京新聞 文化欄 Who’s Who</ref>。
 
1987年3月、アミューズを退職し、同年4月[[ニッポン放送]]に移籍。主に音楽番組のパーソナリティとして、『オールナイトニッポン』第2部等<ref>月刊[[ラジオパラダイス]] 1988年7月号 特集「これが史上最強のオールナイトニッポン2部だ」p.8</ref><ref name = "Radipara_8807">月刊ラジオパラダイス 1988年7月号 特集「これが史上最強のオールナイトニッポン2部だ」p.32-33</ref>、様々な番組に出演しつつ、バラエティ番組のラジオディレクターとして番組制作を担当していた。
 
1991年3月、ニッポン放送を退職し、同年4月、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]に移籍。テレビ番組のプロデューサーとして主にバラエティ番組<ref name = "Radipara_8807" />や音楽番組の制作を担当。
 
2007年7月人事にて、編成部に異動。
2007年7月人事にて、編成部に異動。2011年12月人事にて、情報エンターテインメント局に異動。2014年6月人事にて、長年携わった番組制作業務から退き、総務局ファシリティ推進部兼社長室麹町再開発事務局に異動し、[[日本テレビ放送網麹町分室|旧日本テレビ麹町ビル]]の閉鎖、解体に伴う、日本テレビ通り沿道まちづくり業務を担当しており、2021年6月付人事にて総務局不動産事業部まちづくりプロデューサーに就任<ref name = "IkunoHighSchool" />。
 
2011年12月人事にて、情報エンターテインメント局に異動。
 
2007年7月人事にて、編成部に異動。2011年12月人事にて、情報エンターテインメント局に異動。2014年6月人事にて、長年携わった番組制作業務から退き、総務局ファシリティ推進部兼社長室麹町再開発事務局に異動し、[[日本テレビ放送網麹町分室|旧日本テレビ麹町ビル]]の閉鎖解体に伴う、日本テレビ通り沿道まちづくり業務を担当しており、2021年6月付人事にて総務局不動産事業部まちづくりプロデューサーに就任<ref name = "IkunoHighSchool" />
 
2021年6月付人事にて、総務局不動産事業部まちづくりプロデューサーに就任<ref name="IkunoHighSchool" />。
 
== 出演番組 ==

案内メニュー