コンテンツにスキップ

「シロテン」の版間の差分

add, copyedit
(add, copyedit)
(add, copyedit)
字形は読点と同じく、涙滴状で[[縦組み]]の際に[[全角]]取りの右上隅に置かれるが、句点と同じく白抜きとなる。
 
『句読点活用辞典{{R|句読点活用辞典}}』では『文章は終わっても、次の文に文意が続く場合に打つ』とあり{{R|dnp}}、英文での[[セミコロン]]のように使われた{{R|楚囚之詩}}{{R|平安時代史事典}}{{R|twitter_fzk06736}}{{R|twitter_terada50397416}}。また、『句読点活用辞典』では『文章は終わっても、次の文に文意が続く場合に打つ』とある{{R|dnp}}。現代[[日本語]]の正書法では、句読の記号には「[[句点|。]]」と「[[読点|、]]」のように2種の[[約物]]が用いられ、句読の記号としてそれ以上の数の約物が用いられることはほとんどない(詳細は[[句読点]]を参照)。
 
== 提案 ==
[[Image:U+3001 vertical.svg|thumb|120px|right|読点(テン)。縦組み。]][[Image:U+3002 vertical.svg|thumb|120px|right|句点(マル)。同じく。]]
[[山田美妙]] (1868-1910) は日本語の表記法についてさまざまな実験と提案を行い、[[言文一致体]]の成立に大きな役割をはたした。彼は『日本大辞典』([[1892年|1892]]-[[1893年]]刊)で、読点「、」と句点「。」に加え、それらの中間の約物としてシロテンを用いている{{R|句読点研究会}}{{R|吉村|page1=55}}。{{要出典範囲|date=2021年12月|しかし、この表記法が広まることはなく、当の山田も著作で積極的に使うことはなかった。}}
 
[[1946年]]、[[文部省]]は、省が発行する文書の[[日本語の表記体系|表記法]]のガイドラインとして、『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』など4篇の文書を出版した。これは他官庁や一般社会での用字の参考となることも想定していた。『くぎり符号の使ひ方』では、[[読点]](「テン」)は原則として文の中止に用い、直前が終止形であっても文意が続く場合にはテンを用いるとした。しかし、後の場合については「ほかのテンとのつり合ひ上」[[句点]](「マル」)を用いる場合もあるとし、「この項のテンは、言はゞ、半終止符ともいふべきものであるから、将来、特別の符号(例へば「[[Image:U+FE46.svg|12px|&#xFE46;]]<!-- ここでは白ゴマで代用しているがシロテンと白ゴマは異なることに注意 -->〈シロテン〉」のごときもの)が広く行はれるやうになることは望ましい。」とした{{R|文部省}}{{Efn|引用中の漢字は新字体にあらためたが、仮名遣いは原文どおりとした。[[ルビ]]は〈……〉で囲って示した。}}。
| publisher = [[角川書店]]
| isbn = 978-4-04-031700-7
}}</ref>
<ref name="句読点活用辞典">{{Cite book|和書
| title = 句読点活用辞典
| publisher = 栄光出版社
| author = 大類雅敏
| date = 2006-05-15
| isbn = 978-4754100810
}}</ref>
<ref name="吉村">{{Cite journal|和書