「ノート:小室圭」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎白紙化保護解除: センシティブな内容やプライバシー関連)
編集の要約なし
 
{{コ|削除依頼}} に関する話(が出ておりますので)をこちらに書かせていただきます(ですがTaisyoさんに意見するのではありません)。4年前の[[Wikipedia:削除依頼/小室圭]]は、とりあえず百科事典の存命人物の記事としては時期尚早ということであり、審議の中では[[黒田慶樹]]の記事を引き合いに出し、今現在にも通じる論点がすでに言われていたようです。その後も(マスコミに担保させると)9月に入って年内の結婚が確実となった以降の{{oldid|86114059|section=小室圭(ノート / 履歴 / ログ / リンク元)|削除の復帰依頼}}での議論がありました。記事の対象側の経緯としては、(マスコミの取り上げ方よりも)事実として去年の今ごろの時点で結婚そのものは確実になっていました。しかし、ここまで延期され続けたので、実際に結婚しないことには(世間一般であれ百科事典の編集者であれ)信じられないとかびくびくするところがあったと思います。そのような時期の中、10月1日に同月26日の結婚が宮内庁により公式に発表されました。タイミングとしては司法試験の結果がわかる数日前で絶妙、ロースクールでは成績優秀との前評判もあり、想定内のことであるのにまさかと思う面があったと思います。ですけど弁護士の肩書きは、それだけでは特筆性には繋がらないです。ということで私が考える削除に関わる論点は、まず第一に女性皇族の[[黒田清子]]と結婚した一般人との比較になり、「黒田慶樹および小室圭」としての削除依頼が浮かびます。ちなみに皇籍離脱後の元皇族の例にはなりますが、[[酒井通子]]の最初の夫の永岡義久は、その後の(文芸評論家あたりの)素直な特筆性がありそうですが記事はありません。そもそも当時は[[菊タブー]]の風潮がまだ残り、出来事に関しては信頼できる情報源による資料は記事を作るには足りないと思いますが。それで上で出典としての週刊誌ネタの是非が問われてもいます。週刊誌は[[Wikipedia:検証可能性#信頼性に乏しい情報源]]に該当するため、それをもとにした記述は(その情報源が特化した分野において)重要であれば残す、そうでなければ除去する、いずれにしても信頼できる情報源に化けることはないです。信頼できる情報源が言葉を濁して報じたことの詳細であっても、信頼性に乏しい情報源しか報じないことを確かな出典があると主張される方は、今後の法的リスクもあわせて存続側の(黒田慶樹とともに残すなど)特筆性の理由に分裂が生じる懸念があることをよくお考えになっていただきたいです。--[[利用者:市井の人|市井の人]]([[利用者‐会話:市井の人|会話]]) 2021年11月18日 (木) 05:10 (UTC)
 
昨日、[[Wikipedia:削除依頼/小室圭 20211119]]が出されたみたいです。このノートで現時点で削除依頼に進む意見はまとまっていないと思います。存続派・削除派の意見がまとまっていない状況で、議論の分散→混沌化につながると判断しています。私としての立場は、[[Wikipedia:削除依頼/小室圭 20211119]]については事実上の議論放棄。わかりやすい形で仕切り直した方が良いのかもしれないですが、このページ内でこの記事の在り方についてまとめるべきだと思います。参考までに、私自身はこの記事はあっても良いと思っています(だからと言って、この議論に極力口をはさむことはしないつもりですし、決まったことに関してはそのようにしていきたいと思います)。--[[利用者:Taisyo|Taisyo]]([[利用者‐会話:Taisyo|会話]]) 2021年11月20日 (土) 00:41 (UTC)

案内メニュー