コンテンツにスキップ

「ダルマパーラ・ラクシタ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ダルマパーラ・ラクシタ'''(Dharmapala- rakshita、[[1268年]] - [[1287年]])は、[[チベット仏教]][[サキャ派]]の[[仏教僧]]。[[元 (王朝)|大元ウルス]]における3代目の[[帝師]]を務めた。初代帝師[[パクパ]]の甥にあたる。
 
[[漢文]][[史料]]の『[[元史]]』には'''答児麻八剌剌吉塔'''(Dharmapala rakshita > dāérmábālà làjítǎ)という表記も見られる<ref>『[[元史]]』巻12世祖本紀9,「[至元十九年十二月]詔立帝師'''答児麻八剌剌吉塔'''、掌玉印、統領諸国釈教」</ref><ref>野上/稲葉1958,435頁</ref>。
匿名利用者