「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
編集の要約なし
2016年に開催された歴代映画19作品の人気投票で、本作は5位を獲得した<ref>{{Cite web|url=http://sp.mco.cybird.ne.jp/conanportal/movie_fin.php|title=名探偵コナン歴代映画人気投票|work=名探偵コナン公式アプリ|publisher=名探偵コナン公式サイト|accessdate=2016-03-16}}</ref>。
 
作者の青山によると、映画化の話が来る前には、編集部からの意図しない注文、毎週のカラー作業・グッズ系のカラー作業・事件やトリックのアイデア出しなど、『コナン』を描くのが大変になりすぎていたため、今まで稼いだ金を全部使いきるつもりでアシスタントたちと休みを取り、ラスベガス旅行に行って帰ってきたら『コナン』の連載を打ち切ろやめようと考えていた。しかし、現地のホテルに当時の担当編集者から電話で『コナン』の映画化決定が伝えられ、映画好きだったことから嬉しくなり、これは改めて頑張らないといけないと連載終了を思い留まったという<ref name="aoym">『青山剛昌 30周年記念本』三〇〇〇〇字インタビューより。 82頁 - 123頁</ref>{{要ページ番号|date=2020-04-17}}。また、アニメのプロデューサーである[[諏訪道彦]]によると、やりたいことをすべてやり切るつもりで製作し、まず東京で公開されると口コミが広がり、1週間遅れて公開された大阪の映画館では立ち見が出るほどの満席ですごく感動したという<ref>『青山剛昌 30周年記念本』諏訪道彦、かく語りきより。 80頁 - 81頁</ref>{{要ページ番号|date=2020-04-17}}。青山も『コナン』は1回映画で公開されれば十分嬉しいと思って製作に臨んで温めてきたアイディアを出したが、想像を超える反響によって劇場版が毎年恒例と決定されたことはまったくの予想外で、非常に嬉しかったという<ref name="aoym" />。
 
== テレビ放送 ==

案内メニュー