コンテンツにスキップ

「Microsoft Visual Studio」の版間の差分

m
(→‎Visual Studio 2019: version 16.10, version 16.11)
* [[Windows Server]]
* [[Android (オペレーティングシステム)|Android]]
* [[iOS (Apple)|iOS]]
* [[Linux]]
* [[macOS]] ([[コンソールアプリケーション]]とASP.NET)
 
Visual Studio 2015以降では、[[HTML5]]/[[JavaScript]]ベースの[[Apache Cordova]]や、[[Xamarin]]による[[Mono (ソフトウェア)|Mono]]ベースの[[Android (オペレーティングシステム)|Android]]・[[iOS (Apple)|iOS]]向けクロスプラットフォーム開発機能<ref group="†">[https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn879698%28v=vs.140%29.aspx Visual Studio で Xamarin を使ったクロスプラットフォーム アプリをビルドする]</ref>や、[[Xcode]]プロジェクトの取り込みと[[Objective-C]]のサポートによる[[ユニバーサルWindowsプラットフォーム]]アプリへの移植機能が強化されている<ref>[http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332064/ Windows 10は“開発者のマイクロソフト離れ”を防げるか?:BUILD 2015 - 週アスPLUS]</ref> <ref>[http://japanese.engadget.com/2015/04/30/windows-10-ios-android-visual-studio/ マイクロソフト、Windows 10で iOS / Androidアプリも動かす支援策を提供。Visual Studioでコンパイル - Engadget Japanese]</ref> <ref>[https://github.com/Microsoft/WinObjC GitHub - Microsoft/WinObjC: Objective-C for Windows]</ref>。
 
Xamarinを使用したmacOS向けアプリケーションの開発には、[[Visual Studio for Mac]]が必要となる。
577,463

回編集