「半濁音」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
→‎小史: ここで「ちなみに」は違和感
タグ: 手動差し戻し モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎小史: ここで「ちなみに」は違和感)
16世紀、日本はポルトガル人と出会い、[[:en:Japanese words of Portuguese origin|ポルトガル語から多くの語彙を得た]]が、その際には、 '''{{Lang|po|padre}}→ばてれん''' のごとく語頭の {{IPA|p}} 音は回避し<ref>ただし {{Lang|po|pão}}→パン のような例外もある。</ref>、語中では、 '''{{Lang|po|Europa}}→えうろっぱ'''(→ヨーロッパ)、'''{{Lang|po|capa}}→かっぱ'''([[合羽]]) のように「っ」を挿入することが通常だった。このことから、当時 {{IPA|p}} 音の出現できる場所にはいまだ制約があり、上記の棲み分けがおおむね踏襲されていたらしい、ということがうかがわれる。
 
江戸時代になると {{IPA|ɸ}} 音のほうはさらに弱化し、現代語に近い {{IPA|h}} や {{IPA|&ccedil;}} などの音価を持つようになった。この時点で、それを {{IPA|p}} と同一の音素であると知覚することは、もはや難しくなっていた可能性がある。そのような中、書籍など文字文化の大衆化もあいまって、文面上における訓点などをいっそう工夫して読みやすさを向上する必要が生じ、その一環として[[半濁点]]が発明された<ref>なお、こうした経緯から、歴史的には、半濁点が使われていない(=半濁点を補って読まなければならない)文献が多数存在している。</ref>。ちなみにこの際、弱化した音のほうがより一般的な音と認識されたために、{{IPA|p}} 音のほうに付標することになったのだと推察される。
 
近代に入ると欧米から大量の外来語が流入し、「ん」「っ」以外の音の後や語頭において {{IPA|p}} 音を使うことがごく当たり前になった。これによって {{ipa|h}} と {{ipa|p}} との[[最小対]]<ref>例として、「老父」に対する「ロープ」、「腹具合」に対する「パラグアイ」など。</ref>が、機能的にも確立したといえる。
29,272

回編集

案内メニュー