コンテンツにスキップ

「荻野三七彦」の版間の差分

(出典・脚注追加。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
 
== 来歴 ==
1904年、[[文化財]]保護行政の[[荻野仲三郎]]の次男として[[東京市]][[本郷区]](現・[[東京都]][[文京区]])に生まれる<ref name=":0">{{Cite web|title=荻野三七彦(古典籍総合データベース)|url=https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/ga_jhistory/p_ogino.html|website=www.wul.waseda.ac.jp|accessdate=2021-09-26|publisher=早稲田大学}}</ref>。1929年、[[早稲田大学]]文学部史学科卒業<ref name=":1">{{Cite web|title=荻野 三七彦 - 株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社|url=http://www.yoshikawa-k.co.jp/author/a13800.html|website=www.yoshikawa-k.co.jp|accessdate=2021-09-26}}</ref><ref>[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454832/129 『早稲田大学校友会会員名簿 〔昭和10年用〕』早稲田大学校友会、1939年、p.171]</ref>。[[東京帝国大学]]文学部史料編纂所嘱託<ref name=":1" />、1948年「[[聖徳太子]]伝古今目録抄の基礎的研究」で早稲田大学[[文学博士]]<ref>{{Cite Web|url=https://ci.nii.ac.jp/naid/500000491183|title=書誌事項(CiNii Dissertations)|publisher=国立情報学研究所|accessdate=2018-01-06}}</ref>。1935年早稲田大学文学部講師、1942年助教授、1946年教授、1952年教務部長、1968年早稲田大学理事、1970年図書館長を歴任。1974年定年退職<ref name=":0" />、[[名誉教授]]。1992年、死去<ref name=":0" />。大学外では、[[聖徳太子奉讃会]]理事<ref name=":1" />、[[永青文庫]]理事を務めた<ref name=":1" /><ref>『現代日本人名録』1987年</ref>。
 
[[古文書学]]を確立し、[[日本古文書学会]]の設立に尽力した人物である<ref name=":0" />。[[古文書学]]は原本資料に基づくべきとの信念のもと、日本史の各時代・ 各階層にわたる標本的な古文書を精力的に収集した<ref>{{Citation|title=早稲田大学図書館の貴重図書(1)沿革・指定文化財および歴史資料|url=https://doi.org/10.20722/jcul.1161|publisher=国公私立大学図書館協力委員会|date=2004|accessdate=2021-09-26|doi=10.20722/jcul.1161|language=ja|first=眞也|last=松下}}</ref>。早稲田大学在職中から中世を中心とした古文書の収集に力を注ぎ、その成果は[[早稲田大学図書館]]に「荻野研究室収集文書」として収められた<ref name=":0" />。さらに死後、遺族の手によって、重要文化財3件を含むコレクションが早稲田大学に寄贈された<ref name=":0" />。
 
==編著書==