「民主改革連合」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: Refタグつき記述の除去
編集の要約なし
参院選での躍進により同年8月1日、非改選の[[山田耕三郎]]とともに、会派として'''連合参議院'''を結成。代表には山田が就いた。連合の会の議員活動は連合参議院に事実上移行した。
 
[[1992年]](平成4年) - [[3)1]]の[[、連合参議院代表の山田が参院選への不出馬を表明し、[[星川保松]]が就任した。同年2月9日に施行された参院[[宮城奈良県選挙区]][[補欠選挙]]で連合の会公認候補の[[萩野浩基吉田之久]]が初当選。[[第16回参議院議員通常選挙]]は、[[3幸明8日]]に施行された参院[[西村眞悟宮城県選挙区]]など、補選では連合の会公認候補全員の[[萩野浩基]]それぞれ初当選した。代表の山田は不出馬だった。
 
しかしその後の[[国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律]]案(PKO協力法案)を巡る野党間の対立から選挙協力が進まず、6月には星川とともに社会経済国民会議議長で元産経新聞社長の[[稲葉秀三]]が連合の会共同代表に就任するも、7月26日に施行された[[第16回参議院議員通常選挙]]では、公認候補が全員落選する結果となった。
 
=== 民主改革連合 ===
[[1993年]](平成5年) - 1)1月20日に参院会派を'''民主改革連合'''に改称。同年6月[[細川内閣]]政党として[[立政権]]に参加する。当時代表(常任代表幹事)は[[星川保松]]会も民主改革連合に改称した
 
[[細川内閣]]の[[連立政権]]に参加する。
**9月16日 - [[日本新党]]と統一会派「日本新党・民主改革連合」を結成する。
**11月18日 - さらに[[新生党]]と統一会派「日本・新生・民主改革連合」を結成する。

案内メニュー