「ナスカの地上絵」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
}}
[[ファイル:NEO nazca lines big.jpg|thumb|地上絵の全体が分かる衛星画像。(右側が北)広大な大地に無数の直線が描かれていることが分かる。なお動植物を描いた絵はこの写真では小さすぎて確認できない。北にある川の対岸には、パルパの地上絵のエリアがあり、ここにも無数の地上絵がある。|371x371ピクセル]]
'''ナスカの地上絵'''(ナスカのちじょうえ、英名:Nazca Lines)は、[[ペルー]]のナスカ川とインヘニオ川に囲まれた平坦な砂漠の地表面に、砂利の色分けによって描かれた[[幾何学]]図形や動植物の絵の総称であり、古代ナスカ文明の遺産である。ナスカの図形群が描かれているエリアは縦横30kmもある非常に広大な面積があり、全体に千数百点もの膨大な数の巨大な図形が描かれている。あまりにも巨大な絵が多く、空からでないとほとんどの地上絵の全体像の把握が難しい。なぜこのような巨大な地上絵を描いたのかということが大きな謎の一つとなっている。また、ナスカの地上絵のエリアから川を挟んですぐ南には[[カワチ|カワチの階段ピラミッド群]]があり、その関係性は深いと予想されている。
 
'''パルパの地上絵 '''ナスカの地上絵のエリアのすぐ北には、川を挟んで[https://goo.gl/maps/MDwmgrvJ61Nreant9 パルパの地上絵(英名 Palpa Lines)]と呼ばれる同じぐらい広大な山岳地帯の地上絵のエリアがあり、ナスカの地上絵の1000年前パラカス文化の時代に描かれたとされる数多くの幾何学図形と地上絵が描かれているが、観光地化されていないので一般にはあまり知られていない。

案内メニュー