「第93回東京箱根間往復大学駅伝競走」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
当日エントリー変更は帝京大、上武大、国士大の3校。
 
前回3区区間賞の青学大・[[秋山雄飛]]が13.1kmで神奈川大・1年生越川堅太を捉え首位逆転。徐々に差を広げ、区間賞の走りでトップでタスキリレー。越川は区間15位と振るわず3位に後退。早大・平和真が区間2位の走りでトップと1分22秒差の2位に浮上。
 
中位争いでは、東洋大・[[口町亮]]が駒大・帝京大との4位争いから抜け出し8位から4位に浮上。前々回この区間19位に沈んだ創価大・蟹沢淳平も区間7位と安定した走りを見せ3人を抜き7位に浮上した。中央学大の1年生・横川巧はスタートから積極的に飛ばして湘南大橋の定点では6人を抜いて8位まで浮上したが、ラスト3kmで急失速し5人に抜き返され13位でタスキを繋ぐ。
上位争いでは東洋大・[[櫻岡駿]]が3kmで神奈川大をかわし3位に浮上。中位でも激しく順位が変動し、帝京大が6位から4位、創価大が7位から5位、順大は栃木渡が区間賞の走りで10位から6位にジャンプアップ。拓大・宇田朋史も7人抜きで17位から10位に浮上した。
 
一方で当日エントリー変更で4区に入った駒大のエース・[[中谷圭佑]]は、6月から悩まされていた右足底痛の影響もあり中盤から失速。まさかの区間18位に沈み5位から9位に転落し、後退。駒大は往路優勝争いから脱落した。
 
==== 5区 ====
青学大・貞永隆佑と、前回5区5位の早大・安井雄一による往路優勝争いとなった。貞永が大平台の定点で1分56秒差に広げるも、小涌園前以降は安井が一気に差を詰める。芦之湯では1分19秒差、元箱根では45秒差に迫ったが、貞永が逃げ切り往路3連覇を果たした。早大は33秒差の2位で往路を終えた。
 
6位でタスキを受けた順大・山田攻が3人を抜いて2分24秒差の3位。東洋大が2分40秒差の4位。4区でブレーキとなった駒大は[[大塚祥平]]が区間賞の走りで4分01秒差の5位まで巻き返した。中央学大・細谷恭平が区間3位の走りで11位から7位に浮上。下位では16位でタスキを受けた上武大・森田清貴が大塚と3秒差の区間2位と快走。8人を抜いて往路過去最高の8位でフィニッシュし、悲願の初シードに望みを繋いだ。2区ムイルの好走で波に乗った創価大は2回目の出場で往路9位と躍進した。優勝した青学大から7位中央学大まで4分35秒、8位上武大から14位拓大まで1分23秒の間にひしめき、優勝争いもシード権争いも混戦模様になった。
 
シード権争いでは、中央学大・細谷恭平が区間3位の走りで11位から7位に浮上。後方では16位でタスキを受けた上武大・森田清貴が大塚と3秒差の区間2位と快走。8人を抜いて往路過去最高の8位でフィニッシュし、悲願の初シードに望みを繋いだ。2区ムイルの好走で波に乗った創価大は2回目の出場で往路9位と躍進した。優勝した青学大から7位中央学大まで4分35秒、8位上武大から14位拓大まで1分23秒の間にひしめき、優勝争いもシード権争いも混戦模様になった。
 
監督と選手の親子鷹同士の対決で注目された山梨学大・[[上田健太]]と大東大・奈良凌介は、上田が区間7位で16位に浮上した一方、奈良は区間19位と失速し15位から18位に後退した。
当日エントリー変更は山梨学大、中央学大、明大、創価大、国士大の5校。
 
前回6区区間2位の青学大・[[小野田勇次]]に早大・石田康幸が追いつけるかが焦点となったが、小野田は前回よ序盤の山上りで石田との差を1分に広げると、下17秒遅いタイムながら軽やかに駆け抜け区間2位の走りでトップを堅持。石田は下りが緩やかになった終盤にペースが落ち区間12位と振るわず、青学大との差は2分08秒に広がった。3位順大・橋本龍一は区間10位、4位東洋大・[[堀龍彦]]も区間13位と区間二桁順位に留まり、優勝争いは青学大と早大の一騎打ちとなった。
 
シード権争いでは、6区区間記録保持者の日体大・[[秋山清仁]]が今回も激走を見せ、自身の区間記録を8秒更新する58分01秒を叩き出し、13位から7位にジャンプアップした。12位でスタートした法大の1年生・佐藤敏也も区間3位の力走で8位に浮上。
当日エントリー変更は青学大、早大、東海大、日体大、山梨学大、帝京大、大東大、明大、創価大、法大、国士大、日大の12校。
 
旧4区区間記録保持者の青学大・[[田村和希]]と前回9区区間賞の早大・井戸浩貴の対決となった。田村は前半は田村がから快調に飛ばし、二宮の定点でその差を2分52秒まで広げる。しかし15kmを過ぎて田村の表情が非常に険しくなりペースも急落。脱水症状を起こして蛇行する状態となってしまう。それでも田村は区間11位で踏ん張りトップでタスキリレー。
 
追いかける井戸は終盤にペースを上げて区間3位の好走。青学大との差を1分21秒まで縮めた。3位争いは東洋大・[[小笹椋]]が順大をかわし3位に浮上。順大は1年生の難波皓平が苦しい走りで6位まで後退し、日体大・城越勇星が区間2位の快走で7位から5位に浮上した。
東海大は石橋安孝が区間賞の走りで15位から11位に浮上し、10位帝京大と54秒差まで追い上げシード権争いに加わった。一方日大は11位から16位まで急落。往路で健闘した上武大と創価大も6区・7区がともに振るわずシード権争いから大きく後退した。
 
6区で大ブレーキとなった国士大は、7区でも戸澤奨巻き返すこと区間19位とブレーキし繰り上げま23秒間に合わず平塚中継所で繰り上げスタートとなった。このため、[[第69回東京箱根間往復大学駅伝競走|第69回大会]]・[[第70回東京箱根間往復大学駅伝競走|第70回大会]]以来23年振りに2年連続で復路・平塚中継所繰り上げスタートが発生したは2年連続
 
==== 8区 ====
シード権争いは、東海大・春日千速が中継所手前1kmで帝京大・宇佐美聖也をかわしてシード圏内の10位に浮上。しかし宇佐美も粘って2秒差で続く。9位駒大から11位帝京大までわずか18秒差の大接戦となった。その後ろでは創価大・米満怜が区間3位の力走で15位から12位に浮上、10位と2分09秒差で初シードに望みを繋ぐ。
 
戸塚中継所では国士大が平塚に続いての繰り上げスタートとなった。
 
ちなみに、7区まで区間賞を獲得した大学が全て異なっていたが、これは[[第77回東京箱根間往復大学駅伝競走|第77回大会]]以来16年ぶりの珍事であった。
匿名利用者

案内メニュー