コンテンツにスキップ

「木戸孝允」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概略 ==
[[長州藩]]出身<ref name="oubun">[https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%AD%9D%E5%85%81-16197#E6.97.BA.E6.96.87.E7.A4.BE.E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.8F.B2.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E4.B8.89.E8.A8.82.E7.89.88 旺文社日本史事典 三訂版 木戸孝允](コトバンク)</ref>。同藩藩医和田家の生まれだが、7歳で同藩藩士桂家の養子となる<ref name="asahi">[https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%AD%9D%E5%85%81-16197#E6.9C.9D.E6.97.A5.E6.97.A5.E6.9C.AC.E6.AD.B4.E5.8F.B2.E4.BA.BA.E7.89.A9.E4.BA.8B.E5.85.B8 朝日日本歴史人物事典 木戸孝允](コトバンク)</ref><ref name="britanicca">[https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%AD%9D%E5%85%81-16197#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 木戸孝允](コトバンク)</ref>。[[1849年]]に[[吉田松陰]]の門弟となり<ref name="asahi"/><ref name="mypedia">[https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%AD%9D%E5%85%81-16197#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2 百科事典マイペディア 木戸孝允](コトバンク)</ref>、[[1852年]]には[[江戸]]に留学して[[斎藤弥九郎]]の道場に入門し剣術を学び<ref name="asahi"/>、また洋式の砲術や兵術、造船術、蘭学などを学んだ<ref name="britanicca"/>。
 
[[1858年]]の[[安政の大獄]]以降、[[薩摩藩]]、[[水戸藩]]、[[越前藩]]など諸藩の[[尊王攘夷]]の志士たちと広く交わるようになり<ref name="nipponica">[https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%AD%9D%E5%85%81-16197#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 日本大百科全書(ニッポニカ) 木戸孝允](コトバンク)</ref>、[[高杉晋作]]や[[久坂玄瑞]]らと並んで藩内の[[長州正義派|尊王攘夷派]]の指導者となった<ref name="asahi"/>。[[1862年]]以降には藩政の要職に就く<ref name="mypedia"/>。[[1864年]]の[[池田屋事件]]及びその直後の[[禁門の変]]により、但馬[[出石]]で8ヶ月の潜伏生活を余儀なくされた<ref name="asahi"/>。高杉晋作らが藩政を掌握すると帰藩し、[[1865年]]に藩主より「木戸」の苗字を賜った<ref name="nipponica" />。[[1866年]]には藩を代表して[[薩長同盟]]を締結している<ref name="asahi"/>。
匿名利用者