「慈悲」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
慈悲は元来、4つある[[四無量心]]([[四梵住]])の'''徳目'''「'''[[慈 (仏教)|慈]]・[[悲 (仏教)|悲]]・[[喜 (仏教)|喜]]・[[捨 (仏教)|捨]]'''」(じ・ひ・き・しゃ)の内、最初の2つをひとまとめにした用語・概念であり、本来は慈(いつくしみ)、悲(あわれみ)と、別々の用語・概念である<ref name=uokawa>{{Cite|和書 |author=[[魚川祐司]] |date=2015-05 |title=仏教思想のゼロポイント |isbn=978-4103391715 |publisher=新潮社 |pages=165-167}}</ref>。
 
* 慈は[[サンスクリット語]]の「[[慈 (仏教)|マイトリー]] ({{lang|sa|maitrī}})」に由来し、「ミトラ ({{lang|sa|mitra}})」から造られた抽象名詞で{{efnefn2|[[パーリ語]]ではメッター ({{lang|pi|mettā}}) とミッタ ({{lang|pi|mitta}}) である。}}、本来は「衆生に楽を与えたいという心」の意味である<ref name=uokawa/>。
* 悲はサンスクリット語の「[[悲 (仏教)|カルナー]]」に由来し、「人々の苦を抜きたいと願う心」の意味である<ref name=uokawa/>。大乗仏教においては、この他者の苦しみを救いたいと願う「悲」の心を特に重視し、「'''大悲'''」({{lang|sa|mahā-karunā}})と称する。
 
== 漢訳仏教圏における慈悲の思想的発展 ==
漢訳大乗経典を用いる仏教では、慈悲心を三種に説く。「衆生縁」「法縁」「無縁」の三縁慈悲である。いわば慈悲心の生起する理由とその在りかたをいう。
# '''衆生縁'''('''有情縁'''{{efn2|「論曰。慈有三種。一有情縁。二者法縁。三者無縁。」(『仏地経論』、大正新脩大蔵経、釈経論部(下)第26巻、p.314)}})とは衆生(しゅじょう、jantu,sattva)を対象とする慈悲心である{{refnest|name=ニッポニカ_慈悲|[[藤田宏達]]、[https://kotobank.jp/word/%E6%85%88%E6%82%B2-74800#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 「慈悲」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)]、小学館。}}。
# '''法縁'''(ほうえん)とは、すべてのものごと([[法 (仏教)|法]])は実体がなく[[空 (仏教)|空]]であると知って、執著を断じてから起こす慈悲心{{refnest|name=ニッポニカ_慈悲}}。
# '''無縁'''とは、何者をも対象とせずに起こす慈悲心{{refnest|name=ニッポニカ_慈悲}}。それは仏にしかない心であるという{{refnest|name=ニッポニカ_慈悲}}。
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{notelistnotelist2}}
 
=== 出典 ===

案内メニュー