「江川太郎左衛門」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
参考項目追加
(参考項目追加)
#[[江川英武]](38代当主、[[1853年|1853]]-[[1933年|1933]]。英竜の五男。[[明治維新]]のときの当主。[[廃藩置県]]後は県令となるが、まもなく[[岩倉使節団]]に随行、そのまま留学。その後は地域教育に尽くす)
#[[江川英文]]([[1898年|1898]]-[[1966年|1966]]。英武の子。[[東京大学]]教授で、法律学者。専門は国際私法。財団法人江川文庫を設立、江川家代々の資料を研究者に公開する)
 
==参考項目==
[[三嶋暦師の館]] ([[安政の大地震]]で河合家が倒壊した際再建に協力)
 
==外部リンク==
59

回編集

案内メニュー