「ガーシア級フリゲート」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox 艦級
{| class="wikitable" style="clear:right; float:right; margin: 0em 0em 1em 1em; width: 300px; background:#ffffff"
|名称=ガーシア級フリゲート
|-
|画像=File:USS Bradley (FF-1041) underway near San Clemente Island on 8 July 1976.jpg
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"| ガーシア級フリゲート
|画像説明=FF-1041 ブラッドレイ
|-
|運用者={{navy|USA}}<br/>{{navy|PAK}}<br/>{{navy|BRA}}
|colspan=3 align=center|[[File:USS Bradley (FF-1041) underway near San Clemente Island on 8 July 1976.jpg|300px|USS BRADLEY (FF-1041)]]
|艦名=[[アメリカ海軍|海軍]]功労者 一番艦は[[フェルナンド・ルイス・ガルシア]]に因む。
|-
|建造期間=[[1962年]] - [[1965年]]
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 艦級概観
|就役期間={{flagicon|USA}}[[1964年]] - [[1990年]]
|-
|艦種||colspan=2|[[護衛駆逐艦|航洋護衛艦 (DE)]]<br />→ [[フリゲート]] (FF)
|建造数=10隻
|-
|前級=[[ブロンシュタイン級フリゲート|ブロンシュタイン級]]
|艦名||colspan=2|[[アメリカ海軍|海軍]]功労者 一番艦は[[フェルナンド・ルイス・ガルシア]]に因む。
|準同型艦=[[ブルック級ミサイルフリゲート|ブルック級]](DEG→FFG)<br/>[[グローバー (フリゲート)|グローバー]] (AGDE→AGFF)
|-
|次級=[[ノックス級フリゲート|ノックス級]]
|style="white-space:nowrap; font-size:smaller"|建造期間||colspan="2"|[[1962年]] - [[1965年]]
|基準排水量= 2,624[[トン数|トン]]
|-
|満載排水量= 3,400~3,560トン
|style="font-size:smaller"|就役期間||colspan="2"|[[1964年]] - [[1990年]]
|全長=126.33 m
|-
|全幅=13.47 m
|前級||colspan=2|[[ブロンシュタイン級フリゲート|ブロンシュタイン級]]
|吃水=7.9 m
|-
|ボイラー=[[:en:Foster Wheeler|FW]]式[[スーパーチャージャー|堅型過給]][[ボイラー#水管ボイラー|水管ボイラー]]×2缶<br />(84.4[[工学気圧|kgf/cm<sup>2</sup>]], 510℃)
|style="white-space:nowrap; font-size:smaller" rowspan=2|準同型艦|| colspan=2|[[ブルック級ミサイルフリゲート|ブルック級]] (DEG→FFG)
|機関=
|-
|主機=[[ウェスティングハウス・エレクトリック|WEC]]式[[蒸気タービン]]×1基
|colspan=2|[[グローバー (フリゲート)|グローバー]] (AGDE→AGFF)
|出力={{Convert|35000|hp|MW|abbr=on}}
|-
|推進=[[スクリュープロペラ|可変ピッチ・プロペラ]]×1軸
|次級||colspan=2|[[ノックス級フリゲート|ノックス級]]
|最大速力=27[[ノット]]
|-
|航続距離=4,000[[海里]] (20kt巡航時)
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 性能諸元
|乗員=士官13名+下士官兵196名
|-
|兵装=
|rowspan="2" style="white-space:nowrap;" |[[排水量]]
*[[Mk 12 5インチ砲|38口径127mm単装砲]]×2基
|colspan=2|基準: 2,624[[トン数|トン]]
*[[アスロック]][[対潜ミサイル|SUM]] 8連装発射機×1基
|-
*533mm連装[[魚雷発射管]]×1基<br/><small>(後日撤去)</small>
|colspan=2|満載: 3,400~3,560トン
*[[Mk 32 短魚雷発射管|324mm3連装魚雷発射管]]×2基
|-
|艦載機=[[QH-50 DASH]]×2機(就役時)<br/>[[H-2 (航空機)|SH-2F]] [[LAMPS]]ヘリコプター×1機(改装後)
|全長||colspan=2|126.33 m
|C4I=
|-
|FCS=
|全幅||colspan=2|13.47 m
*[[Mk.56 砲射撃指揮装置|Mk.56]] 主砲用×1基
|-
*Mk.114 水中用×1基
|吃水||colspan=2|7.9 m
|レーダー=
|-
*[[AN/SPS-40]] 対空捜索用×1基
|rowspan="3"|機関
*[[AN/SPS-10]] 対水上捜索用×1基
|[[:en:Foster Wheeler|FW]]式[[スーパーチャージャー|堅型過給]][[ボイラー#水管ボイラー|水管ボイラー]]<br />(84.4[[工学気圧|kgf/cm<sup>2</sup>]], 510℃)||2缶
*LN-66 航海用×1基
|-
|ソナー=
|[[ウェスティングハウス・エレクトリック|WEC]]式[[蒸気タービン]]<br />({{Convert|35000|hp|MW|disp=s|abbr=on}})||1基
*[[AN/SQS-26]]AXR 艦首装備式×1基(前期型)
|-
*AN/SQS-26BX 艦首装備式×1基(後期型)
|[[スクリュープロペラ]]||1軸
*AN/SQR-15曳航式×1基 (一部艦)
|-
|電子戦=
|速力||colspan=2|最大27.0[[ノット]]
*[[AN/WLR-1]] 電波探知装置
|-
*|AN/WLR-3 [[レーダー警報受信機]]
|style="white-space:nowrap; font-size:smaller"|航続距離||colspan=2|4,000[[海里]] (20kt巡航時)
*[[AN/ULQ-6]] 電波妨害装置
|-
*Mk.33 6連装[[デコイ (兵器)|デコイ]]発射機×2基
|乗員||colspan=2|士官13名+下士官兵196名
}}
|-
|rowspan=4|兵装
|[[Mk 12 5インチ砲|38口径127mm単装砲]]|| style="white-space:nowrap"|2基
|-
|[[アスロック]][[対潜ミサイル|SUM]] 8連装発射機||1基
|-
|533mm連装[[魚雷発射管]]<br/><small>(後日撤去)</small>||1基
|-
|[[Mk 32 短魚雷発射管|324mm3連装魚雷発射管]] ||2基
|-
| rowspan="2"|[[艦載機]]
|[[QH-50 DASH]]||2機
|-
|[[H-2 (航空機)|SH-2F]] [[LAMPS]]ヘリコプター<br/>(改装後)||1機
|-
|rowspan="2"|[[射撃管制装置#射撃指揮システム (海洋戦における射撃管制装置)|FCS]]
|[[Mk.56 砲射撃指揮装置|Mk.56]] 主砲用||1基
|-
|Mk.114 水中用||1基
|-
|rowspan="3" style="white-space:nowrap; font-size:smaller"|[[レーダー]]
|[[AN/SPS-40]] 対空捜索用||1基
|-
|[[AN/SPS-10]] 対水上捜索用||1基
|-
|LN-66 航海用||1基
|-
|rowspan="3"|[[ソナー]]
|[[AN/SQS-26]]AXR 艦首装備式<br />(前期型)||rowspan="2"|1基
|-
|AN/SQS-26BX 艦首装備式<br />(後期型)
|-
|AN/SQR-15曳航式 (一部艦)||1基
|-
|rowspan="4"|[[電子戦]]
|colspan=2|[[AN/WLR-1]] 電波探知装置
|-
|colspan=2|AN/WLR-3 [[レーダー警報受信機]]
|-
|colspan=2|[[AN/ULQ-6]] 電波妨害装置
|-
|Mk.33 6連装[[デコイ (兵器)|デコイ]]発射機||2基
|}
'''ガーシア級フリゲート'''(ガーシアきゅうフリゲート、{{Lang-en|''Garcia''-class frigate}})は、[[アメリカ海軍]]の[[フリゲート]]の艦級。先行する[[ブロンシュタイン級フリゲート|ブロンシュタイン級(SCB-199)]]の拡大改良型として、[[1961年]]度から[[1963年]]度にかけて10隻が建造された。基本計画番号はSCB-199A{{Sfn|Prezelin|1990}}。当初は[[護衛駆逐艦|航洋護衛艦]] (DE) として類別されていたが、[[:en:United States Navy 1975 ship reclassification|1975年の類別変更]]に伴ってフリゲート(FF)に再類別された{{Sfn|Gardiner|1996|p=597}}。
 
* {{Cite book|first=John E. |last=Moore|title=[[ジェーン海軍年鑑|Jane's Fighting Ships 1974-1975]]|year= 1975|publisher=Watts|asin=B000NHY68W|page=445|ref=harv}}
* {{Cite book|authorlink=:en:Eric Wertheim|first=Eric|last=Wertheim|title=The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition|year= 2013|publisher=Naval Institute Press|isbn=978-1591149545|page=449|ref=harv}}
*{{Cite journal|和書|last=阿部|first=安雄|year=2006|month=1|title=アメリカ護衛艦史|journal=[[世界の艦船]]|issue=653|pages=76-83|publisher=海人社|naid=40007060042|ref=アメリカ護衛艦史}}
*{{Cite journal|和書|year=2006|month=1|title=船体 (アメリカ護衛艦の技術的特徴)|journal=世界の艦船|issue=653|pages=118-123|publisher=海人社|naid=40007060042|ref=船体 (アメリカ護衛艦の技術的特徴)}}
*{{Cite journal|和書|last=阿部|first=安雄|year=2006|month=1|title=機関 (アメリカ護衛艦の技術的特徴)|journal=世界の艦船|issue=653|pages=124-129|publisher=海人社|naid=40007060042|ref=機関 (アメリカ護衛艦の技術的特徴)}}

案内メニュー