「大和岩雄」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(「Template:亡くなったばかりの人物」貼り付け)
{{亡くなったばかりの人物|date=2021年6月25日}}
 
'''大和 岩雄'''(おおわ いわお、[[1928年]][[2月15日]] - [[2021年]][[6月20日|6月20日]]<ref>{{Cite web|title=大和岩雄氏死去 大和書房創業者、古代史研究家:時事ドットコム|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062500518&g=soc|website=時事ドットコム|accessdate=2021-06-25|language=ja}}</ref>)は日本の[[編集者]]、出版事業家、[[古代史]]研究家。[[大和書房]](だいわしょぼう)および[[青春出版社]]の創業者。
 
== 人物・経歴 ==
[[長野県]][[上伊那郡]][[高遠町]](現在の[[伊那市]])にて、[[江戸時代]]から続く[[呉服商]]の家庭に生まれる。生家が没落したため、[[高等小学校]]卒業後、[[名古屋市]]の[[三菱重工業]]に[[旋盤工]]として就職する予定であったが、[[1942年]]、官費で学べる長野師範学校([[信州大学]][[教育学部]])に入学し、[[1948年]]に卒業すると[[長野県]][[下伊那郡]]大鹿村立鹿塩中学校に赴任、[[国語]]と[[音楽]]を教えていた。[[1948年]]12月に退職し、[[長野市]]に移住。ここで[[山本茂実]]主宰の人生誌「[[]]」に参加。第4号以降、同誌の編集長となる。営業部員に[[小澤和一]]がいた。
 
「葦」の成功により[[1950年]]に上京。「葦」の編集と併行して、[[1951年]]、[[文理書院]]と協力して「[[人生手帖]]」を1000部で創刊。やがて「葦」が政治的に先鋭化したため、同誌を去る。[[1955年]]に「人生手帖」が7万部を記録。この急成長ぶりに風当たりが強く、[[讀賣新聞]]社会部から"[[自衛隊]]に対する[[日本共産党|日共]]の秘密工作機関誌「人生手帖」"と虚偽報道されたこともある。これに対して大和は「人生手帖」紙上で反駁したが、[[1956年]]に編集長を辞任。同年5月、[[小澤和一]]と共に[[青春出版社]]を設立。実用書路線で成功を収める。
 
[[1960年]]、社の経営権を小澤に譲渡。創刊まもない「青春の手帖」誌と共に新たな出版社を設立。[[1963年]]7月、大和書房と改名。[[1964年]]、不治の病で死を間近にした女子大生とその恋人との往復書簡集「[[愛と死をみつめて]]」を出してミリオンセラーとなる。
 
[[1966年]]2月4日、[[さっぽろ雪まつり|札幌の雪祭り]]に出かけ、飛行機で帰る予定だったのが、翌日東京から来る人に会いたくなって空港行きのバスを途中で降りた。その全日空機は[[羽田]]沖で墜落([[全日空羽田沖墜落事故]])、新聞に死亡記事も出て弔電がたくさん来た。同年[[11月14日]]に母を亡くしたことを機に、38歳で編集者を引退し、以後は経営に専念する。
 
[[1973年]]、関連会社として[[大和出版]]を設立。
[[1988年]]、大和書房[[社長]]を退き会長となる。
 
[[2021年]]6月20日午前5時15分、東京都内の病院で死去。
 
== 著書 ==

案内メニュー