コンテンツにスキップ

「オート・メラーラ 127 mm 砲」の版間の差分

: [[こんごう型護衛艦]]「[[ちょうかい (護衛艦)|ちょうかい]]」が、[[多良間島]]沖にて[[旅滬型駆逐艦|052A型駆逐艦]]「哈爾浜」と[[江衛型フリゲート|053H3型フリゲート]]「洛陽」に対し、本砲を用いて攻撃を行い、精密[[砲撃]]によって両艦の兵装のみを破壊する。
; 『[[ゴジラ S.P <シンギュラポイント>]]』
: [[こんごう型護衛艦「[[きりしま (護衛艦)|きりしま]]が[[あきづき型護衛艦 (2代)|あきづき型護衛艦]]および[[あさひ型護衛艦 (2代)|あさひ型護衛艦]]とともに[[東京湾]]内を目指す[[マンダ#『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』のマンダ|マンダ]]の群れに[[艦砲射撃]]を加え7体以上を撃破。
; 『[[ジパング (漫画)|ジパング]]』
: 架空の[[イージス艦|イージス]][[護衛艦]]、ゆきなみ型護衛艦の装備として登場し、その3番艦で[[第二次世界大戦]]時に[[タイムトラベル|タイムスリップ]]した「[[ジパング (漫画)#DDH-182 みらい|みらい]]」に搭載されたものが、旧[[日本軍]]や[[アメリカ軍]]に対して使用される。当時としては考えられない命中率と発射速度で多数の[[航空機]]を[[撃墜]]し、[[軍艦|艦艇]]にはピンポイント[[射撃]]で[[戦闘]]能力を奪うことを基本[[戦術]]としている。
: [[航空母艦|空母]]「[[ワスプ (CV-7)|ワスプ]]」との戦闘時、[[SBD (航空機)|SBD ドーントレス]][[艦上爆撃機]]による体当たりで破壊されるが、[[銃砲身|砲身]]は日本軍に仕様を伝え再生に成功する{{efn2|ただし、オリジナルの127mm砲にあった冷却装置が無く、射程や連射速度が劣るという描写がある。}}。アニメ版では砲身は折れず、故障と言及されるのみ。
; 『[[新世紀エヴァンゲリオン]]シリーズ』
: [[国連軍]]に参加する、こんごう型・[[たかなみ型護衛艦|たかなみ型]][[護衛艦]]に搭載されているほか、[[第3新東京市]]の[[第3新東京市#兵装ビル|兵装ビル]]にも装備されている。