コンテンツにスキップ

「堀川 (京都府)」の版間の差分

m
m編集の要約なし
 
== 地理 ==
現在の堀川は、[[琵琶湖疏水]]第二疏水分線の水を使用している。賀茂川を下越させ、[[紫明通]]・[[堀川通]]の[[中央分離帯]]の中に整備された水路を経て、[[今出川通]]で既存の開渠部に繋がっている。[[一条通]]の[[一条戻り橋]]を経て、[[御池通]]までが開渠部である<ref>[http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000070401.html 堀川水辺環境整備事業/京都市]</ref>。
そこから南は再び暗渠となり、[[西本願寺]]の東でわずかに地上に現れるほかは堀川通の地下を流れる。[[近鉄京都線]][[上鳥羽口駅]]の西で開渠となり、すぐに[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]と合流する。