「歩兵第17連隊」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
創設と移転の事情につき加筆
(→‎歴代連隊長: link調整)
(創設と移転の事情につき加筆)
 
}}
 
'''歩兵第17連隊'''(ほへいだい17れんたい、旧字で''兵第十七聯隊'')は、[[大日本帝国陸軍]]の[[連隊]]のひとつで、1885年から1945年まであった。はじめ[[仙台鎮台]]に属し、1888年にそれが移行した[[第2師団 (日本軍)|第2師団]]、1898年に新設の[[第8師団 (日本軍)|第8師団]]に所属を変えた。[[日清戦争]]以降、[[太平洋戦争]]までの日本の主要な戦争に参加した
 
== 歴史 ==
{{節スタブ}}
 
=== 仙台での創設 ===
歩兵第17連隊は、[[1885年]](明治18年)6月の軍備拡張計画にともない、[[仙台鎮台]]の3つめの歩兵連隊として設けられた。兵舎は[[仙台城]]に隣接する川内地区の、かつて藩の材木蔵があった場所に建てられた<ref>加藤宏「第二師団と仙台」、21頁、25頁。</ref>。仙台には既に[[歩兵第4連隊]]が榴ヶ岡にあり、仙台では2つめの歩兵連隊であった。
 
=== 秋田移転 ===
歩兵第17連隊は[[1898年]](明治31年)にそれまで軍隊がなかった秋田に移り、新設の[[第8師団 (日本軍)|第8師団]]に属した。仙台の兵営には新設の[[歩兵第29連隊]]が入った<ref>加藤宏「第二師団と仙台」、22頁。</ref>。
 
これより先、日清戦争直後の[[1895年]](明治28年)末に、東北地方北部に新師団を設けることを含む軍備拡大計画が決められた。これを知った秋田県では、[[秋田市]]と[[六郷町 (秋田県)|六郷町]](現在は[[美郷町 (秋田県)|美郷町]]の一部)で連隊の誘致を目指す運動が興った。秋田県知事[[平山靖彦]]が秋田を奨めて後押ししたこともあり、[[1896年]](明治29年)6月に陸軍は秋田への設置を決めた<ref>松下孝昭『軍隊を誘致せよ』、61 - 68頁。</ref>。秋田市は誘致運動の一つとして兵営のための敷地を市が買収・献納する願いを出し、県が無償で提供した土地とあわせ、連隊用地は地元で確保された<ref>松下孝昭『軍隊を誘致せよ』、69頁。</ref>。秋田市を優遇した知事に対して、六郷など仙北地方は県議会で強く反発した。8月に知事に対する不信任決議を可決され、1か月後に秋田から転任することになった<ref>松下孝昭『軍隊を誘致せよ』、83 -84頁。</ref>。
 
== 沿革 ==
* [[1885年]](明治18年)6月 - [[仙台城]]内に第1大隊が設けられ、歩兵第4旅団隷下となる
:[[8月17日]] - [[軍旗]]拝受
* [[1886年]](明治19年) - 第2大隊が編成完結
== 参考文献 ==
* 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』[[新人物往来社]]、1990年。
* 加藤宏「第二師団と仙台」、山本和重編『地域のなかの軍隊』1(北海道・東北)、吉川弘文館、2015年。
* 原 剛『明治期国土防衛史』[[錦正社]]、2002年。
* 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
* 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
* [[秦郁彦]]編『日本陸海軍総合事典』第2版、[[東京大学出版会]]、2005年。
* 原 剛『明治期国土防衛史』[[錦正社]]、2002年。
* 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
* 松下孝昭『軍隊を誘致せよ 陸海軍と都市形成』、吉川弘文館、2013年。
 
== 関連項目 ==
27,574

回編集

案内メニュー