「忌避」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
移動の趣旨に合わせて編集
m (ページ 裁判官の忌避忌避 へ移動: 一般的な名称へ移動。)
(移動の趣旨に合わせて編集)
'''裁判官の忌避'''(さいばんかんのきひ)とは、[[裁判官の除斥]]事由には該当しないが裁判、手続の公正さを失わせる恐れのある[[裁判官]][[裁判]]、申立てに基づいてその手続に関する職務執行から排除すること。
 
典型的なのが、[[裁判]]における[[裁判官]]の忌避であるが、裁判官以外にも、[[裁判所書記官]]、[[鑑定人]]、[[通事]]、[[仲裁人]]、[[審判官]]などについても忌避の規定がある。
 
なお、手続の適正を図るために、一定の者を職務執行から排除する制度として、[[除斥]]や[[回避]]がある。
 
== 裁判官の忌避 ==
=== 刑事訴訟における忌避 ===
*[[刑事訴訟法]]第21条1項は、裁判官が職務の執行から[[裁判官の除斥|除斥]]されるべきとき、又は不公平な裁判をする虞があるときは、[[検察官]]又は[[被告人]]が、忌避することができる旨規定する。
*[[刑事訴訟法]]第21条2項は、[[弁護人]]が、被告人のため忌避の申立をすることができる旨規定する。
 
=== 民事訴訟における忌避 ===
*[[民事訴訟法]]第24条は、裁判官について裁判の公正を妨げるべき事情があるとき、[[当事者]]が、その裁判官を忌避することができる旨規定する。
 
== 裁判官以外の忌避 ==
*[[裁判所書記官]]
*[[鑑定人]]
*[[通事]]
*[[仲裁人]]
*[[審判官]]
 
==関連項目==
*[[裁判官の除斥]]
 
{{Law-stub}}
匿名利用者

案内メニュー