「黒い三連星」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
 
== 解説 ==
制式名称は[[ジオン公国]]軍の[[ザビ家#キシリア・ザビ|キシリア・ザビ]]率いる突撃機動軍第7師団第1MS大隊司令部付特務小隊<ref name="msv2-190">『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月、190-192頁。</ref>。ガイアを中心に、[[一年戦争]]以前に教導機動大隊第2中隊D小隊に在籍していたマッシュとオルテガで構成されている<ref name="msv2-190" />。彼らはその能力の高さから軍内での立場を優遇されていたという<ref name="eb39-142">『ENTERTAINMENT BIBLE .39 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』バンダイ、1991年12月、142頁。</ref>。教導機動大隊では [[ザクI#ザクI(後期生産型)|ザクI]]を乗機としており、一年戦争に至るまで数回に渡りメンバーチェンジが行われるが、[[宇宙世紀]]0079年に勃発した一年戦争初期の[[一年戦争#ルウム戦役|ルウム戦役]]直前よりガイア、マッシュ、オルテガの3人に固定される(このときの乗機は [[ザクII#初期量産型ザクIIII(C型)|ザクII C型]] )<ref name="msv2-190" />。
 
彼らはジェットストリームアタックと呼ばれる三位一体の攻撃フォーメーションで[[地球連邦軍]]艦隊を攻撃。艦隊の総司令であった[[レビル]]中将(当時)の座乗する旗艦[[マゼラン (ガンダムシリーズ)|アナンケ]]を撃沈し、脱出を図ろうとするレビルを捕虜にした功績からその名をとどろかせることとなる。また、この功績から [[ザクII#指揮官用ザクII(ザクII S型)|ザクII S型]]が与えられている<ref name="msv2-190" />。「黒い三連星」の異名は、このザクII S型以降に彼らの乗機が黒を基調としたパーソナルカラーに塗装されていたことによる<ref group="注">資料によっては、ルウム戦役の乗機から黒のパーソナルカラーであったとされる。後述の「ルウム戦役での搭乗機」を参照。</ref>とも、彼らが着用していた揃いのノーマルスーツが黒であったことによる<ref>『アニメック16号 機動戦士ガンダム大事典』ラポート、1981年3月、106頁。</ref>とも言われる。
 
* MS-05B [[ザクI#ザクI(後期生産型)|ザクI]]
* MS-06C [[ザクII#初期量産型ザクIIII(C型)|初期量産型ザクII C型]]
* MS-06S [[ザクII#指揮官用ザクII(ザクII S型)|指揮官用ザクII]]
* MS-06R-1A [[高機動型ザクII#高機動型ザクII(R-1A型)|高機動型ザクII]]
 
* 『[[ホビージャパン]]』の別冊『HOW TO BUILD GUNDAM』(1981年)ではモデラー勝呂国弘のオリジナルによる[[ザクI#ザク武装旧タイプ|ザク武装旧タイプ]]がそれに当たるとされた。ザクIとザクIIの中間的な機体とされる。
* 『[[モビルスーツバリエーション]](MSV)』(1984年)の設定では[[ザクII#初期量産型ザクIIII(C型)|ザクII C型]]であり、その功績により[[ザクII#指揮官用ザクII(ザクII S型)|S型]]を受領したとされる<ref name="msv2-190" />。
* 『サイバーコミックス01』(1988年)掲載の赤井孝美の漫画『ルウム戦記』では、ザクIであるとされた。パーソナル・カラーで塗装されているように見えるコマもある。
* 『[[機動戦士ガンダム ギレンの野望|ギレンの野望]]』(1998年4月)のゲーム内のムービーでは、ザクIの頭部をもち、パーソナル・カラーに塗装されたザクIIであるとされた。なお、ゲーム本編では地球侵攻作戦時にパーソナル・カラーを施したザクIに搭乗している。

案内メニュー