「テルプシコラー」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
『神統記』はイオニア方言を使用しており、テルプシコレーの名で登場する。
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
(『神統記』はイオニア方言を使用しており、テルプシコレーの名で登場する。)
{{Redirect|テルプシコラ|その他}}
[[File:Terpsichore.jpg|thumb|240px|[[ジャン=マルク・ナティエ]]の1739年の絵画『テルプシコラー』。{{仮リンク|サンフランシスコ美術館|en|Fine Arts Museums of San Francisco}}所蔵。]]
'''テルプシコラー'''({{lang-|grc-short|'''Τερψιχόρα'''}}(アッティカ方言), {{ラテン翻字|el|Terpsichorā}})または'''テルプシコレー'''({{lang|grc|Τερψιχόρη}}([[ギリシア語イオニア方言|イオニア方言]]), {{lang-la|Terpsichore}}, 「踊りの楽しみ」の意)は、[[ギリシア神話]]に登場する女神で、文芸を司る[[ムーサ]]たち(ムーサイ)の1柱である。[[ラテン語]]では'''テルプシコレー'''。[[長母音]]を省略して'''テルプシコラ'''、'''テルプシコレ'''、また'''テレプシコーラ'''とも表記される。
 
すべてのムーサたちと同じく大神[[ゼウス]]と[[ムネーモシュネー]]の娘で、[[カリオペー]]、[[クレイオー]]、[[メルポメネー]]、[[エウテルペー]]、[[エラトー]]、[[ウーラニアー]]、[[タレイア (ムーサ)|タレイア]]、[[ポリュムニアー]]と姉妹<ref>ヘーシオドス、76行-79行。</ref><ref>ヘーシオドス、915行-917行。</ref><ref>アポロドーロス、1巻3・1。</ref>。

案内メニュー