「金曜ロードショー」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
* このテーマソングが発売されると、LPレコード版を100名・シングルレコード版を200名に番組からプレゼントした。その告知の際<ref>1986年2月7日「マンハッタン無宿」が放送された時。</ref>、水野は「こうした素晴らしい音楽、私達の胸に忘れぬ感動を捧げてくれます。」と語っている。
* {{独自研究範囲|date=2020年7月|このオープニング映像の撮影地は、[[相模湾]](正確には、相模湾の小湾である小和田湾)に面した、([[三浦半島]]西岸側の)[[神奈川県]][[横須賀市]]佐島地区の[[佐島漁港]](佐島マリーナ)、並びに、同じく三浦半島西岸側の神奈川県[[葉山町]]堀内(ほりうち)字鐙摺(あぶずり)地区の鐙摺漁港(葉山マリーナ)である。桟橋の映像は千葉県館山市の北条海岸の桟橋である。}}
* {{独自研究範囲|date=2021年4月|フェードインして一瞬にして夜になった際にスクリーンの左側後方に見える建物は『'''パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店'''』という[[洋菓子|洋菓子店]]である。}}
* 前述の水野死去時の追悼映像ではBGMに本オープニング曲が使われており、水野降板以来11年ぶりに番組内で流れた。
* [[2010年]][[10月1日]]の放送では「金曜ロードショー25周年記念」として、このオープニングが編集が入ったものの流れた。
* 2016年4月1日放送分から2018年7月13日放送分まではオープニングは存在せず、予告の後すぐに映画本編が始まっていた。
|}
 
=== エンディングの映像 ===
==== 初代 ====
* エンディング内容…提供クレジットの後の5秒のエンドパターンについては、1991年9月までは静止画(設定は夜になるまでヨットが浮かんだままと言うもの。金曜ロードショーのロゴが上に表示し、下に「(旧ロゴ、後にロゴなし)日本テレビ END」と表示)で、同年10月頃から1996年9月頃までは[[動画]](設定はヨットのバテン部分が潰れ、ヨットに乗っていたシルエットの人は[[カヌー]]に乗り換えると言うもの。『金曜ロードショー』のロゴの部分で下の「ロードショー」が上の「金曜」の隣に入り、下に「THE END」と表示)によるものだった。1996年10月頃からはエンドパターンは廃止された。
** なお、のちに、その週に放映された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供[[クレジットタイトル|クレジット]]が表示され、その後、5秒のエンドパターンとなるバージョンも登場した。また、その週に放送された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供クレジットが表示された後、いつもの5秒のエンドパターンが流れずに番組が終了したケースもある(例:[[1990年]]8月3日に、「終戦45周年特別企画」の第一弾として放送された『[[連合艦隊 (映画)|連合艦隊]]』など)。また、1990年代序盤には、スチール写真(または、画像)をバックに提供クレジットが表示された後、一旦CM、もしくは視聴者プレゼント告知を挟んでから5秒のエンドパターンが流れたパターンもあった(例:1990年10月5日に放映された『[[魔女の宅急便 (1989年の映画)|魔女の宅急便]]』)。なお、[[1988年]]1月1日に放送された『[[風と共に去りぬ (映画)|風とともに去りぬ]]』は、スチール写真と提供クレジットが表示された後、スチール写真のまま、「金曜特別ロードショー 日本テレビ開局35周年特別番組 風と共に去りぬ 完」と流れた。
** 初期のスタッフロールは、水曜ロード時代の背景を使用していた。
 
== 各年での年間1位作品 ==
|}
※出典「[https://web.archive.org/web/20080721030437/http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/ranking.html 金曜ロードショー ベスト30ランキング]」
 
 
 
=== エンディングの映像 ===
==== 初代 ====
* エンディング内容…提供クレジットの後の5秒のエンドパターンについては、1991年9月までは静止画(設定は夜になるまでヨットが浮かんだままと言うもの。金曜ロードショーのロゴが上に表示し、下に「(旧ロゴ、後にロゴなし)日本テレビ END」と表示)で、同年10月頃から1996年9月頃までは[[動画]](設定はヨットのバテン部分が潰れ、ヨットに乗っていたシルエットの人は[[カヌー]]に乗り換えると言うもの。『金曜ロードショー』のロゴの部分で下の「ロードショー」が上の「金曜」の隣に入り、下に「THE END」と表示)によるものだった。1996年10月頃からはエンドパターンは廃止された。
** なお、のちに、その週に放映された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供[[クレジットタイトル|クレジット]]が表示され、その後、5秒のエンドパターンとなるバージョンも登場した。また、その週に放送された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供クレジットが表示された後、いつもの5秒のエンドパターンが流れずに番組が終了したケースもある(例:[[1990年]]8月3日に、「終戦45周年特別企画」の第一弾として放送された『[[連合艦隊 (映画)|連合艦隊]]』など)。また、1990年代序盤には、スチール写真(または、画像)をバックに提供クレジットが表示された後、一旦CM、もしくは視聴者プレゼント告知を挟んでから5秒のエンドパターンが流れたパターンもあった(例:1990年10月5日に放映された『[[魔女の宅急便 (1989年の映画)|魔女の宅急便]]』)。なお、[[1988年]]1月1日に放送された『[[風と共に去りぬ (映画)|風とともに去りぬ]]』は、スチール写真と提供クレジットが表示された後、スチール写真のまま、「金曜特別ロードショー 日本テレビ開局35周年特別番組 風と共に去りぬ 完」と流れた。
** 初期のスタッフロールは、水曜ロード時代の背景を使用していた。
 
== 日曜ロードショー ==

案内メニュー