「小松未歩」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎人物: 誤字(聴き取り誤り)修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
アルバムタイトルには自分の名前を冠する[[セルフタイトル]]が恒例となっている(ただし、1stアルバム『[[謎 (アルバム)|謎]]』{{efn|name="1st-album"|[[謎 (アルバム)|1stアルバム]]のジャケットやレーベル面には『謎{{Font color|red|?}}miho komatsu』、サイドキャップには『謎{{Font color|red|?}}小松未歩』といずれも疑問符が表記されているが、公式では疑問符は付かない。}}とバラードセレクションアルバム『[[lyrics (小松未歩のアルバム)|lyrics]]』は例外)。
 
かつてビーインググループでは、女性アーティストのメディア露出を極力抑えるメディア・コントロール戦略<ref>鹿島良雄「“隠れる女”たちの魅惑」『別冊宝島1474 音楽誌が書かないJポップ批評50 ZARD&アーリー90'sグラフィティ』2007年10月19日、[[宝島社]]。(ISBN 978-4-7966-5946-8)</ref>がよく取られていたが、その中でも特に小松は、デビュー以降、[[テレビ]]、[[ラジオ]]の番組出演は全く行わず、GIZA studio本社ビル「[[hills パン工場|hillsパン工場・ライブハウス]]」を含め、ライブ等も一切行っていない<ref name="sponichi" /><ref name="OldiesGoodies2" /><ref>{{Twitter status2|livehillspan|289206700047753217|2013年1月10日12時7分}}「ライブハウスhillsパン工場はオープン当初はGIZA/ビーイング所属アーティスト専用のライブハウスでした。そのため、大物新人問わずあらゆる所属アーティストが一度はあのステージに登場しています。唯一、出演が実現しなかったアーティスト、それは小松未歩さんでした。」</ref>。
 
デビュー作品から一貫して、小松のボーカルラインには[[ダブルトラック (音楽)|ダブルトラック]]と呼ばれる録音技術が用いられている<ref>“ヴォーカル・トラックはダブる(2ch使う方式)事になりました。”[[寺尾広]]「Being Works 第5回 謎」『music freak Es Vol.20 (2011年8月号)』、[[エムアールエム]]。</ref>。
 
== 来歴 ==
両親が音楽好きで、兄の影響もあり、3歳の頃より[[エレクトーン]]を始める。また、兄と2人で[[合唱|合唱団]]にも入っていた<ref>artist express 小松未歩「音楽は兄からの影響が大きかった、兄が[[カセットテープ|テープ]]に入れてくれた曲をいつも聴いていました。」『[[JUNON]] (2000年4月号)』、[[主婦と生活社]]。</ref>。中学時代から、[[邦楽]][[洋楽]]問わずに興味を持ち、オリジナルで[[作詞]][[作曲]]を始める。この頃、初めて組んだ[[バンド (音楽)|バンド]]に[[キーボード (楽器)|キーボード]]で参加する。高校時代より、バンドの[[ボーカル]]として[[京阪神]]の[[ライブハウス]]に出演するようになり、楽曲制作と並行して[[演奏会|ライブ]]を続けていくようになる{{efn|name="before_the_debuts"|[http://www.miho-komatsu.com/menu/biography.html 公式プロフィール]では、小松はデビュー前に「3歳の頃よりエレクトーンを始める」「中学時代から、オリジナルで作詞作曲を始める」「バンドにキーボードで参加」としているが、GIZA制作チーフディレクターの[[寺尾広]]によるコラム(「Being Works 第5回 謎」『music freak Es Vol.20 (2011年8月号)』、[[エムアールエム]])によると、小松は[[長戸大幸]]に作曲を勧められるまで、作曲デモを作成した事が無く、歌いながらキーボードを指1本、または、指2〜3本で弾いていたとしている。また、2021年4月10日放送「[[OLDIES GOODIES]]」([[エフエム滋賀|FM滋賀]])にて、[[長戸大幸]]が(長戸の秘書の面接試験を受けに来た小松に対し)「楽器弾ける?」と尋ねたところ、小松が「いえ、弾けません」と答えたエピソードを紹介するとともに、小松が歌いながらキーボードを単音で弾いている「[[愛してる...]]」と「[[謎 (曲)|謎]]」の作曲デモテープが流された。}}。
 
大手航空会社に勤務していたが、[[ビーイング]]グループの[[B-Gram RECORDS|ビーグラム]]大阪{{efn|name="diamond-building"}}で行われた[[転職|中途採用]]の面接<ref name="OldiesGoodies3">2021年4月10日放送「[[OLDIES GOODIES]]」([[エフエム滋賀|FM滋賀]])にて、[[長戸大幸]]が「この子は私の秘書の面接試験を受けに来て、秘書がもう一人決まってダメだったんです。」と語っている。</ref>にて、[[長戸大幸]]に作曲を勧められる<ref name="Karaoke1" /><ref name="debut_musicfreakEs">“大手航空会社勤務だった小松未歩さんは、音楽制作会社ビーイング系列のビーグラム大阪で行われた、中途採用の社員面接に訪れました。この時、プロデューサーの長戸大幸さんと出会います。”([[寺尾広]]「Being Works 第5回 謎」『music freak Es Vol.20 (2011年8月号)』、[[エムアールエム]]。)</ref><ref>{{Twitter status2|saidasai|157785031132196864|2012年1月13日20時24分}} 「ビーイングのアーティストじゃなけりゃ小松未歩さんは発掘すらされてなかったと断言しておきます。」</ref>{{efn|name="debut_OfficialProfile"|小松のデビューの経緯について、[http://www.miho-komatsu.com/menu/biography.html 公式プロフィール]では「創作活動、ライブを続けていた時、知人を通じオリジナル曲のデモテープがプロデューサーの手に渡る」としている。}}。
; 2016年
*12月9日、斉田が「小松さんの情報は、変わらずどこからも入ってきてないなぁ…謎です」とツイート<ref>{{Twitter status2|saidasai|807410127691071488|2016年12月10日11時22分}} 「その後、宇津本さんは[[時乗浩一郎|時乗]]さんと何か一緒に活動してるのをfacebookか何かで見たなぁ。Feel So Badはメンバー増強してまた活動がありますね。小松さんの情報は、変わらずどこからも入ってきてないなぁ…謎です(´-`).。oO」</ref>。
 
音楽活動は2006年、公式サイトは2009年以降活動が見られず、現在は限りなく引退に近い状態の活動休止中<ref name="OldiesGoodies2" />。
 
; 2021年
*4月10日、[[エフエム滋賀|FM滋賀]]の音楽番組「[[OLDIES GOODIES]]」にて、デビューシングル「[[謎 (曲)|謎]]」と15stシングル「[[愛してる...]]」のデモテープが公開される{{efn|2021年4月10日放送「[[OLDIES GOODIES]]」([[エフエム滋賀|FM滋賀]])にて公開された小松のデモテープについて、「[[謎 (曲)|謎]]」は2つ流されたが、1つ目は原曲に対し歌詞とBメロが大きく異なるもの、2つ目は原曲に近いものであった。また「[[愛してる...]]」は、指1本でキーボードを弾きながら適当な英語の仮歌を歌ったものであった。なお、小松のボーカルラインに[[ダブルトラック (音楽)|ダブルトラック]]手法を用いていない音源が公開されたのは初めてのことである。}}。
 
*4月11日、ばんばひろふみと長戸大幸によるFM滋賀のラジオ番組「OLDIES GOODIES」にて、デビューシングル「謎」、15stシングル「愛してる…」デモテープが公開される。
「謎」は番組内で2つ流されたが、仮歌の段階の1つ目は原曲とBメロが異なり、2つ目は原曲に近いものとなっている。
 
音楽活動は2006年、公式サイトは2009年以降活動が見られず、現在は限りなく引退に近い状態の活動休止中<ref name="OldiesGoodies2" />。
「愛してる…」は「謎」のデモテープと異なり、ピアノ指一本でベース音を弾き仮歌を英語で歌っている。
 
このデモテープ数曲はオーバーダビングをしていないので貴重な生歌を聴けるものとなった。
 
== ディスコグラフィ ==
!発売日!!タイトル!!規格品番!!参加曲
|-
|2002年7月17日||[[GIZA studio MAI-K & FRIENDS HOTROD BEACH PARTY]]||GZCA-5017||M-5.[[サーフィン・U.S.A.|SURFIN' U.S.A]] (guest vocals){{efn|ソロパートは、[[倉木麻衣]]→[[北原愛子]]→[[三枝夕夏]]→[[上原あずみ]]→[[愛内里菜]]→小松の順。小松のみ[[ダブルトラック (音楽)|ダブルトラック]]手法で収録されている。}}
|-
|2005年7月27日||[[岩田さゆり]]「[[不機嫌になる私]]」||GZCA-4046||M-1.不機嫌になる私 (Background Vocals)

案内メニュー