「中山雅史」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎日本代表: 加筆と出典代行)
 
== 日本代表 ==
1990年、[[横山謙三]]監督に選出されダイナスティカップの北朝鮮戦で[[国際Aマッチ|Aマッチ]]デビューを果たした<ref name="JF"/>。以降は代表を遠ざかっていたが、1992年に[[ハンス・オフト]]が代表監督になると代表に復帰、主に試合終盤に投入される[[スーパーサブ]]として活躍、第2回[[ダイナスティカップ]]決勝の韓国戦では代表初ゴールとなる同点ゴールを挙げるなど<ref>{{cite news | url=http://samuraiblue.jp/timeline/19920829/| publisher =samuraiblue.jpl | title =日本 vs 韓国 1992| accessdate =17 April 2020}}</ref>、優勝に貢献、[[AFCアジアカップ1992|アジアカップ]]では準決勝の[[サッカー中華人民共和国代表|中国]]戦で決勝ゴールを決めるなど<ref>{{cite news | url=http://samuraiblue.jp/timeline/19921106/| publisher =samuraiblue.jpl | title =日本 vs 中国 1992| accessdate =17 April 2020}}</ref>、優勝に貢献した。1993年はクラブが[[ジャパンフットボールリーグ]](JFL)在籍にもかかわらず、[[1994 FIFAワールドカップ・アジア予選]]のメンバーにヤマハのチームメイトであった[[吉田光範]]と共に選ばれた。最終予選では1-2で敗戦した第2戦の[[サッカーイラン代表|イラン]]戦で途中出場から1ゴールを決めると、累積警告で出場出来なかった[[高木琢也]]に変わって先発の第3戦[[サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表|北朝鮮]]戦でもゴールを決め勝利に貢献<ref>{{cite news | url=https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=73116 |publisher=www.soccerdigestweb.com| title =運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は1 | accessdate =13 May 2020}}</ref>、最終戦の[[サッカーイラク代表|イラク]]戦でも勝ち越しゴールを決めたが、ロスタイムに同点ゴールを決められ引き分け、ワールドカップ行きの切符を逃した<ref>{{cite news | url=https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=73116 |publisher=www.soccerdigestweb.com| title =運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は EP5 3| accessdate =13 May 2020}}</ref>。
1995年の[[キリンカップサッカー|キリンカップ]]で復帰したが<ref name="JF"/>、6月の[[アンブロ・カップ]]英国遠征にて故障し、翌シーズンの不調もあり一時期代表から遠ざかる。
 

案内メニュー