「トウノウネコノメ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
m
[[和名]]'''トウノウネコノメ'''は、「東濃猫の目」の意<ref name="Kadota" />。岐阜県[[東濃地方]]に分布することからつけられた<ref name="APG50" />。
 
[[種小名]](種形容語){{Snamei|pseudopilosum}} は、pseudo-pilosum であり、pseudo- は、「~に似た」「偽の~」の意味、pilosum は、「長軟毛のある」の意味である<ref name="Makino">『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1507, 1509</ref>が、同属の[[コガネネコノメソウ]]の基本種の学名は、{{Snamei|Chrysosplenium pilosum}} であり、この場合、「コガネネコノメソウ(基本種、ケネコノメソウ)に似た」の意味となる。
 
== ギャラリー ==

案内メニュー