「利用者:08-DYI/下書き3」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
タグ: 差し戻し済み
m
タグ: 差し戻し済み
==== 相次ぐ摂政の死と誘拐 ====
[[ファイル:James VI of Scotland aged 20, 1586..jpg|thumb|left|160px|[[1586年]]頃のジェームズ]]
1567年[[2月10日]]、ジェームズが1歳の誕生日を迎える以前に、父ダーンリー卿は不審な死を遂げ、母メアリーとは引き離された。母は父の殺害事件の首謀者と疑われた第4代[[ボスウェル伯]][[ジェームズ・ヘップバーン (第4代ボスウェル伯爵)|ジェームズ・ヘップバーン]]と同年[[5月15日]]に再々婚したことでスコットランド貴族の怒りを買い、[[7月24日]]に母は廃位されボスウェル伯は亡命、ジェームズは5日後の7月29日に1歳1か月でスコットランド王位に就いた。メアリーは翌[[1568年]]に再起を図ったが失敗しイングランドへ亡命、以後[[1587年]]に処刑されるまでジェームズ6世と会うことはなかった。即位後、メアリー側の勢力とジェームズ6世を擁した勢力との間で、内戦が5年ほどの間続いた({{仮リンク|メアリアン内戦|en|Marian civil war}})。この内戦は[[1573年]]にイングランドがスコットランドへ援軍を派遣して介入、メアリー派が籠城する[[エディンバラ城]]をジェームズ6世派が落とし残党を処刑することによって終息した{{sfn|森護|1988|p=285-290,297}}{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=230-235}}{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=369}}{{sfn|石井美樹子|2009|p=336-337,386-387}}{{sfn|小林麻衣子|2014|p=26-28,34-35}}。
 
ジェームズ6世の即位後しばらくの間は摂政が置かれ、17歳になるまで実質的な政務を執ることはなかった。最初の摂政はメアリーの庶出の兄で王の母方の伯父に当たる初代[[マリ伯爵]][[ジェームズ・ステュアート (初代マリ伯爵)|ジェームズ・ステュアート]]であったが、[[1570年]]にメアリーの支持者によって[[暗殺]]された。次いで、ダーンリー卿の父で王の父方の祖父に当たる{{仮リンク|レノックス伯|en|Earl of Lennox}}[[マシュー・ステュアート (第4代レノックス伯)|マシュー・ステュアート]]が摂政となったが、この祖父も[[1571年]]に国内の紛争で殺害された。マリ伯の母方の伯父で3人目の摂政となった[[マー伯爵]][[ジョン・アースキン (第18代マー伯)|ジョン・アースキン]]も[[1572年]]に死去し、王の祖母[[マーガレット・ダグラス]]の従弟に当たる[[モートン伯爵]][[ジェイムズ・ダグラス (第4代モートン伯)|ジェイムズ・ダグラス]]が最後に摂政となった{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=369}}{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=237-239}}{{sfn|石井美樹子|2009|p=360}}{{sfn|小林麻衣子|2014|p=41-42}}。
 
1570年にマリ伯が暗殺された後頃から、ジェームズ6世の家庭教師として{{仮リンク|ジョージ・ブキャナン|en|George Buchanan}}と{{仮リンク|ピーター・ヤング (チューター)|en|Peter Young (tutor)|label=ピーター・ヤング}}がついている。ブキャナンは政治に携わり、[[1579年]]頃までジェームズ6世のもとにいたといわれるブキャナンは、[[カトリック教会|カトリック]]に基づく[[王権神授説]]でなく、[[プロテスタント]]に基づく制限された国王論を教えようとしたとも言われている。ジェームズ6世はブキャナンから語学・天文学・数学・歴史・修辞学などを、ヤングからは歴史・神話・地理・医学などを教わり、ギリシャ・ローマの学問を重視した[[人文主義者|人文主義]]的教育を受けて、語学に堪能で博学を誇る君主へと成長した。ただしブキャナンに対する感情は複雑で、英才教育に感謝しながらも短気で教育は厳しい上、よく体罰を与えることもあり母を憎むあまり罪を吹き込むブキャナンを恐れていた。一方、自分に同情的で優しいヤングの方は気に入り、後に結婚のため[[デンマーク]]に派遣する使者に選んでいる{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=240-241}}{{sfn|小林麻衣子|2014|p=36-41,56-58}}。
 
[[1579年]]、ジェームズ6世が成人の統治者となったことを祝う式典が行われた。この時以降、主な居所をそれまでの[[スターリング城]]からエディンバラ城に移すようになった{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=241-242}}。<!--<ref name=":0">{{Cite web|url=https://en.wikipedia.org/wiki/James_VI_and_I|title=james Ⅵ&Ⅰ|accessdate=2020.05.24|publisher=英語版ウィキペディア}}</ref>-->
 
同年、13歳のジェームズ6世は[[フランス王国|フランス]]帰りのオウビーニュイ卿[[エズメ・ステュワート (初代レノックス公)|エズメ・ステュアート]](父方の従叔父に当たり、後に[[レノックス公爵]]に叙爵)に魅了され、彼を寵愛した(ジェームズ6世は男色家=ホモセクシュアルで知られている)。邪魔になったモートン伯は、レノックス公の謀略でダーンリー卿殺害に関与したとして[[1581年]]1月に処刑されたが、ジェームズ6世の[[寵臣]]政治はスコットランド貴族達の反発を招き、翌[[1582年]]8月に初代ガウリ伯{{仮リンク|ウィリアム・リヴァン (初代ガウリ伯)|en|William Ruthven, 1st Earl of Gowrie|label=ウィリアム・リヴァン}}の計略によりジェームズ6世は誘拐、{{仮リンク|リヴァン城|en|Ruthven Castle}}に軟禁された({{仮リンク|リヴァンの襲撃|en|Raid of Ruthven}})。レノックス公も逮捕され12月にフランスへ逃亡した{{#tag:ref|レノックス公はフランスのスパイとされていて、ジェームズ6世の母方の従叔父に当たる[[ギーズ公]][[アンリ1世 (ギーズ公)|アンリ1世]]への手紙で[[スペイン]]および[[教皇|ローマ教皇]]の支持と資金提供でイングランド侵略を図る計画を書き送り、スコットランド・フランスでイングランドを挟み撃ちにする計画が出来上がっていた。それを察知したエリザベス1世はスコットランド貴族にレノックス公失脚を命じたため、政変にはイングランドも一枚噛んでいた{{sfn|石井美樹子|2009|p=418-419}}。|group=注釈}}{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=369}}{{sfn|森護|1988|p=298}}{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=242-245}}{{sfn|小林麻衣子|2014|p=42-43}}。ガウリ伯はプロテスタント貴族で、ジェームズ6世に対するフランスやカトリックの影響、母のイングランドからの帰還を妨げようとしたらしい<!--<ref name=":0" />-->。
 
==== 親政 ====
[[1586年]]、ジェームズ6世はイングランドと{{仮リンク|ベリック条約 (1586年)|label=ベリック条約|en|Treaty_of_Berwick_(1586)}}を結ぶ。極秘書類の記録ではあるが、エリザベス1世は自分を挑発しなければジェームズ6世のイングランド王位継承権を認めることを約束、年金も支給した。翌1587年に母がイングランドで処刑されるが、ジェームズ6世はイングランドには形式的な抗議だけで済ませ処刑を黙認、[[1588年]]にエリザベス1世に忠誠を誓った(後継者として有力でもあったため)。一方でイングランドと対立していたスペインにも接触、両国どちらが勝っても都合が良いように外交に気を配った(結果的に[[アルマダの海戦]]でイングランドが勝利)。またエリザベス1世の寵臣・[[エセックス伯]][[ロバート・デヴァルー (第2代エセックス伯)|ロバート・デヴァルー]]にも接触している{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=369}}{{sfn|森護|1988|p=300}}{{sfn|石井美樹子|2009|p=444-445,491,549}}。
 
[[1589年]]、カトリック教徒の[[ハントリー侯爵|ハントリー伯爵]]{{仮リンク|ジョージ・ゴードン (初代ハントリー侯爵)|label=ジョージ・ゴードン|en|George Gordon, 1st Marquess of Huntly}}にスペインと密約を交わした容疑が上がったが、寛大な処置で済ませた{{sfn|小林麻衣子|2014|p=230,233,263}}。同年、[[デンマーク=ノルウェー]]の王[[フレゼリク2世 (デンマーク王)|フレゼリク2世]](フレデリク2世)の娘[[アン・オブ・デンマーク|アンナ]](アン)と結婚した{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=369}}。フレデリク2世は[[ティコ・ブラーエ]]を支援した国王で、当時は亡くなっていたが、ジェームズ6世はデンマークでブラーエと会っている<!--<ref>{{Cite web|url=https://en.wikipedia.org/wiki/Tycho_Brahe|title=Tycho Brahe|accessdate=2020.5.24|publisher=英語版ウィキペディア}}</ref>-->。翌[[1590年]]、国王の乗船が嵐に巻き込まれて沈没寸前になる出来事が起きたが、これに関して国王に反対する勢力が雇った[[黒魔術]]師による国王暗殺計画があったとして、70名の女性が逮捕される[[魔女狩り]]騒動が起きている{{enlink|North Berwick witch trials|s=off}}。国王自ら参加し、後に自身の著書『悪魔学([[デモノロジー]])』の冒頭にこの事件を記述している。この裁判は、デンマークで行われていたものをジェームズ6世が初めてスコットランドに持って来て行った裁判で、魔女に「国王はサタンが相手する世界最大の強敵」「かの人は神の人」と証言させることで、国王の神性を高めるための目的もあったという{{#tag:ref|この魔女狩りには政治性が付きまとい、ジェームズ6世は母方の従兄に当たる第5代ボスウェル伯{{仮リンク|フランシス・ステュアート (第5代ボスウェル伯爵)|en|Francis Stewart, 5th Earl of Bothwell|label=フランシス・ステュアート}}を魔女集会を開いて国王暗殺を謀った容疑で追及、ボスウェル伯を亡命に追いやった。そのため裁判は政敵排除を狙った国王謀略説があり、以後の魔女裁判にジェームズ6世があまり関わらなくなった点からも、国王の裁判の関心は魔女より政敵にあった疑いが有力視されている。また[[1591年]]にボスウェル伯が[[ホリールード宮殿]]へ侵入する事件が起こり、[[1592年]]にジェームズ6世の命令でハントリー伯がボスウェル伯の共犯として第2代マリ伯{{仮リンク|ジェームズ・ステュアート (第2代マリ伯爵)|en|James Stewart, 2nd Earl of Moray|label=ジェームズ・ステュアート}}を殺害している。ちなみにハントリー伯はジェームズ6世の計らいでほとぼりが冷めるまで匿われ、解放後は侯爵に昇叙された。一方、ボスウェル伯はジェームズ6世がイングランドへ移ると、亡命先のイタリアからスコットランドへ帰国している{{sfn|ナイジェル・トランター|杉本優|1997|p=247-254}}{{sfn|度会好一|1999|p=180,251-253}}{{sfn|小林麻衣子|2014|p=221,262}}。|group=注釈}}{{sfn|度会好一|1999|p=175-179}}。また『悪魔学』を通して、この裁判から[[ウィリアム・シェイクスピア|シェイクスピア]]が影響を受けて『[[マクベス (シェイクスピア)|マクベス]]』が書かれたともいわれる<!--<ref>{{Cite web|url=https://en.wikipedia.org/wiki/Macbeth|title=https://en.wikipedia.org/wiki/Macbeth|accessdate=2020.5.24|publisher=英語版ウィキペディア}}</ref>-->。
 
ジェームズ6世はみずから『自由なる君主国の真の法』(1598年)という論文を書いて[[王権神授説]]を唱えた。ここでいう「自由なる君主国」とは、王は議会からの何の助言や承認も必要なく、自由に法律や勅令を制定することができるという意味である{{#tag:ref|ジェームズ1世は、1609年の[[イギリスの議会|イングランド議会]]でも「王が神とよばれるのは正しい。そのわけは、王が地上において神の権力にも似た権力をふるっているからである。……王はすべての臣民のあらゆる場合の裁き手であり、しかも神以外のなにものにも責任を負わない」と演説している{{sfn|大野真弓|1975|p=?}}。|group=注釈}}。さらに[[1599年]]には『{{仮リンク|バシリコン・ドーロン|en|Basilikon_Doron}}(古代ギリシア語で「王からの贈り物」の意味)』を著述し、国王から長男[[ヘンリー・フレデリック・ステュアート|ヘンリー]]に向けた手紙という形式で君主論を論じている。国王は政治の主題とするテーマに精通しているべきや、世界史・数学・軍事についての教養の必要性、またスピーチは分かりやすい表現でなど、良き君主になるための自身の経験や教訓によって書かれている。この本はその後、ヘンリーの弟で次男[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]にも読ませている<!--<ref>{{Cite web|url=https://en.wikipedia.org/wiki/Basilikon_Doron|title=Basilikon Doron|accessdate=2020.5.24|publisher=英語版ウィキペディア}}</ref>-->。
[[ファイル:James I, VI by John de Critz, c.1606..png|thumb|317x317px|[[1606年]]頃のジェームズ]]
[[File:KingJamesLetter.jpg|thumb|イングランド王ジェームズ1世から[[徳川家康]]への手紙(1613年)]]
1603年3月に入るとエリザベス1世が重体となり、セシルは女王崩御に備え、[[3月19日]]にジェームズ6世に彼がイングランド王に即位する旨の布告の原案を送り届けて、王位継承準備を整えた(エリザベス1世がジェームズ6世への王位継承を認めていたかどうかは不明)。5日後の3月24日にエリザベス1世は崩御し、ジェームズ6世は4月に[[エディンバラ]]を出発、[[ロンドン]]で熱狂的な歓迎を受け7月25日に戴冠、[[同君連合]]でイングランド王ジェームズ1世となった。平穏な王位継承を迎えるための政治工作に尽力したセシルには翌[[1604年]]に[[ソールズベリー伯爵]]を叙爵、[[1608年]]に{{仮リンク|大蔵卿 (イギリス)|label=大蔵卿|en|Lord High Treasurer}}に任命して報い、ソールズベリー伯の従兄の[[フランシス・ベーコン (哲学者)|フランシス・ベーコン]]も[[ナイト]]叙爵と特命の学識顧問官任命で助言者に迎え入れた{{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|大野真弓|1974|p=114}}{{sfn|森護|1988|p=302-303}}{{sfn|塚田富治|1996|p=91-92}}{{sfn|青木道彦|2000|p=241-242}}{{sfn|塚田富治|2001|p=35-37}}。
 
これがイングランドにおけるステュアート朝の幕開けとなり、以後イングランドとスコットランドは、[[1707年]]に[[合同法 (1707年)|合同]]して[[グレートブリテン王国]]となるまで、共通の王と異なる政府・議会を持つ同君連合体制をとることとなる。イギリス史ではこれを[[王冠連合]]と呼ぶ。イングランドの宮廷生活に満足したジェームズ1世は、その後スコットランドには1度しか帰ることがなかった{{#tag:ref|同君連合という都合上紋章を改訂する必要に迫られ、4分割した紋章の盾の左上の位置は優位の位置であり、イングランド・スコットランドどちらの紋章を置くかが問題になった。解決策として新たに2種類の紋章を改訂、イングランドではイングランドの紋章を左上に置いた紋章を、スコットランドではスコットランドの紋章を左上に置いた紋章を使い分けることにした。この伝統は現在も王室に引き継がれている{{sfn|森護|1988|p=303-307}}。|group=注釈}}。
 
==== 議会に対して ====
ジェームズ1世はエリザベス体制を継続するという暗黙の条件でやってきていたため、ソールズベリー伯やベーコンを助言者として重用し続けた<ref name="トレ(1974)114">一方、先代の寵臣の1人だった[[#トレ(1974)ウォルター・ローリー]]は特権を取り上げて投獄している{{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン(|大野真弓|1974)]] |p.=114</ref>}}。ただしこの時、ソールズベリー伯などジェームズ1世によって重用されたり援助した者の多くは[[貴族院 (イギリス)|貴族院]]での仕官だったため、[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]で国王側の者が少なくなった。当時、貴族院と庶民院はそれぞれその院内の者しか発言権がなかったため、後々になってジェームズ1世は議会に対して不利になっていく<ref name=":0" />。
 
ただ、ジェームズ1世は議会を無視して王権を振るった印象が強いが、イングランド王位継承直後は「議会との協調」を発言し、エリザベス1世に比べても議会を開催した回数は少なくなく、8期会(36か月)行っている<ref name=":0" />。
 
==== 宗教政策 ====
1604年、ジェームズ1世は[[ハンプトン・コート宮殿]]に[[イングランド国教会]]や[[ピューリタン]]など宗教界の代表者たちを招いて会議を行った({{仮リンク|ハンプトン・コート会議|en|Hampton Court Conference}})。この中でジェームズ1世は、カトリックとピューリタンの両極を排除することを宣言したが、これによりカトリックとピューリタンの両方から反感を買うことになった{{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|大野真弓|1974|p=116}}{{sfn|森護|1988|p=309}}。
 
[[1605年]]には[[ガイ・フォークス]]らカトリック教徒による、国王・重臣らをねらった爆殺未遂事件([[火薬陰謀事件]])が起こった。なお、[[1611年]]に刊行された[[欽定訳聖書]]は、ジェームズ1世の命により国教会の典礼で用いるための標準訳として翻訳されたものである(この欽定訳聖書を作るための組織メンバーに{{仮リンク|ランスロット・アンドリューズ|en|Lancelot_Andrewes}}などがおり、フランシス・ベーコンに代表される科学と宗教の両立的発展があった知的なメンバーの集いにもなった){{sfn|ベンジャミン・ファリントン|松川七郎|中村恒矩|1968|p=95-96}}{{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|大野真弓|1974|p=117}}。
 
==== 連合統一政策 ====
1606年には、[[北アメリカ]]海岸に[[植民地]]を建設する目的で、[[ジョイント・ストック・カンパニー]]の[[バージニア会社]]に[[勅許会社|勅許]]を与え、本国のバージニア委員会を通じて経営を行った。[[ジェームズタウン (バージニア州)|ジェームズタウン]]の建設を進め、また1620年のピューリタンによる[[メイフラワー号]]も有名である。
 
エリザベス1世時代に敵対していたスペインとは1604年の{{仮リンク|ロンドン条約 (1604年)|label=ロンドン条約|en|Treaty of London (1604)}}で和解した。だが、その一方で私掠船を禁止したり、「反スペイン」で関係を強めていた[[オスマン帝国]]に対しては[[キリスト教徒]]としての観点から敵意を抱いて断交を決め、重臣や東方貿易に従事する商人たちからの猛反対を受けた。最終的にジェームス1世が妥協して、従来国家が負担していた大使館などの経費を全て商人たちに負担させることを条件に、オスマン帝国との国交は維持することになった(この時期の貿易は、イタリア・ヴェネツィア商人を通じて、オスマン帝国、さらに東南アジアとのスパイス貿易がメインだった{{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|大野真弓|1974|p=118}}{{sfn|竹田いさみ|2011|p=115}}。
 
ただ、東方貿易と同じ東南アジアに向かう東インド航路の開拓を進めた(1600年、エリザベス1世時代に[[イギリス東インド会社|東インド会社]]が設立されたが、当時はスペインと和平交渉は成立していなかった){{sfn|竹田いさみ|2011|p=113}}。1613年には[[ジャワ島]]のバンテンに商館を持っていて、日本にいる[[ウィリアム・アダムス|三浦按針]]から手紙を貰い、東インド会社第二船団に乗っていた[[ジョン・セーリス]]が日本に行き、[[徳川家康]]・[[徳川秀忠|秀忠]]親子と交渉して、[[平戸市|平戸]]に[[イギリス商館]]を築いている。また、秀忠からは鎧などを贈られ、これは現在も[[ロンドン塔]]に現存する。ジェームズ1世はこれにより日本に興味を持ち、セーリスの航海記を5回も読むほどだったらしい<!--<ref>{{Cite web|url=https://en.wikipedia.org/wiki/John_Saris|title=john saris|accessdate=2020.6.3|publisher=英語版ウィキペディア}}</ref>--><ref>{{Cite web|url=http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201302_2/2-4.pdf|title=日英交流400周年|accessdate=2020.6.03|publisher=}}</ref>。日本の工芸品などで初のイングランド国内オークションなどが行われるが、日本は基本的に東南アジアのスパイス貿易のサブ(東南アジアのスペイン・ポルトガル船襲撃や布製品の売り付けなど){{sfn|大江一道|1988|p=181-182}}だったため、[[1623年]]の[[アンボイナ事件]]以後、オランダとの関係悪化で東南アジアからインド貿易にシフトしていく(日本のイギリス商館も1623年に廃止された){{sfn|ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|大野真弓|1974|p=119}}
 
インド周辺のコーヒー貿易は、1606年末の東インド会社第三船団の際には計画されているが、貿易拠点作りのための商館建設交渉は長引き、[[1619年]]に東インド会社の巧みな外交によって[[モカ]]港の入港の許可に成功している。これによりコーヒーの大量買い付けが可能になっている{{sfn|竹田いさみ|2011|p=151-155}}。
 
=== ハノーヴァー朝につながる娘 ===
長女[[エリザベス・ステュアート|エリザベス]]は、[[1613年]]に[[ライン宮中伯|プファルツ選帝侯]][[フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)|フリードリヒ5世]]と結婚した。陽気で美しく慈悲の心を持っていた彼女は、イングランドでも非常に人気が高かった。嫁ぎ先の[[プファルツ選帝侯領|プファルツ]]でも領民たちから「慈愛の王妃」と呼ばれ慕われるほどであった。しかし、[[三十年戦争|ボヘミア・ファルツ戦争]](ベーメン・プファルツ戦争)で夫が皇帝[[フェルディナント2世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント2世]]に敗れると、全てを失って[[ネーデルラント連邦共和国|オランダ共和国]]への[[亡命]]を余儀なくされた。[[1661年]]にイングランドへ帰り、翌[[1662年]]ロンドンで死去した{{sfn|森護|1986|p=402-403}}。
 
ジェームズ1世は1621年に議会を開き、娘夫婦を援助する取り組みを行うが、議会の強い反対によって実現しなかった。後にはスペインとの関係を深めて対処しようとしている<ref name=":0" />。
== 出典 ==
* [[ベンジャミン・ファリントン]]著、[[松川七郎]]・[[中村恒矩]]訳『フランシス・ベイコン <small>-産業科学の哲学者-</small>』[[岩波書店]]、1968年。
* {{Cite book|和書|author=[[ジョージ・マコーリー・トレヴェリアン|G.M.トレヴェリアン]]|translator=[[大野真弓]]|date=1974年(昭和49年)|title=イギリス史 2|publisher=[[みすず書房]]|isbn=978-4622020363|ref=トレ(1974)}}
* 大野真弓『世界の歴史8 絶対君主と人民』[[中央公論新社|中央公論社]]([[中公文庫]])、1975年2月。
*de Lisle, Lianda "After Elizabeth"

案内メニュー