「通信線路」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎加入者線路: 電気通信事業者局舎から加入者までの一般的な構成に、「とう道」を追加。
(→‎法的規制: 事業用電気設備規則→事業用電気通信設備規則。線路電気通信主任技術者→線路主任技術者。)
(→‎加入者線路: 電気通信事業者局舎から加入者までの一般的な構成に、「とう道」を追加。)
[[電気通信事業者]]局舎から加入者までの一般的な構成は次のようになっている。
 
電気通信事業者局舎の[[主配線盤]]-[[洞道|とう道]]-[[地下]][[配管|管路]]-き線点-架空線路-[[端子函]]-[[保安器]]-加入者[[端末]]
 
なお、[[光収容]]の場合、き線点または端子函で光電変換を行う。

案内メニュー