「在日本朝鮮人連盟」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
補記など
(補記など)
(補記など)
[[1945年]](昭和20年)10月15日、[[日比谷公会堂]]において全国各地の代表4000人が結集し、'''在日本朝鮮人連盟'''が結成された。結成時の綱領は「新朝建設に献身的努力を期す」「世界平和の恒常的維持を期す」「在日同胞の生活安定を期す」「帰国同胞の便宜と秩序を期す」「日本国民との互譲友誼を期す」「目的達成のために大同団結を期す」の6項目だった。最高顧問に[[金天海]]が、神奈川県本部委員長に[[韓徳銖]](後の[[在日本朝鮮人総聯合会]](朝鮮総連)議長)がそれぞれ就任した。[[東京駅]][[八重洲口]]に在日本朝鮮人聯盟中央本部(朝聯会館)が設置された<ref name="1korea20091016" />。
 
[[日本共産党]]内にあった「民族対策部」という部署の構成員が在日朝鮮人連盟のメンバーで、戦後の日本共産党再建資金を調達していた<ref name="bando-z2">「第二章 移民国家日本の歴史」({{Harvnb|坂東|2016|pp=33-134}})</ref>。日本共産党民族対策部は、日本統治下時代の[[京城府]]([[ソウル]])で結成された[[朝鮮共産党]]日本総局から繋がる組織であった<ref name="bando-z2"/>。在日朝鮮人連盟は日本共産党の尖兵として、[[武生事件]]では裁判所や検察庁を焼き討ちをするなど、終戦後の混乱が続く日本国内各地で暴行・略奪・窃盗・官公署への横暴な態度と不当な要求・建築物の不法占拠・汽車、電車、バスなどの不法乗車・人民裁判などを引き起こした<ref name="korea">『[[現代コリア]]』2000年5月号</ref>。
 
[[初代総選挙 (大韓民国)|南朝鮮単独の選挙]]を非難する一方で[[朝鮮民主主義人民共和国]]建国を支持し、建国時には祝賀事業を行った<ref name="1korea20091016" />。[[1948年]](昭和23年)[[12月23日]]には北朝鮮に派遣された慶祝団は[[金日成]]主席との会見を実現させている<ref name="1korea20091016" />。
 
[[1945年]](昭和20年)9月30日には[[GHQ]]が「朝鮮人連盟発行の鉄道旅行乗車券禁止に関する覚書」で、朝連が「治外法権的地位にないこと」を発表しており、[[1949年]](昭和24年)9月8日にはGHQにより[[団体等規正令]]<ref>のちに[[破壊活動防止法]]となる</ref>の「暴力主義的団体」として解散を命じられ、その資産は没収されることになった<ref name="korea" />。この時にGHQが「戦勝国民」(アメリカ人)でも「敗戦国民」(日本人)でもない「第三国民である」と規定したことから、彼らが「[[三国人]]」と呼ばれるようになった<ref name="bando-z2">「第二章 移民国家日本の歴史」({{Harvnb|坂東|2016|pp=33-134}})</ref>。
 
資産の明け渡しは翌1950年にかけて行われたが、連盟名古屋支部は建物の引き渡しに抵抗。同年11月27日には、朝鮮人学校生と約200人が愛知県庁に押し寄せ引き渡し拒否を訴えた<ref>「朝鮮人、警官と衝突 名古屋でも」『日本経済新聞』昭和26年11月28日3面</ref>。

案内メニュー