「新律綱領」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
さた → された
m (さた → された)
[[File:新律綱領表紙.png|thumb|新律綱領表紙]]
'''新律綱領'''(しんりつこうりょう)は[[明治政府]]のもとで頒布された最初の[[刑法典]]。1870年12月に発布され、1873年の[[改定律例]]により内容補充と体系整理が行われた後、1882年の[[旧刑法]]施行により廃止さた。
 
== 概要 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[庚午事変]] - 1870年に発生した事件。主謀者ら10名に斬首が言い渡されたが、嘆願陳情により切腹に変更された。
 

案内メニュー