「ワクチン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[File:HPV-vaccine- Gardasil2016JAPAN.jpg|thumb|HPVワクチン]]
'''ワクチン'''({{lang-de-short|Vakzin}}、{{lang-en-short|vaccine}})は、[[感染症]]の予防に用いる[[医薬品]]。[[病原体]]から作られた無毒化あるいは弱毒化された[[抗原]]を投与することで、体内の病原体に対する[[抗体]]産生を促し、感染症に対する免疫を獲得する。
 
ワクチンは感染症予防において最も重要かつ効率的な手段であり<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p2 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>、世界各国でワクチンの[[予防接種]]が行われている。ワクチンはとくに[[抗生物質]]の効かないウイルス性の感染症に効果がある上、細菌性の感染症で増大している[[薬剤耐性菌]]への対策の関係上、予防医学において特に重視されている<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p3 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>。
 
== 名称 ==
=== ワクチン製造法の開発 ===
天然痘ワクチンの製造法は確立したものの、この手法がほかの病気に応用可能だとは考えられておらず、以後1世紀近く新種のワクチンは作られることがなかった<ref>「ワクチン学」p9 山内一也・三瀬勝利 岩波書店 2014年2月27日第1刷</ref>。しかし1870年代に入ると、微生物学の発展の中で[[ルイ・パスツール]]がニワトリコレラの予防法の研究を行い、この中で病原体の[[培養]]を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって[[免疫]]が作られることを突き止めた<ref>「医学の歴史」pp261-262 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷</ref>。この手法でパスツールは1879年にはニワトリコレラワクチンを、1881年には炭疽菌ワクチンを開発し、科学的なワクチン製造法を確立した<ref>「ワクチン学」p10-12 山内一也・三瀬勝利 岩波書店 2014年2月27日第1刷</ref>。これによって、以後さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになった。
 
=== 現況 ===
 
== 種類 ==

案内メニュー