「ジョージ・クルーニー」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m (bot: 解消済み仮リンクチャック・バリスを内部リンクに置き換えます)
m
タグ: 2017年版ソースエディター
 
=== 成功後: 2000年 - 現在 ===
[[ファイルFile:GeorgeClooneyGraumanHandFootprintsOct10.jpg|thumb|300px|right|ジョージ・クルーニーは2007年に[[グローマンズ・チャイニーズ・シアター]]に手形と足跡を残した<ref>{{Cite news|url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6725463.stm|title=Clooney adds mark to Walk of Fame |date=2007-06-06|publisher=BBC |accessdate=2009-09-13}}</ref>。]]
『ER緊急救命室』のレギュラー出演を終えた後、クルーニーの出演映画『[[パーフェクト ストーム]]』(2000年)、『[[オー・ブラザー!]]』(2000年)が商業的に成功した。2001年には『[[オーシャンと十一人の仲間]]』(1960年)をリメイクした『[[オーシャンズ11]]』で再びソダーバーグと組んだ。同作の興行収入は全世界で4億5000万ドルに達し、2012年まででクルーニーの出演作で最大のヒット作となっている<ref>{{Cite news|url=http://boxofficemojo.com/alltime/world|title=All Time Worldwide Box Office Grosses|publisher=[[Amazon.com]]|work=[[Box Office Mojo]] |accessdate=2013-02-17}}</ref>。クルーニーは続編の『[[オーシャンズ12]]』(2004年)、『[[オーシャンズ13]]』(2007年)でも主演を務めた。
 
2005年、クルーニーは元[[中央情報局]]職員の[[ロバート・ベア]]の回顧録に基づく映画『[[シリアナ]]』に主演した。撮影中にクルーニーは事故に遭い、脊髄損傷を起こした<ref>{{Cite web|url=http://www.contactmusic.com/new/xmlfeed.nsf/mndwebpages/clooney%20contemplated%20suicide%20over%20brain%20injury |title=George Clooney – Clooney Contemplated Suicide Over Brain Injury |publisher=Contactmusic.com |accessdate=2009-09-19}}</ref>。また同年には[[ジョセフ・マッカーシー]]と論争を巻き起こした1950年代のテレビジャーナリストの[[エドワード・R・マロー]]を描く『[[グッドナイト&グッドラック]]』を監督、脚本した。クルーニーは『グッドナイト&グッドラック』により[[第78回アカデミー賞]]の[[アカデミー監督賞|監督賞]]と[[アカデミー脚本賞|脚本賞]]、『シリアナ』により[[アカデミー助演男優賞|助演男優賞]]にノミネートされ、そして助演男優賞で受賞を果たした<ref name="oscar78" />。
 
[[ファイルFile:George Clooney-4 The Men Who Stare at Goats TIFF09 (cropped).jpg|thumb|left300px|right|2009年の[[トロント国際映画祭]]での『[[ヤギと男と男と壁と]]』のプレミアにて。]]
2006年にクルーニーはソダーバーグが監督した[[フィルム・ノワール]]『[[さらば、ベルリン]]』に出演した。同年8月、クルーニーとヘズロウは新たに{{仮リンク|スモークハウス・ピクチャーズ|en|Smokehouse Pictures}}を設立した。10月にクルーニーはエンターテインメント業界への貢献者に贈られる[[:en:American Cinematheque Award|American Cinematheque Award]]を受賞した<ref>[http://www.americancinematheque.com/ball/2006/2006georgeclooney.htm The Presentation of the 21st Annual American Cinematheque Award.] October 13, 2006.</ref>。
 
 
=== 人道的活動 ===
[[ファイルFile:George Clooney with Samoura and Reck.JPG|thumb|300px|right|[[アベシェ]]にて(2008年1月)。]]
 
クルーニーは[[ブラッド・ピット]]、[[マット・デイモン]]、[[ドン・チードル]]、{{仮リンク|デヴィッド・プレスマン|en|David Pressman}}、[[ジェリー・ワイントローブ]]と共に大量虐殺を阻止するためのチャリティー団体である[[:en:Not On Our Watch Project|Not On Our Watch Project]]に参加している<ref>{{Cite web|url=http://notonourwatchproject.org/ |title=NotOnOurWatchProject.org |publisher=NotOnOurWatchProject.org |date=2009-08-11 |accessdate=2009-09-19}}</ref>。
クルーニーはワシントンD.C.で行われた2006年の{{仮リンク|セーブ・ダルフール・コアリション|en|Save Darfur Coalition}}で公演した。同年4月。ダルフール難民の現状を捉えたテレビスペシャル『''A Journey to Darfur''』の製作のためにクルーニーは父と共にチャドとスーダンで10日間過ごした。このドキュメンタリーはアメリカ合衆国のケールブルテレビの他、イギリスやフランスでも放送された。2008年にはDVDが発売され、売上は[[:en:International Rescue Committee|International Rescue Committee]]に寄付された<ref>[http://www.variety.com/article/VR1117966145.html?categoryid=2522&cs=1 American Life TV targets baby boomers: Channel airing Clooney's Darfur docu] [[バラエティ (アメリカ合衆国の雑誌)|Variety]], June 1, 2007</ref><ref>{{Cite news|last=Stein |first=Joel |url=http://www.time.com/time/specials/2007/time100/article/0,28804,1595326_1615754_1615880,00.html |title=The Time 100: George Clooney |work=TIME |date=2009-09-14 |accessdate=2009-09-19}}</ref><ref>[https://web.archive.org/web/20081101030249/http://www.cbsnews.com/stories/2007/01/11/ap/entertainment/mainD8MJ771O0.shtml Clooney's Docu on Darfur to Air Monday](2008年11月1日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref><ref>[http://www.marketwire.com/press-release/Americanlife-Tv-838350.html AmericanLife TV Network (ALN) Donates Proceeds From "A Journey to Darfur" DVD to the International Rescue Committee] "In addition to premiering on AmericanLife TV Network, "A Journey to Darfur" has aired on The Community Channel in England and France 2. The documentary has also been shown at festivals and schools around the world including, The second Refugee Film Festival in Tokyo presented by the UNHCR, Ilaria Alpi Journalistic Television Award based in Riccione, Italy, Milano Doc Festival, and the Human Rights Nights Film Festival in Bologna, Italy."</ref>。同年9月、彼は紛争の解決策を見つけ、ダルフールの人々を救済するために[[ノーベル平和賞]]受賞者の[[エリ・ヴィーゼル]]と共に国連安全保障理事会を訪れた<ref>Linton, Leyla. [http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/09/15/AR2006091500507.html Clooney urges UN action on Darfur] The Washington Post. September 15, 2006.</ref>。12月、クルーニーはドン・チードルらと共にエジプトと中国を訪れ、両政府にスーダンへの圧力を求めた<ref>Friedman, Roger. [http://www.foxnews.com/story/0,2933,235977,00.html George Clooney's Secret Mission] FOXNews.com. December 12, 2006.</ref>。
 
[[ファイルFile:George Clooney - White House - October 2010 (cropped).jpg|thumb|left300px|right|ホワイトハウスでバラク・オバマ大統領とスーダンについて会談するクルーニー(2010年10月)。]]
2007年3月25日、クルーニーはドイツの[[アンゲラ・メルケル]]首相に対し公開書簡を送り、欧州連合がスーダン大統領の[[オマル・アル=バシール]]に「断固たる行動」を取るように求めた<ref>[http://www.dpado.org/article.php?ID=1358&Section=news Europe calls on Sudan to accept UN resolution] March 26, 2007.</ref>。彼は2007年のドキュメンタリー『''[[:en:Sand and Sorrow|Sand and Sorrow]]''』でナレーションと共同製作総指揮を務めた<ref>Weissberg, Jay. [http://www.variety.com/review/VE1117933979.html?categoryid=31&cs=1 Sand and Sorrow review]. ''Variety''. June 25, 2007.</ref>。また2007年11月公開のドキュメンタリー映画『''[[:en:Darfur Now|Darfur Now]]''』に出演し、ダルフール危機を止めるように世界中の人々に訴えた<ref>[https://www.hopeforhaitinow.org/ Hope For Haiti Now: A Global Benefit For Earthquake Relief] {{webarchive|url=http://wayback.vefsafn.is/wayback/20100123005032/http%3A//www.hopeforhaitinow.org/ |date=2010年1月23日 }}.</ref>。2007年12月、クルーニーとドン・チードルはローマで開催されたサミットで平和賞を受賞した<ref>{{Cite news|title = George Clooney tells Nobel laureates Darfur efforts have failed |url = http://www.latimes.com/entertainment/news/celebrity/la-et-cause14dec14,1,4172780.story |work=Los Angeles Times |date = 2007-12-14 |first = Tina |last = Daunt}}{{リンク切れ|date=December 2010}}</ref><ref>{{Cite news|title = Clooney and Cheadle Honored by Nobel Prize Winners |url = http://www.people.com/people/article/0,,20162577,00.html |work=People |first = Scott |last = Huver |date = 2007-11-26}}</ref>。2008年1月18日、国連はクルーニーを同月31日より平和大使に任命することを発表した<ref name=peace /><ref name=bbc1 />。
 
== 私生活 ==
=== 交友関係 ===
[[ファイルFile:George Clooney Elisabetta Canalis 66ème Festival de Venise (Mostra) (cropped).jpg|thumb|300px|right|[[第66回ヴェネツィア国際映画祭]]でのクルーニーとエリザベッタ・カナリス(2009年)。]]
1989年に[[タリア・バルサム]]と結婚するが、1993年に離婚した。クルーニーはもう今後また結婚することはないだろうと語っていた<ref>"[http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-485802/George-Clooney-bets-Michelle-Pfeiffer-50-000-NEVER-marry.html George Clooney bets Michelle Pfeiffer £50,000 he will NEVER marry]", ''[[デイリー・メール|Daily Mail]]'', October 5, 2007.</ref>。2000年に[[:en:Martini (vermouth)|Martini]]の広告の仕事で{{仮リンク|リサ・スノードン|en|Lisa Snowdon}}と出会い、以後5年間交際と破局を繰り返した<ref>{{Cite news|url=http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1043116/Ive-celibate-year--Men-dont-think-match-Clooney-say-Lisa-Snowdon.html|title='I've been celibate for a year... Men don't think they can match up to Clooney', say Lisa Snowdon|work=Daily Mail |location=UK |date=2008-08-09|accessdate=2008-08-30 | first=Lizzie | last=Smith}}</ref>。2007年7月には[[リアリティ番組]]のパーソナリティのサラ・ラーソンとの交際が始まったが、2008年5月に破局した<ref>{{Cite news|url= http://www.people.com/people/article/0,,20202854,00.html|title=George Clooney and Sarah Larson split|work=People |date=2008-05-28}}</ref>。2009年7月から2011年6月まではイタリア人タレントの{{仮リンク|エリザベッタ・カナリス|en|Elisabetta Canalis}}と交際していた<ref>{{Cite web|last=Canalis|first=Elisabetta|title=George Clooney, Elisabetta Canalis Split|url=http://www.usmagazine.com/celebritynews/news/george-clooney-elisabetta-canalis-split-2011226|work=Us Weekly |accessdate=2011-10-26}}</ref><ref>{{Cite journal|title=Who Is George Clooney's New Italian Girl?|url=http://www.people.com/people/article/0,,20294758,00.html|journal=People|date=2009-07-30|author=Simon Perry}}</ref><ref>{{Cite journal|url=http://www.people.com/people/article/0,,20504498,00.html|title=George Clooney and Elisabetta Canalis Split|journal=People|date=2011-06-22|author=Elizabeth Leonard}}</ref>。2011年7月からは元[[ディーヴァ (プロレス)|WWEディーヴァ]]の[[ステイシー・キーブラー]]と交際<ref>{{Cite journal|url=http://www.people.com/people/article/0,,20526285,00.html|title=George Clooney and Stacy Keibler Are Still Dating|journal=People|author=Michelle Tauber|date=2011-09-07}}</ref>。
2013年秋からは、1978年生まれのレバノン系イギリス人で[[弁護士]]・人権活動家のアマル・アラムディンと交際。2014年9月27日に結婚し、[[イタリア]]・[[ベネチア]]で挙式が行われた。<ref>[http://news.goo.ne.jp/article/eigacom/entertainment/eigacom-46297.html ジョージ・クルーニー、ベネチアで挙式]2014年9月29日映画.com</ref>
 
== メディアでの登場 ==
[[ファイルFile:GeorgeClooneyHWoFJan12 (headshot).jpg|thumb|right|150px|right|2012年1月]]
『[[ピープル (雑誌)|ピープル]]』誌による「最もセクシーな男性」には1997年と2006年の2度選ばれている<ref>{{Cite news| title = George Clooney Named PEOPLE's Sexiest Man Alive | url = http://www.people.com/people/article/0,26334,1559649,00.html | work=People | date = 2006-11-15}}</ref>。アメリカ合衆国以外では[[:en:Fiat|Fiat]]、[[ネスプレッソ]]、[[:en:Martini vermouth|Martini vermouth]]のコマーシャルに出演している。2005年からは[[バドワイザー]]の広告で声の出演を果たしている<ref>{{Cite news| title = Just making a living: Clooney defends Nestle ad | url = http://www.abs-cbnnews.com/storypage.aspx?StoryId=90679 | publisher=ABS-CBN Interactive | date = 2007-09-01}}{{リンク切れ|date=December 2010}}</ref>。2005年には『''[[:en:TV Guide|TV Guide]]''』の「歴代最高のセクシースター50人」で1位となった<ref>{{Cite book|title=TV Guide Book of Lists|year=2007|publisher=Running Press|isbn=0-7624-3007-9|pages=201}}</ref>。『タイム』による「世界で最も影響のある100人」には2007年、2008年、2009年に選ばれた<ref>{{Cite news| url=http://www.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1894410_1894289_1894280,00.html | work=Time | title=The 2009 Time 100 | date=2009-04-30}}</ref><ref>{{Cite news| url=http://www.time.com/time/specials/2007/article/0,28804,1595326_1615754_1615880,00.html | work=Time | title=The Time 100 | date=2007-05-03}}</ref><ref>{{Cite news| url=http://www.time.com/time/specials/2007/article/0,28804,1733748_1733752_1735741,00.html | work=Time | title=The 2008 Time 100 | date=2009-04-30}}</ref>。
 

案内メニュー