「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
寅次郎が旅先で見た夢は『[[ジョーズ]]』<ref>前年(1975年12月)に公開された。</ref>の世界であり、おいちゃん、おばちゃん、満男を殺した人食い鮫が、さらに源公、さくらも殺し、寅次郎は必死に鮫を釣ろうとする。
 
「とらや」に久々に帰って来た寅次郎は、満男の小学校入学祝いの席上、また内輪ゲンカをして家を飛び出す。上野駅前の焼き鳥屋で飲んでいたところ、みすぼらしい老人(宇野重吉)が無銭飲食を店員にとがめられるのを見。かわいそうに思って支払いを肩代わりして、別の店で二人で飲んだ後、家にれて帰る。
 
とらやに一晩泊まり、宿屋と間違えた老人は、おいちゃんおばちゃんたちに横柄な態度を取りひんしゅくを買う。家族に苦情を言われた寅次郎に説教された老人は、「おわびだ」とって紙に筆で落書きしたように描いた絵を渡す。寅次郞は、老人に「持ってけば、いくらかになるから…」と指定された[[神田神保町|神保町]]の古本屋に出かけ、半信半疑でその紙切れを店の主人(大滝秀治)に見てもらったところ、「7万円で譲って欲しい」と言われ、腰を抜かす。実はこの老人こそ、日本[[画壇]]を代表する池ノ内青観画伯だったのだ。
 
間もなくとらやの連中とひともんちゃく起こして旅に出た寅次郎は、播州龍野で池ノ内画伯と再会する。そして、画伯に請われるかたちで、ある宴席で杯を傾けた寅次郎は、そこで「ぼたん」という名の美しい芸者(太地喜和子)出会い、親しくなる。後日、上京してとらやを訪れたぼたんは、悪い男に200万円を騙し取られたことを寅次郎に告白する。義侠心に燃えた寅次郎が立ち上がるのだが
 
「社会的不正義」に対して、庶民が見事「人情的な正義感」で対抗した作品。<ref>『完全版「男はつらいよ」の世界』p.143 。もっとも、金をだまし取った悪党そのものに罰が与えられたわけではないので、「庶民の無力さをあらためて思い知らされるようなストーリー」(『みんなの寅さん 「男はつらいよ」の世界』p.244)という意見も存在する。</ref>今回はフラれない寅次郎ということで、惚れた腫れたの世界にとどまらない新趣向<ref>『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』p.52 。寅次郎の口から「(ぼたんと)所帯を持つ」という言葉が二度も飛び出す。最後の場面はぼたんと一緒であり、マドンナとの別れの場面がない。従って、「失恋」してとらやを出て行くという場面がない。</ref>も見られる。
 
諏訪満男が小学校に入学する。
 
第6作で一度だけ登場したタコ社長の長男が寅次郎と社長の会話で言及されている。
 
== キャスト ==
== 受賞 ==
* 第31回[[毎日映画コンクール]]日本映画優秀賞
* [[キネマ旬報]]BEST10第2位(シリーズ全作品中、最高順位)
* 同・助演女優賞/[[太地喜和子]]
* 第19回[[ブルーリボン賞 (映画)|ブルーリボン賞]]BEST10ランク
匿名利用者

案内メニュー