「令義解」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m編集の要約なし
同じく養老令の注釈書である『[[令集解]]』([[惟宗直本]]の私撰注釈書)と違って、こちらには法的効力(官撰注釈書)がある。
 
30篇のうち21篇が伝わる。令集解から7篇を抽出でき、残る2篇も近世以来[[逸文]]が収集されている。従って、[[国史大系]]本も含め、現在にすることのできる、取り集め本この輯佚書を含んだものであることを認識した上で利用しなければならない
 
体裁は令本文を大字で掲げ、義解を語句の間に細字双行で加える。

案内メニュー