「ジャングル (森林の型)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(『』は著作物名に使用)
ジャングルという言葉は、元来は[[ヒンディー語]]の jangal に由来し、これは元々は居住地の周辺にあって踏み込むことのできないような森林や低木林を指していた<ref>ホイットモア/熊崎+小林 (1993) ,p.2</ref>。
 
熱帯雨林では、大きなギャップが生じると蔓植物が繁茂することが多く、木性の蔓植物は{{要説明範囲|強行を得る|date=2020/3/25}}と一気に生長し、例えば伐採などの後にはそれらが広く繁茂するので、人の立ち入ることのできない状態の森林が出来上がる。これがジャングルである。そのような蔓草は密なカーペットのような形をなし、低木の上を覆い尽くす。樹木が次第に生長すると、これを持ち上げてゆくことになり、次第に本来の森林の形態にもどるが、その進行はとても遅くなる<ref>ホイットモア/熊崎+小林 (1993) ,p.121</ref>。
 
ジャングルとは蔓性のヤシである[[トウ]]類が生い茂った森のことである、と初島 (1978) は述べている<ref>初島(1978),p.2125</ref>。彼によると、トウ類は陽性の植物であり、森林内では光不足のために成長できず、高さ30cm程度で成長を止めてしまい、そのまま何年もその状態でいる。そこで森林が伐採されたり、暴風などで高木が倒れたりといった理由で林床に光が入るようになると一斉に成長を始め、密林を作る。彼等の茎や葉柄には多くの棘があり、また葉の先端からは逆棘のある鞭状の蔓が出るため、彼等は互いに引っかかり合い、人などが侵入するのはほぼ不可能になる。これがつまりジャングルであり、これは本来の熱帯雨林ではなく、それが破壊されて生じる二次林である、という。これも上記のような記述とよく符合し、むしろ駒嶺監訳 (2004) に示されているヤシ類というのがトウ類だ、ということだと思われる。
 
== 熱帯多雨林の意味で ==
他方、熱帯多雨林を指す言葉として、ジャングルは広く通用するようになっている。例えば上記の初島 (1978) がジャングルが通常の熱帯多雨林ではないと力説しているシリーズでも竹内 (1978) はアマゾンの森林生態に関する記述の題名に「アマゾン・ジャングル」を採用し、そのなかで「典型的な熱帯多雨林(いわゆるジャングル)」と書いてる<ref>竹内 (1978) ,p.2843</ref>。ビジュアル博物館シリーズの『ジャングル』もこれと同じく、その記述の最初に「ジャングルとは?」と題し、「ジャングルすなわち熱帯雨林」と書き出し、その価値の高さ、多様性と未知について述べている<ref>グリーナウェイ/寺島監訳 (1995) p.6</ref>。
 
日本語辞書においても、多少記述の詳しい書では、例えば小学館『[[日本国語大辞典|日本国語大事典]]』第2版では「樹木が密生し下生えの繁茂した熱帯の森林」としたうえで「熱帯雨林を指すこともあるが、その周辺の森林」を指すことが多い、と正確に示されている<ref>『日本国語大辞典』、2版、p.1181</ref>。『[[広辞苑]]』第七版の場合、「主に熱帯の高温多湿の地にある、繁茂した草木で覆われた地。密林。」とあり、これが熱帯多雨林を指すものか、それとも異なるのか曖昧である。『[[岩波国語辞典|岩波国語事典]]第三版』では「密林。おもに熱帯地方の[[原生林|原始林]]」とあり、これは多分に熱帯多雨林を指していると取れる。

案内メニュー